読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

光の「速読法」と「記憶法」が5日間で身につく本: 脳のレベルが一気に上がる簡単で楽しい「未来派学習法」 (単行本)

光の「速読法」と「記憶法」が5日間で身につく本: 脳のレベルが一気に上がる簡単で楽しい「未来派学習法」 (単行本)

光の「速読法」と「記憶法」が5日間で身につく本: 脳のレベルが一気に上がる簡単で楽しい「未来派学習法」 (単行本)

作家
栗田昌裕
出版社
三笠書房
発売日
2014-11-21
ISBN
9784837925613
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

本がいままでの10倍速く読め、
最速で大量の情報を記憶できる……!
医学博士(東大病院内科医師)が開発
あなたの常識をひっくり返すスーパー技術

◆「速読法」と「記憶法」は同時に学ぶほうが進歩がはやい
◆「音の読書」から「光の読書」へ
◆あなたの中に眠る「本当の力」を呼び覚ます最高の方法
◆あっという間に本1冊が頭に入る
◆20人の名前が1分間で正確に覚えられる
◆1カ月かけるより5日間集中したほうがマスターできる

光の「速読法」と「記憶法」ほど人生を左右する武器はない!!

光の「速読法」と「記憶法」が5日間で身につく本: 脳のレベルが一気に上がる簡単で楽しい「未来派学習法」 (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

パフちゃん@かのん変更

普通の人は本を読むとき頭の中で「音読」している。これは子供の時からの習慣でなかなか変えられないが、この「音」で読む限り速読には限界がある。光の速読法とは文字を音声変換せずに視覚的に映像としてとらえ心の3次元空間に記憶するという。この方法で10倍速く読めるという。トレーニングの方法が書かれているが、5日間というのは釣りですね。1日目はこれとか指定はない。それとは別に脳のレベルを上げる健康法がいくつかあって、指回し、二重指回し、手の運動(開閉屈伸)足の運動(足指の開閉、屈伸)肩回し、あごの運動(前後左右上下)

2016/07/28

Tsuyoshi

音の読書(黙読、音読など表面意識へのアプローチ)から光の読書(画像として潜在意識へアプローチする)へ変更することで速読、記憶ともに向上させるための指南書。巻末に書かれている指の運動すらまともにできなかったのでまずはできるようになってから速読訓練にトライしてみたい。

2018/04/08

おっとぅ

音の読書(黙読での頭の中で音読している)から、光の読書(目で見た文字を画像として捉える)へ。それを初めは数文字から、1行づつ、2行づつ、3行へと増やしていくらしい。数文字なら出来るようになったが、2行なんてまったく無理、ついつい頭の中で音読してしまう。しかし、少しは速く読めるようになったようだ。

2018/03/10

しんしん

記憶法で01~100までの数字をイメージと結びつける方法が面白かった。 2重指回し体操などはちょっとやってみよう。

2016/05/11

ゆき

自分が身に付けるというより、著者に興味があって読んだ部分が大きい。天才の頭の中というのはこうなってるんだなぁという感じで読んでいると自分の頭の中が刺激される。とりあえず速読というのは普通の読書と異なる回路を使用しているということがわかった。48のトレーニングが掲載されている。最近読んだ「魂の飛ばし方」と似たような方法(景色を想起する)が載っているのが興味深い。

2015/10/09

感想・レビューをもっと見る