読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

461個の弁当は、親父と息子の男の約束。

461個の弁当は、親父と息子の男の約束。

461個の弁当は、親父と息子の男の約束。

作家
渡辺俊美
出版社
マガジンハウス
発売日
2014-04-30
ISBN
9784838726530
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

父子の愛情に涙する、お弁当エッセイの名作誕生。
「高校3年間、毎日お弁当をつくる!」一人息子とした約束だから、破るわけにはいきません! そうして始まった怒涛のお弁当ライフ。つくりに作った数はなんと合計461食! 二日酔いの朝も、早出の朝も、休むことなく作り続けた著者。そして、きれいに空っぽになった弁当箱を持ち帰る息子。渡辺父子がお互いの想いを伝えあってきたのはこの“お弁当”だったのです。
  地方ライブに出れば、その土地のお惣菜ネタを探し、居酒屋では味を盗み、息子のダイエットに知恵を絞る……。決して贅沢をするわけでなく、旬の食材を使った手作りの弁当には息子に伝えたい想いや教えが詰まっています。
凝り性の著者によって、見る見るうちに上達していくおかずや盛り付けのクオリティには目を見張るものがあり、そのセンスをマネしたくなります。さらに肩の力の抜けた料理作りのスタンスを知れば、お弁当デビューもしたくなるはず。秘伝の調味料や弁当作りのコツも満載。

「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」のおすすめレビュー

弁当箱に詰めるのは”おかずとご飯”だけじゃない———3年間欠かさず弁当を作り続けた父と子の絆

『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(渡辺俊美/マガジンハウス)

 誰しも「お弁当」にまつわる記憶があるのではないか。苦手なおかずを残したり、慌てて家を飛び出したらお昼前に職員室にお弁当が届いていたり、大事な試験の前に必ずとんかつが入っていたり。

 学生時代、クラスを見渡せば同じお弁当など一つもなかった。だが、私たちはそのお弁当を作り続けてくれた「大切な誰か」にお礼を伝えたことがあっただろうか。

 そして毎日お弁当を作り続ける人たちは、果たしてどんな思いでお弁当箱におかずを詰めているのだろう。毎朝、私は息子のお弁当を作りながらそんなことを考えている。

『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(渡辺俊美/マガジンハウス)に綴られるお弁当の記録は、TOKYO No.1 SOUL SETというヒップホップバンドのメンバーである渡辺俊美さんが、息子の高校進学をきっかけに「3年間お弁当を毎日作る!」という男と男の約束をしたところからスタートする。

■お弁当を作り続ける父、学校に休まず通う息子

 冒頭で明かされたのは、息子・登生(とうい)くんの高校受験失敗…

2018/10/27

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

461個の弁当は、親父と息子の男の約束。 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ごんごん

どれも愛情がこもっているなぁと思える素敵なお弁当でした。日々、自分が作っているお弁当を考えさせられました。やっぱり、食って大事だなぁ。できるだけ、疎かにしないように頑張らなきゃダメですね。毎日、卵焼きを入れてますが、具を変えるとことからチャレンジしてみよう。

2016/03/13

baba

父子家庭の忙しく働く父親が息子にお弁当を作る。毎日の積み重ね、日を追うごとに美味しそうなお弁当に表現され、それが息子に伝わっている事がわかる。自分自身もお弁当作りを楽しもうとお弁当箱や食材を工夫して、かける時間や金額も決めているのも男性らしくとても参考になる。日々継続は凄い力です。

2015/04/10

本と珈琲

高校受験に無事合格した息子さんの『一度決めたからには必ず3年間、休まず通って卒業する』の宣言を受けて『3年間、毎日お弁当を作る』と男と男の約束を交わした著者。息子さんを思う気持ちがお弁当の一品一品にこめられていて、そして何より美味しそう!最後の三段弁当も有終の美を飾るに相応しいお弁当なんだけど、読了後に改めて1番最初に作ったお弁当を見るとなんとも味があっていい。お弁当が繋ぐ、父と子の絆を感じさせてくれる素敵な本でした♪

2018/11/29

itoko♪

新年度が始まり、毎日のお弁当作りのモチベーションを上げるべく、少し前に話題になっていたこの本を手に取りました。高校生男子の息子さんの為に作ったお弁当たち。彩り・栄養・見た目の三原則にきちんと則り、私が日々作っている手抜き弁当が恥ずかしくなる程、美味しそうです。卵焼きは私も毎日作っているので、バリエーションはかなり参考になりました。紅しょうが入りが俄然気になる!特に、3年間の集大成の最後のお弁当は圧巻でした。ちはるさんの元旦那さんという意識を改めさせられました。

2016/04/06

まるる

もともと料理好きだとはいえ、毎日かかすずクオリティの高いお弁当を作り続けるというのは凄いことです。しかも男性なんですから頭が下がります。父一人子一人の家庭だけど、こんなに愛情こもったお弁当を食べて育った息子さんも、きっといいお父さんになるんだろうなぁと思いました。クリスマスツリー弁当は笑っちゃいました。息子さんからのメッセージにホロリ。

2014/07/22

感想・レビューをもっと見る