読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

実録山田

実録山田

実録山田

作家
山田孝之
出版社
ワニブックス
発売日
2016-03-12
ISBN
9784847094293
amazonで購入する

実録山田 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

美登利

大好きな俳優さんです。役に入り込み体重増やしたり、体鍛えたり反対に何もしないで緊張感のない体型にしたり。七変化な方であることを知らなかった頃は、あの可愛い少年のような山田君がむちむちの髭面のおっさんになってしまったのか!とショックを受けたりしてましたが。その可愛らしさ故のコンプレックスやルーツをこの本から知りましたが、半分は彼の妄想の産物です。なんだかわけのわからない脚本めいた章などは実に下らなすぎて、確かに投げつけたくなる本でもあります。沖縄のおじぃとの想い出話は写真も有るので偽物では無いかな(笑)

2017/01/16

Emperor

「独特」とか「個性的」とかそういったカテゴリの向こう側にいるよねこの人。めっちゃ面白かった。

2018/07/20

いしかわ

いやいやいや馬鹿じゃないの?と思いつつも、ヌルヌルについて真剣に考えてる自分がいたりして。日々のストレスや葛藤、嫌な出来事とか疲れが、このくだらなさに救われた気がした。ユーモアたっぷりの妄想話や、武井壮との対談、中にはほっこりするお爺ちゃんとの物語。読了後、心に残るものは無いんだけど(笑)それもまた良くって、何故か微笑んじゃうような。買って良かった。ありがとう山田孝之。

2016/03/26

きいろ

いーねー山田。好きな俳優さん。読んでますます好き。ぶふーって吹いちゃう妄想力と、そこ気になるん?って視点。おもしろーい。

2017/08/20

みんと

面白くて癖になりそうな感じ。 たぶん人によって好みは両極になると思うけど、山田孝之さんの脳内での妄想がそのまま文章になった感じで、決して読みやすいとはいえないのだが、妄想なのだからきちっとしていなくていいのだと思う。 ところどころ写真入りの短い一言が入っているのだが思わずクスっと笑ってしまう。 今まで彼に対して神経質でとっつきにくいイメージがあったが難しい顔をしながらこんな事を考えているのかと思うと親しみも湧いてくる。

2016/04/19

感想・レビューをもっと見る