読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

こどもをぐんぐん伸ばす「将棋思考」 - 「負けました」が心を強くする - (ワニプラス)

こどもをぐんぐん伸ばす「将棋思考」 - 「負けました」が心を強くする - (ワニプラス)

こどもをぐんぐん伸ばす「将棋思考」 - 「負けました」が心を強くする - (ワニプラス)

作家
高野秀行
出版社
ワニブックス
発売日
2018-11-09
ISBN
9784847097287
amazonで購入する Kindle版を購入する

こどもをぐんぐん伸ばす「将棋思考」 - 「負けました」が心を強くする - (ワニプラス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アキ

なるほど、将棋って人を育てる競技なのですね。著者が子どもに将棋教室を始めて10年間、子どもたちから教わったことの方が多かったと述べておられます。セルフジャッジで「負けました」で終わる唯一無二の競技。将棋の指し手は10の220乗もある。「待つのも将棋のうちだから」。将棋の3手思考は、自分、相手、自分。これって世の中みんなそう。藤井聡太二冠も幼い頃から負けると号泣していたらしい。悔し涙を流せる幸せ。大人になると負けても理由をこじつけて、悔し涙を流すこともないよな。子どもと関わることの喜びをこの本に感じました。

2020/09/26

ひなぎく ゆうこ

盤面をじっと見つめ自分の力で局面を切り開こうとする姿は、本当にかっこいいです。

2020/09/01

BEAN STARK

常に道を選びながら玉を詰ますというゴールに向かっていくという意味で、将棋は人生に似ている。人生は選択の連続。最善の道を見つける力が備わる。「泣く子は育つ」藤井聡太七段は幼い頃から天才として有名でしたが、負けると号泣することで知られていた。子どもが将棋に負けて泣くのは、負けた自分が許せないから。

2019/01/04

みかん

先月から学童の暇対策に息子が将棋を始めました。休日は朝から一緒に指しています。 本に載っていた将棋の開始の程よい時期と重なっていたので安心したり、親の関わりものっていて良かったです。息子がハマりそうなら教室にも通ってみようかと思う気持ちにさせられる本です。

2021/07/05

Melo Chan

将棋は色々学べるから習い事にいいかも。これからの時代は知識よりも対応力! 我慢、待つこと 負けを認める礼儀 先を予想する力 相手を読む力 数の計算力 全体と部分の見方 自主性セルフジャッジ チームワーク組織力 慎重性

2020/01/20

感想・レビューをもっと見る