読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

一私小説書きの日乗 新起の章

一私小説書きの日乗 新起の章

一私小説書きの日乗 新起の章

作家
西村賢太
出版社
本の雑誌社
発売日
2018-11-20
ISBN
9784860114190
amazonで購入する

一私小説書きの日乗 新起の章 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おかむら

ケンタの大食い日記も6冊目。掲載誌が野性時代から本の雑誌に変わりました。本の雑誌よ続けてくれてありがとう。今回はなんか買淫増えてねえ?「夜、買淫。大当たり。いつもこうありたいものだ」ってとこツボ! あと夜中の晩酌のメニューを細々書いてくれなくなってしまったのはちょと残念。あのめちゃくちゃな不健康さが好きなのにー。おうちで作るカレーはハウスバーモンドカレー(辛口)だそう。かわいい。タピオカドリンクは半分以上残したそう。でも飲んでみたんだー。かわいい。

2019/08/20

抹茶モナカ

無頼作家の日常の覚え書き。このシリーズは図書館で、何となく手にして読んでいるので、続けて読んでいないので、流れがいまいち掴みきれていない。以前の本と比べると、精神のバランスみたいなもののサイクルについて浮き沈みを記していて、思いのままに酒を呑んで、買淫しているだけじゃないのがわかる。正月休みにテレビ東京『孤独のグルメ』を観て、この本を読んでいると、自分の果たせないものをグイグイ攻めて果たしてくれるので、何だか満たされる部分が一脈通じているように思った。町田康の作品は、必ず読んでいるらしいのは、今回の発見。

2019/01/04

田中峰和

用事がない限り、午後2時起床後、サウナ2時間が日常の生活。口下手な割に、テレビ出演や講演依頼を受けるのはギャラの高さからか。執筆は労多くして益少ないのは分るが、漫画の仕事を減らした蛭子能収みたいにタレントになるのは、寡黙な西村賢太には無理。売れる前から、藤澤清造の月命日に七尾詣でを続け、現在も月に数回の買淫習慣も隠さない不思議な人物でもある。スタイリッシュな作家とは正反対、破滅型の彼の暮らしぶりや本音がファンに受け入れられるのだろう。エッセイやテレビ出演を控え、秋恵シリーズの新作の執筆に期待する。

2019/04/08

ぽー

著者自身こんな日記に何の意味があるのかと多分含羞を込めて書いている日記だけど、今回も新しく刷った本の印刷が少し手に付くという事で刷り直しを命じたりして編集長に「神経質すぎ」という顔されたり、この人の担当だったら大変だなと。売れてる今ならともかく昔からこんな感じだったんだろうと思わせるのが最高。「風花」で中森明夫ラビリンスに巻き込まれたりもうすっかり一流文壇人。でも毎月藤澤清造のお墓参りしているところなど可愛い。

2019/01/21

tatuki

相変わらず面白い。簡易簡潔な文章。私の薬かな。

2019/04/20

感想・レビューをもっと見る