読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

リーダーを目指す人の心得 文庫版

リーダーを目指す人の心得 文庫版

リーダーを目指す人の心得 文庫版

作家
コリン・パウエル
トニー・コルツ
井口耕二
出版社
飛鳥新社
発売日
2017-06-09
ISBN
9784864105583
amazonで購入する

「リーダーを目指す人の心得 文庫版」の関連記事

元米国国務長官コリン・パウエルの「最強のビジネス書」がついに文庫化! 伊坂幸太郎も魅了されたその内容とは?

『リーダーを目指す人の心得』(コリン・パウエル、トニー・コルツ:井口耕二:訳/飛鳥新社)

 「最強のビジネス書」として全世界で大きな話題を呼んだ本がついに文庫化された。『リーダーを目指す人の心得』(コリン・パウエル、トニー・コルツ:井口耕二:訳/飛鳥新社)は、黒人としてはじめて米国4軍を率いる統合参謀本部議長に就任、2001年から2005年までは国務長官を務め、4つの政権で政府の要職を歴任したコリン・パウエル氏が自らの仕事の流儀を記した一冊。

『ジャイロスコープ』(伊坂幸太郎/新潮社)

 この本を読んだ菅義偉官房長官は「この本を読んで会見へのプレッシャーがなくなった」と激賞したほか、各界のキーパーソンがこぞって絶賛。特に、小説家の伊坂幸太郎さんは著書『ジャイロスコープ』(新潮社)の中で、登場人物の重要な台詞として、パウエル氏の言葉を引用した。小説家が魅了されたとあって、パウエル氏の言葉はどれもドラマチック。そして、仕事の姿勢を学べる実践的な内容でもあり、彼の“心得”は、多くの人の心に強く響くだろう。

常にベストを尽くせ。見る人は見ている  パウエル氏…

2017/8/10

全文を読む

関連記事をもっと見る

リーダーを目指す人の心得 文庫版 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あすなろ

現在の会社に入社してからずっとテーマとして勉強してきたリーダーシップとか部下の使い方とかであるが、この本である程度のマイルストーンを得た気になった。例えば、彼の説く13ヶ条のうち、何事も思うほど悪くない。翌朝には状況が改善している筈だとか、報酬は受け取るのではなく勝ち取れ。常にベスト尽くせ。誰も見ていなくても自分は見ている。自分をがっかりさせるなとか、自惚れは抑えるとか、自分の時間は自分でコントロールしたいとか、枚挙暇ない。あろうことか、自分が会得して実践している現在の会社での姿に近しいではないか!

2017/08/13

ばんだねいっぺい

 読み応えあり。全編にみなぎる前進への意思。リーダーにならなくてもリーダーを理解し、リーダーを支えることにはなる。自分はそっちかな。ぜひ、そのチャレンジ精神で、ホテルの温暖便座も嫌がらずに機能を使って欲しい。

2017/09/28

Kentaro

ピラミッドの頂点は、必ずしも居心地がいい場所ではない。矛盾する要求や圧力が入り乱れ、胃が痛くなるような決断をしなければならない。まちがえば大変なことになる。 頂点まで上りつめられなければ負け組ということではない。頂点まで行けるのは一握り。そこまで行けない大半の人は、組織を円滑に動かす役割を担う。そういう人も、トップに負けず劣らず大事であり、負けず劣らず献身的である。組織の成功に対する貢献度も劣るものではない。人間の成功とは階級や役職で決まるものではなく、どれほどの貢献をしているのかによって決まるものだ。

2019/03/11

かいてぃ〜

パウエル氏の「私はこれで上手くいった」という自伝。個人的には、全6章の前半の方が面白く読めた。特に「ハードウェアが変わるたびに、考え方(ブレインウェア)を変えろ」という部分は1会社人としても参考になった。ハードウェアは何もPCに限らない。会社の方針やルールなんて直ぐに変わるのです。それを「前は○○出来たのに…」と言ってたら前に進めません(そういう思いは多々あるけど)。だから考え方を変えた方が楽なのですね。…頑張ろ。

2019/07/06

プライムより。 ●部下は小さなことばかりの世界で生きている。なにがしかの方法でその世界を把握しなければならない ●大切なのは気持ち。一対一で声をかける。背中をたたく ●人生には仕事以外の部分がなければならない ●信頼すれば信頼を返してくれる ●リーダーとは責任、勇気がある人。この人ならついていこうと思える人 ●わかってること、わからないこと、その上でどう考えるか ●質問の向こう側に本当の聞き手がいる アメリカの国務長官を務めた人だけに、器の大きさを感じる。リーダーの条件はその通りだと思う

2019/06/15

感想・レビューをもっと見る