読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

いつもの明日

いつもの明日

いつもの明日

作家
熊谷達也
出版社
河北新報社
発売日
2020-10-15
ISBN
9784873414058
amazonで購入する

ジャンル

いつもの明日 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

さんつきくん

仙台在住の直木賞作家・熊谷達也さんが地元紙河北新報の夕刊に載せていたコラムを一冊に纏めたもの。復興が進む宮城、趣味のサイクリング、理系の大学を出ている著者の科学や文化の話、小説の裏舞台、東北の歴史、著者の身の回りのこと、昨今の世相とこれらを著者の目線を通して興味深く書いてある。中でもサイクリングを通して訪れた、我が地元・女川を絶賛されているのには、こちらとしても嬉しくなる。改めて著者の多彩さが伺える一冊。宮城や自転車好きの方が読んでも面白いはず。両親を看取ったコラムを読むと、私も老後が心配になってきた。

2020/11/05

りょうけん

<嬉> 熊谷達也のエッセイ集を僕は今回始めて読んだのだと思う。東北地方の新聞夕刊紙に,ここ三年間ほど毎週掲載されてたコラムをジャンルごとにまとめたもの。内容はともかく,いつ掲載されたかを潔くハッキリと書いてあるのは好感が持てた。色んな作家のエッセイを読んだが初出を明記した作品にはあまり出会ってないような気がする。

2021/05/13

tsubamihoko

仙台在住の作家による随筆。震災と復興の話から、趣味の自転車、コロナについても言及している。テーマ別になっていたが、時系列の方がわかりやすかったかもしれない。

2021/03/21

犀門

No.009★★★★☆2011年の震災では仙台も多くの被害を被った。以後、復興が進む中、被災した著者ならではの目線で震災がもたらしたものを語る部分が印象に残る。そして、自転車に嵌ってロードレースまでしてるとは意外だったなー。読んで良かったと思える1冊だ。

2021/02/08

必殺!パート仕事人

仙河海サーガは震災後短期間に書かれたものだったか。私が読み始めたのが遅かったので、ぴんと来ていなかった。 勝手に観光ガイド的な「気楽会」参加してみたい。

2020/12/10

感想・レビューをもっと見る