読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

百人一首という感情

百人一首という感情

百人一首という感情

作家
最果タヒ
出版社
リトル・モア
発売日
2018-11-24
ISBN
9784898154878
amazonで購入する

「百人一首という感情」の関連記事

佐渡島庸平 今月の「この本にひとめ惚れ」『写真を読む夜 13人の写真家たちの撮影哲学』『鎌倉資本主義』『百人一首という感情』

『ダ・ヴィンチ』本誌の人気連載コーナー「この本にひとめ惚れ」から、コルク代表・佐渡島さんのひとめ惚れ本を紹介。『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』といった大ヒット作品を世に出した天才編集者・経営者が“ひとめぼれ”した本をチェック!

『写真を読む夜 13人の写真家たちの撮影哲学 プロフェッショナルのテクニックと視点』 山内宏泰 誠文堂新光社 2300円(税別)

カバー写真:石田真澄 アートディレクション:小林 里(CORK)

いかに写真を読み解くか、すごい写真は何がすごいか、旬なカメラマンの作品を挙げて具体的に教えてくれる。「すごい写真」のどこがすごいのかを具体的に明らかにするのがこの本の目的。

『鎌倉資本主義』 柳澤大輔 プレジデント社 1400円(税別)

装丁:新井大輔 編集:中嶋 愛 編集協力:井上佳世、渡辺裕子(カヤック) 写真:Adobe Stock

僕が社外取締役をつとめるカヤックの本。会社を通じていかに地域をよくするか、地域資本主義をどのように活発にするか語った本。会社を通じて社会を変えたい想いに共感。

『百人一首という感情』 最果タヒ リトルモア 15…

2019/3/23

全文を読む

関連記事をもっと見る

百人一首という感情 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

佳音

多少なりとも構えてしまう和歌に、なんとしなやかに向きあうんだろう。この人は。

2019/01/07

ピロ麻呂

「千年後の百人一首」は百人一首を最果タヒ風に詩でアレンジされていたけど、本作品はその詩訳した時の思いを綴ったエッセイ☆僕も百人一首好きで何冊も解説書を読みました。だいたい同じ訳され方だけど、実際に平安時代の歌人はどんなシチュエーションで、どんな気持ちで詠んだかは分からない。31文字のみで紡いだ言葉…人それぞれ違う感じ方、違う訳があっていいと思う。それが短歌のおもしろいところだと思うんやよなぁ(^^)

2019/02/27

千穂

平安の歌人はこんな想いでこの歌を詠んだのかもしれない、想像の世界が膨らむエッセイ的な百人一首の解説本。一句一句が作る短編集の装い。その時々に、気になる歌を楽しむのがよい。

2019/04/24

kazu

月を眺め遠く離れた誰かを想い 四季の移ろいを山から知る 雨に袖が濡れれば生活の辛さすら垣間見え、 日常のありふれたものを短歌とした百人一首。 最果タヒさんの詩を通して解釈すると時間はちっぽけであり、人の感情ってこうも変わらないと愛おしくなる。 図書館で借りた本でしたが購入して手元に置いておこう。ふとした時、パラパラと眺め、もし自分なりの解釈に出会えたならば、これほど有意義な読書体験はないよね。

2019/05/28

ゆう

最果タヒさんが綴る、百首それぞれのエッセイ。現代語訳ではない。現代語訳は清川あさみさんとの共著「千年後の百人一首」の方にあるようです。この本とセットで読むことを企図されてるのだと思うけど、本書単独でも充分面白い。エッセイの長さがとりあげる歌によってまちまちで、最果さんのそれぞれの歌への思い入れの深さが感じられたり。安易に共感を呼び込むのではなく、あくまで千年という時間をきちんと介在させながら、そこから想像と言葉の力によって浮かび上がらせる人々の姿や風景たち。著者の誠実さが紡ぐ世界を、心地よく楽しみました

2019/05/28

感想・レビューをもっと見る