読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

中国の暴虐

中国の暴虐

中国の暴虐

作家
櫻井よしこ
楊逸
楊海英
出版社
ワック
発売日
2021-05-29
ISBN
9784898319512
amazonで購入する Kindle版を購入する

中国の暴虐 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ミライ

中国によるウイグル、モンゴル問題などを櫻井よしこさん、楊逸さん、楊海英さんの3名が対談形式で語った一冊。清水ともみさんの「命がけの証言」を読んだことで中国ウイグル問題について理解を深めたく購入したが、かなり濃い内容で満足。中国共産党の内部事情とか、早稲田大学が日本の中国人留学生に乗っ取られるとか、結構衝撃の内容が多かった。楊逸さんと楊海英さんは、中国批判をして中国との親族と接触できない状況ということらしい・・・。今の中国に多大な影響を与えていると思われる「毛沢東語録」は読んでみようと思った。

2021/06/30

晴久

まさに暴虐。性的搾取や集団レイプ、強制収容所にジェノサイド。共感能力が高い私のような人は、冒頭で一回限界を迎えるかもしれない。苦しくて悲しくて、読み進めるのが苦痛だった。なぜそんなことができるのか私には理解が及ばないが、理解できないことを受け止めて、対抗するしかない。過度に恐れず、自分で考えて、日本を守っていかないと。チベットやウイグルのことは知っていたけれど、内モンゴルの人々も被害にあっていることは知らなかった。日本の大学で起こっていることも。日本人は、本書を読んだほうがいい。

2022/01/20

感想・レビューをもっと見る