読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

楊逸

職業・肩書き
作家
ふりがな
やん・いー

「楊逸」のおすすめ記事・レビュー

  • レビュー・書評

遠い向こうの彼らを知るために

遠い向こうの彼らを知るために

ここ数日、わたしたちはたくさんの中国人をテレビで見てきた。デモをしている人たちを見た。叫び声をあげる人たちも見た。店のガラスを割り、建物を叩き壊す人たちも見た。だけど、驚くことがある。わたしたちはその中の誰一人として、名前すら知らないのだ。彼らが普段どのような生活をし、どんな本を読み、どんな過去を経ているのか、一人だって知りはしない。ただ、中国人たちのデモを目撃し、たくさんの議論が飛び交っただけ。遠い遠い場所で、物事は勝手にすすんでいく。

この、なにか歯がゆい感覚と共に楊逸の『時が滲む朝』を読む。そして、こう書かれている。「学生さんよ、文学か何かわからんけど、若さだけで血が騒いでいるんじゃないか」この物語もデモ活動に参加した若者たちの物語だ。ただし、時代が違う。彼らがデモを起こしたのは1989年、天安門事件のころだ。

秦漢大学に入学した梁浩遠と謝志強は、文学を志して勉強に励むうち、甘先生の思想に影響され、中国の民主化運動に関わっていくようになる。 「五・四運動以来、中国の革命にはいつも我々大学生と知識人が先駆けとなっている。国を救うのは我々しかいない…

全文を読む

「楊逸」のレビュー・書評をもっと見る

「楊逸」の本・小説

季刊文科 80号 特集・国境を越えた私小説 対談・リービ英雄×佐藤洋二郎

季刊文科 80号 特集・国境を越えた私小説 対談・リービ英雄×佐藤洋二郎

作家
リービ英雄
佐藤 洋二郎
楊逸
又吉栄喜
西村賢太
姜宇 源庸
楊 偉
大木 志門
山内 洋
岸間 卓蔵
富岡幸一郎
中沢けい
伊藤 氏貴
勝又浩
司修
小池昌代
村上 政彦
柴田翔
三田村 博史
松本徹
津村節子
出版社
鳥影社
発売日
2020-03-26
ISBN
9784862658005
作品情報を見る

「楊逸」人気の作品ランキングをもっと見る