読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あいぼうは どこへ? -- ニューヨークの としょかんに いる 2とうの ライオンの おはなし (imagination unlimited)

あいぼうは どこへ? -- ニューヨークの としょかんに いる 2とうの ライオンの おはなし (imagination unlimited)

あいぼうは どこへ? -- ニューヨークの としょかんに いる 2とうの ライオンの おはなし (imagination unlimited)

作家
ジョシュ・ファンク
スティーヴィ・ルイス
金柿秀幸
出版社
イマジネイション ・プラス
発売日
2019-09-19
ISBN
9784909809124
amazonで購入する Kindle版を購入する

あいぼうは どこへ? -- ニューヨークの としょかんに いる 2とうの ライオンの おはなし (imagination unlimited) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

図書館の新刊コーナーで見つけて読みました。NY公共図書館のシンボル、2体のライオン像を主人公にしたファンタジー絵本です。NYに三越のようなライオン像が実在していると思いませんでした🦁&🦁 https://www.mashupreporter.com/nypl-lions-restoration/ https://www.mitsukoshi.mistore.jp/nihombashi/column_list_all/nihombashi_history/list02.html

2020/01/05

シナモン

図書館本。ニューヨーク公共図書館の入り口で図書館を守る2頭のライオン像、フォーティテュードとペイシェンスのお話。ある夜、ペイシェンスがいなくなり、フォーティテュードは図書館の中を探し回ります。ペイシェンスが図書館に入った目的は…。2頭の友情に心温まる一冊。ライオンの表情もどこか可愛らしく印象に残ります。ニューヨーク公共図書館、本がいっぱい素敵なところだな。

2019/11/17

わむう

有名なNYPCの前にいる2頭のライオン像。名前はペイシェンスとフォーティデュードなんだそうです。明け方になっても帰ってこないペイシェンスを心配してフォーティデュードは初めて図書館に入る。肖像画や銅像に居場所を尋ねるが行方がわからない。そのうち「こどものほんのへや」で読書をしているフォーティデュードを見つけると、実はペイシェンスにお話を届けるために、たびたび忍び込んでいることを打ち明けられる。今度は一緒に館内を冒険しようと約束をする2頭なのでした。

2020/07/16

みつばちい

四年生と四、五人で読んだ。ニューヨークの図書館のライオン像の一匹が夜に図書館の中でいなくなり、もう一匹が探す。見つかった時、相棒のライオンのためにお話を覚えていたことが分かり喜ぶ、、。そのライオンが読んでた絵本がロバのシルベスターとまほうのこいしやお猿とぼうしうり、でその子たちに前に読んだことがあったので「昔読んだよね」と盛り上がった。一人の子がこの絵本すごく面白かった、絵も可愛いと呟いていた。

2019/10/28

ほんわか・かめ

立派な図書館を守る2頭のライオン。長年図書館を守るうちに次第に仲良く、そしてかけがえのない存在になってきたんだね。そしてなにより本好きだっていうのが夢があるね。ペイシェンスが読んでいた『ロバのシルベスターとまほうのこいし』『おさるとぼうしうり』はわかったけど、もう一冊はなんだろうな?

2020/11/06

感想・レビューをもっと見る