綾野剛「宣伝不可能な作品が生まれようとしています」 映画「パンク侍、斬られて候」特報に反響続出

エンタメ

2018/4/28


 町田康『パンク侍、斬られて候』が、宮藤官九郎脚本、綾野剛主演で映画化されることが決定。アクション満載な特報動画も公開され、「これはキャスト全員カッコよすぎる」「長髪の綾野剛、色気がとんでもない…!」と歓喜の声が続出している。

 同作は、江戸時代の浪人・掛十之進が、自らまいた種によって大惨事に巻き込まれていく物語。十之進は奇妙な宗教団体「腹ふり党」がはびこる黒和藩に現れ、超人的な剣さばきを活かして藩の“腹ふり党対策要員”として仕官することに。しかし十之進の適当で不真面目な性格が発端となり、腹ふり党や藩の重臣たちの思惑が絡みあう予想だにしない事態へと発展してしまう―。

 映画では十之進を演じる綾野の他に北川景子、東出昌大、染谷将太、浅野忠信、豊川悦司といった豪華俳優陣が出演することが明らかになっている。

img01
(C)エイベックス通信放送

 特報動画は猿の大軍が屋根の上を飛び交う場面から始まり、12人のキャラクターたちが次々と登場。宙に浮く豆、北川の踊り、浅野の体に刻まれたうずまき模様など謎の多い映像は、「猿のインパクトがすごいwww」「特報だけでものすごく濃い!」「何も分からないけどすごく面白そうなことだけは分かる」「綾野剛の和装とかそれだけでご褒美ですから!」と話題になっているようだ。

 綾野は主演を務めるにあたって、「宣伝不可能な作品が生まれようとしています もう後戻りできません」とコメント。映画は2018年6月30日(土)公開となるので、見のがさないようにチェックしておこう。

■映画「パンク侍、斬られて候」
原作:町田康
監督:石井岳龍
脚本:宮藤官九郎
出演:綾野剛、北川景子、東出昌大、染谷将太、浅野忠信、豊川悦司 ほか
公式サイト:http://www.punksamurai.jp/