読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「あさのあつこ」のレビュー・書評

三毛猫が藩主の奥さま? 人と猫との大騒動。『バッテリー』の作者が挑んだ、新感覚の娯楽時代小説!

三毛猫が藩主の奥さま? 人と猫との大騒動。『バッテリー』の作者が挑んだ、新感覚の娯楽時代小説!

『にゃん! 鈴江藩江戸屋敷見聞帳』(あさのあつこ/白泉社)  もしあなたの上司や同僚が猫だったら、どうする?  ありえないって? その通り、現実にはありえない。あさのあつこが4月20日に刊行した『にゃん! 鈴江藩江戸屋敷見聞帳』(白泉社)は、そんなありえない出来事にもつい思いを馳せたくなってしまう、不思議なテイストの時代小説だ。  江戸時代、裕福な商家の娘であるお糸は、わけあって3万石の小藩・鈴江藩の大名屋敷で女中奉公をすることになる。屋敷に上が…

もっと見る

あさのあつこ、石田衣良、俵万智らが大絶賛! 14歳スーパー中学生作家、待望のデビュー作『さよなら、田中さん』の内容とは?

あさのあつこ、石田衣良、俵万智らが大絶賛! 14歳スーパー中学生作家、待望のデビュー作『さよなら、田中さん』の内容とは?

『さよなら、田中さん』(鈴木るりか/小学館)  今話題のスーパー中学生をご存じだろうか。その名は、鈴木るりか。2003年生まれの中学2年生。小学館主催「12歳の文学賞」で史上初となる3年連続での大賞受賞を果たし、あさのあつこ氏、石田衣良氏、西原理恵子氏らから大絶賛を受けた新進気鋭の天才作家だ。そんな鈴木るりかのデビュー作『さよなら、田中さん』(小学館)が彼女の14歳の誕生日に刊行された。みずみずしい感性でつむがれた5編の連作短編集は瞬く間に重版。その内容に注…

もっと見る

10代を懸命に生きる少女たちの姿を描いた青春小説

10代を懸命に生きる少女たちの姿を描いた青春小説

高校2年生の瑠璃と、高校3年生の周子。瑠璃にはウリをやっているという噂が、周子にはなにかと特異な噂が流れています。そんな2人の女子高生を中心として、物語は進んでいきます。 2人が初めて顔を合わせたのは、彼女たちが通っている高校の屋上です。ある日瑠璃は学校の屋上に3年生の女生徒に呼び出され、女生徒の彼氏を誘惑したと責められるのですが、そんな瑠璃の前に現れたのが、大きな鴉と周子でした。周子とのかみ合わない会話に当初は困惑していた瑠璃でしたが、すぐに周子の不思議な魅力…

もっと見る

人も神も、本質は変わらない!? 愚かで偉大な、等身大神話ファンタジー!

人も神も、本質は変わらない!? 愚かで偉大な、等身大神話ファンタジー!

神々の午睡/あさのあつこ "恋に友情、家族や肉親の絆―。 同じようなことでつまずき、同じようなことで悩み、異変には人間も神々も慌てふためく。 愚かで幼く、偉大で情けない、神々と人間の遥か昔の歴史的記録が紐解かれる! 神話の神秘に魅せられた、ルナルーチェのヒロとちまみでお送りいたします。 【ヒロ】今回ご紹介いたします作品は『神々の午睡(うたたね)』です。 【ちまみ】この作品は著者初の神話モチーフのファンタジー小説であり、表紙はあの大人気創作集団CLAMP…

もっと見る

1巻は、正直泣けます。繊細な少年たちの心がひりひりと痛い、スポーツ青春小説の代表作

1巻は、正直泣けます。繊細な少年たちの心がひりひりと痛い、スポーツ青春小説の代表作

以前に森絵都さんの『DIVE!!』をご紹介させていただきましたが、あの作品を読んだきっかけは、この『バッテリー』でした。 読んだあと(当時は3巻くらいまでしか出ていなかった)に「すごい作品に出会った! めっちゃドキドキする! やばい、こんなスポーツ小説読みたい!!」と、手当たりしだい探したあとに見つけたのです。 前回も書きましたが、スポーツを観るのもやるのもたいして興味がない(野球のルールもあほみたいに知らない)、団体競技とか部活とか、あんまり得意でないわ…

もっと見る