読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「小野不由美」の関連記事

人々の暮らしと共に蔓延していく穢れ! 小野不由美『残穢』の恐怖

人々の暮らしと共に蔓延していく穢れ! 小野不由美『残穢』の恐怖

『残穢』(小野不由美/新潮社)  小野不由美氏はデビュー以来、恐怖の物語にこだわり続けてきた作家だ。少女小説作家時代に書かれた「悪霊シリーズ」(小野不由美/講談社)からして、すでに、少女小説の枠を越えた恐怖へのこだわりを見ることができる。一般小説のフィールドに移行した後は、まず、ミステリーとホラーの融合を試みた『東亰異聞』(小野不由美/新潮社)を発表する。そして、次に書き上げたのが、日本ホラー小説の金字塔である『屍鬼』(小野不由美/新潮社)だ。この作…

もっと見る

その災いは『残穢』に続く―『鬼談百景』映像化! Jホラーを代表する6人の監督が10の恐怖を描く

その災いは『残穢』に続く―『鬼談百景』映像化! Jホラーを代表する6人の監督が10の恐怖を描く

 「第26回山本周五郎賞」を受賞した小野不由美の『残穢(ざんえ)』が映画となって、2016年1月30日(土)から全国公開される。この度、小野不由美作品の初映画化を記念して、同氏が初めて手がけた百物語怪談『鬼談百景』の映像化が決定した。  『鬼談百景』は99話で構成されており、100話目が『残穢』とも言われている。2つの作品はリンクしていて、さらに恐怖が倍増する仕掛けとなっている。今回、映像化されるのは99話のうち、10のエピソード。映画「…

もっと見る

竹内結子&橋本愛で映画化「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―」初映像素材完成&文庫版刊行!

竹内結子&橋本愛で映画化「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―」初映像素材完成&文庫版刊行!

2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会 その奇妙な「音」は、ただの始まりでした。  第26回山本周五郎賞を受賞した小野不由美『残穢(ざんえ)』が、映画となって2016年1月30日(土)より全国公開される。  映画「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―」の監督は、「白ゆき姫殺人事件」「予告犯」など、ミステリーの名手で知られる中村義洋が務める。主演は、ドラマ「ストロベリーナイト」の演技が好評だった竹内結子。また、竹内とともに…

もっと見る

怪談専門誌『幽』再臨!移籍後初刊行は「ハーン/八雲」特集!

怪談専門誌『幽』再臨!移籍後初刊行は「ハーン/八雲」特集!

『幽 vol.22』(角川書店) 怪談専門誌『幽』の最新号22号が2015年1月30日に発売された。 角川書店に移籍後、満を持しての刊行となるだけに、ファン待望の1冊といえるだろう。内容は怪談小説、怪談実話、鼎談などがギッシリと凝縮されている。 表紙写真は佐野史郎が担当、移籍後初刊行となる特集は「ハーン/八雲 Retold」。朗読会のリポート、山田太一×工藤美代子の特別対談、小泉八雲の論考、読書案内と充実した内容となっている。 さらに怪…

もっと見る

小野不由美最新刊『営繕かるかや怪異譚』発売!カバーイラストは『蟲師』の漆原友紀!

小野不由美最新刊『営繕かるかや怪異譚』発売!カバーイラストは『蟲師』の漆原友紀!

『営繕かるかや怪異譚』(小野不由美/ KADOKAWA 角川書店) マンガ家の漆原友紀氏が装画を手掛けたことで話題となっているのが、2014年12月3日(水)に発売された小野不由美氏最新小説の『営繕かるかや怪異譚』。古い建物で起こる怪奇現象の数々を怪異専門の建築探偵ともいうべき“営繕屋かるかやの尾端”がさっそうと現われ、縺れた怪異の糸をするすると解いてゆく、怪談短篇全6篇が収録されている。 作家の道尾秀介氏、映画監督の中村義洋監督からの推薦コメン…

もっと見る

ダ・ヴィンチ「BOOK OF THE YEAR 2013」発表! コミック部門は『進撃の巨人』、小説部門は村上春樹「多崎つくる」をおさえて12年ぶり刊行のあのシリーズ作品が1位を獲得

ダ・ヴィンチ「BOOK OF THE YEAR 2013」発表! コミック部門は『進撃の巨人』、小説部門は村上春樹「多崎つくる」をおさえて12年ぶり刊行のあのシリーズ作品が1位を獲得

『ダ・ヴィンチ1月号』(KADOKAWA メディアファクトリー)  12月6日(金)に発売のダ・ヴィンチ1月号では、毎年恒例となる「BOOK OF THE YEAR 2013」特集にて「記憶に残った今年最良の1冊」のランキングを発表。小説ランキング部門では小野不由美の『丕緒(ひしょ)の鳥 十二国記』(新潮文庫)が1位を受賞した。『丕緒の鳥』は「十二国記」シリーズ12年ぶりとなる新作。長い間刊行を待ちわびたファンも多かったのではないだろうか。初版30万部で刊行…

もっと見る

ダブル新刊発売! 小野不由美『鬼談百景』『残穢』を語る

ダブル新刊発売! 小野不由美『鬼談百景』『残穢』を語る

幻の名作『ゴーストハント』全7巻の復刊、過去にNHK-BSにてアニメ化もされた『十二国記』完全版の刊行スタートと、最近ますます本好きの注目を集めている作家・小野不由美。その待望の新作『鬼談百景』(メディアファクトリー)、『残穢(ざんえ)』(角川書店)が2冊同時に発売された。ダ・ヴィンチ9月号では、小野不由美特集を行い、8ページにわたるロングインタビューを掲載している。 『鬼談百景』の原点は1990年代初頭。当時ティーンズ向けレーベルで「悪霊」(「…

もっと見る

幻の名作・小野不由美『悪夢の棲む家』がコミック化で復活!

幻の名作・小野不由美『悪夢の棲む家』がコミック化で復活!

 長らく幻の作品となっていた、小野不由美の小説「ゴーストハント」シリーズ(旧「悪霊」シリーズ)。2009年にコミック版が完結し、10年から始まった復刊も昨年には全巻が出揃うなど、ようやく誰もが気軽に手に取れるようになった。  そしてこのたび、ファン待望の続編『悪夢の棲む家』のコミック版も、コミック誌『ARIA』で連載開始。ダ・ヴィンチ9月号では、マンガ家・いなだ詩穂のインタビューとともに、掲載されたばかりの第1話ネームを特別公開している。  そもそもいなださん…

もっと見る
123