読みたい本がここにある

小野不由美

職業・肩書き
作家
ふりがな
おの・ふゆみ

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

大分県生まれ。大谷大学在学中に京都大学推理小説研究会に在籍。2013年、『残穢』で山本周五郎賞を受賞。著書に「十二国記」シリーズ、「ゴーストハント」シリーズ、『屍鬼』『黒祠の島』『鬼談百景』など。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

2013年
『残穢』第26回山本周五郎賞

「小野不由美」のおすすめ記事・レビュー

人々の暮らしと共に蔓延していく穢れ! 小野不由美『残穢』の恐怖

人々の暮らしと共に蔓延していく穢れ! 小野不由美『残穢』の恐怖

『残穢』(小野不由美/新潮社)

 小野不由美氏はデビュー以来、恐怖の物語にこだわり続けてきた作家だ。少女小説作家時代に書かれた「悪霊シリーズ」(小野不由美/講談社)からして、すでに、少女小説の枠を越えた恐怖へのこだわりを見ることができる。一般小説のフィールドに移行した後は、まず、ミステリーとホラーの融合を試みた『東亰異聞』(小野不由美/新潮社)を発表する。そして、次に書き上げたのが、日本ホラー小説の金字塔である『屍鬼』(小野不由美/新潮社)だ。この作品は、吸血鬼が人を襲って次第に仲間を増やしていくという一見、オーソドックスな吸血鬼譚の体裁を装っている。しかし、やがて、狩る者と狩られる者の立場は逆転し、吸血鬼たちは無残に殺されていく。その恐怖の反転が衝撃的だった。著者のホラーはこの時点でひとつの頂点に達するが、ここで留まることはなく、さらに新たな道に踏み出していく。その代表的な例が、2012年に発表された『残穢』(小野不由美/新潮社)だ。

 物語は、著者自身がモデルと思われる作家の元にファンの女性から手紙が届くところから始まる。それは、怖い話を知って…

全文を読む

その災いは『残穢』に続く―『鬼談百景』映像化! Jホラーを代表する6人の監督が10の恐怖を描く

その災いは『残穢』に続く―『鬼談百景』映像化! Jホラーを代表する6人の監督が10の恐怖を描く

 「第26回山本周五郎賞」を受賞した小野不由美の『残穢(ざんえ)』が映画となって、2016年1月30日(土)から全国公開される。この度、小野不由美作品の初映画化を記念して、同氏が初めて手がけた百物語怪談『鬼談百景』の映像化が決定した。  『鬼談百景』は99話で構成されており、100話目が『残穢』とも言われている。2つの作品はリンクしていて、さらに恐怖が倍増する仕掛けとなっている。今回、映像化されるのは99話のうち、10のエピソード。映画「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―」の監督を務める中村義洋をはじめとした、Jホラーを代表する6人の監督が撮り下ろし。10の恐怖を映像化する。 <10の恐怖> 「追い越し」 監督:中村義洋/脚本:鈴木謙一/出演:岡山天音、藤本泉、森崎ウィン、吉倉あおい、長井短 午前三時。男二人、女二人が乗った車がトンネルを越えて、田舎道を走っていると、その先に白い服を着ている女の姿が見えた。男たちは速度を上げて女を追い越そうとするが…。 「密閉」 脚本・監督:白石晃士/出演:三浦透子、細川佳央、西山真来 Kさんは自分の住んで…

全文を読む

竹内結子&橋本愛で映画化「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―」初映像素材完成&文庫版刊行!

竹内結子&橋本愛で映画化「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―」初映像素材完成&文庫版刊行!

2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会

その奇妙な「音」は、ただの始まりでした。  第26回山本周五郎賞を受賞した小野不由美『残穢(ざんえ)』が、映画となって2016年1月30日(土)より全国公開される。  映画「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―」の監督は、「白ゆき姫殺人事件」「予告犯」など、ミステリーの名手で知られる中村義洋が務める。主演は、ドラマ「ストロベリーナイト」の演技が好評だった竹内結子。また、竹内とともに調査を重ねる“久保さん”役には、映画「桐島、部活やめるってよ」「寄生獣」など、最近のヒット作に多数出演する橋本愛だ。今作が初共演となる竹内と橋本に加え、佐々木蔵之介、坂口健太郎、滝藤賢一ら個性的な豪華俳優陣が出演する。  到着したばかりの初映像素材となる特報からは、小説の恐怖感を見事に表現し、“ヤバイ”戦慄が観る者にジリジリと伝わる。予定調和を許さない驚愕のラストまで、かた時も目が離せない戦慄のリアルミステリーの同作だが、2015年7月29日(水)に、遂に文庫となって刊行されることも決定。公開まで待ち切れない方は、まず…

全文を読む

怪談専門誌『幽』再臨!移籍後初刊行は「ハーン/八雲」特集!

怪談専門誌『幽』再臨!移籍後初刊行は「ハーン/八雲」特集!

『幽 vol.22』(角川書店)

怪談専門誌『幽』の最新号22号が2015年1月30日に発売された。

角川書店に移籍後、満を持しての刊行となるだけに、ファン待望の1冊といえるだろう。内容は怪談小説、怪談実話、鼎談などがギッシリと凝縮されている。

表紙写真は佐野史郎が担当、移籍後初刊行となる特集は「ハーン/八雲 Retold」。朗読会のリポート、山田太一×工藤美代子の特別対談、小泉八雲の論考、読書案内と充実した内容となっている。

さらに怪談小説、怪談実話では京極夏彦、小野不由美など人気作家がずらりと並ぶ。

怪談小説 新連載 初野晴 「マルコの福音書1」 円城塔/訳 小泉八雲/著 「オシドリ ほか四篇」 綾辻行人 「海鳴(うみな)り」 京極夏彦 「鬼談 鬼棲」 小野不由美 「営繕かるかや怪異譚 芙蓉記」 有栖川有栖 「濱地建三郎の事件簿2 黒々とした穴」 恒川光太郎 「十二月の悪魔」

怪談実話 福澤徹三 「怖(ふ)の日常」 小池壮彦 「日本の幽霊事件」 安曇潤平 「山の霊異記」 工藤美代子 「日々続々怪談」 立原透耶 「ひとり百物語」 松村進吉 「セメント怪談…

全文を読む

小野不由美最新刊『営繕かるかや怪異譚』発売!カバーイラストは『蟲師』の漆原友紀!

小野不由美最新刊『営繕かるかや怪異譚』発売!カバーイラストは『蟲師』の漆原友紀!

『営繕かるかや怪異譚』(小野不由美/ KADOKAWA 角川書店)

マンガ家の漆原友紀氏が装画を手掛けたことで話題となっているのが、2014年12月3日(水)に発売された小野不由美氏最新小説の『営繕かるかや怪異譚』。古い建物で起こる怪奇現象の数々を怪異専門の建築探偵ともいうべき“営繕屋かるかやの尾端”がさっそうと現われ、縺れた怪異の糸をするすると解いてゆく、怪談短篇全6篇が収録されている。

作家の道尾秀介氏、映画監督の中村義洋監督からの推薦コメントや、小野不由美氏、漆原友紀氏からのメッセージなど、充実したコンテンツが満載の特設サイトも公開されている。

 また、購入者へのプレゼントキャンペーンを実施。12月3日より一部書店にて『営繕かるかや怪異譚』を購入した方に発売記念ポストカードが配布される。

■『営繕かるかや怪異譚』 著:小野不由美 発売日:2014年12月3日 頁数:272頁 体裁:四六判上製 価格:本体1,500円+税 カバーイラスト:漆原友紀(『蟲師』『水域』) ⇒『営繕かるかや怪異譚』特設サイト ⇒怪談専門誌『幽』twitter ●「営…

全文を読む

ダ・ヴィンチ「BOOK OF THE YEAR 2013」発表! コミック部門は『進撃の巨人』、小説部門は村上春樹「多崎つくる」をおさえて12年ぶり刊行のあのシリーズ作品が1位を獲得

ダ・ヴィンチ「BOOK OF THE YEAR 2013」発表! コミック部門は『進撃の巨人』、小説部門は村上春樹「多崎つくる」をおさえて12年ぶり刊行のあのシリーズ作品が1位を獲得

『ダ・ヴィンチ1月号』(KADOKAWA メディアファクトリー)

 12月6日(金)に発売のダ・ヴィンチ1月号では、毎年恒例となる「BOOK OF THE YEAR 2013」特集にて「記憶に残った今年最良の1冊」のランキングを発表。小説ランキング部門では小野不由美の『丕緒(ひしょ)の鳥 十二国記』(新潮文庫)が1位を受賞した。『丕緒の鳥』は「十二国記」シリーズ12年ぶりとなる新作。長い間刊行を待ちわびたファンも多かったのではないだろうか。初版30万部で刊行され話題を呼んだ、村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文藝春秋)を制しての堂々の1位である。

 「BOOK OF THE YEAR」は、ダ・ヴィンチ編集部が行う“記憶に残った今年最良の1冊”を決めるランキング。2001年1月号よりスタートし、今年で14回目を迎えた。このランキングは単なる売上ランキングとは異なり、書評家、アンケート会員、全国の書店員など、“本の目利き”と言われる4619人が実際に読んだ本の中から厳選し、投票した結果をランキングに反映させている。対象となるのは201…

全文を読む

『十二国記』シリーズ再始動を記念して小野不由美を読む!ダ・ヴィンチラジオ【第24回】

『十二国記』シリーズ再始動を記念して小野不由美を読む!ダ・ヴィンチラジオ【第24回】

この番組は、“ダ・ヴィンチ電子ナビ” の新人ブックレビュアーが、名物レビュアー目指しリスナーの助けを目一杯借りてお送りします! 本とコミックの話題でわいわい盛り上がっていきましょう!

  夏といえばホラー!第24回目のダ・ヴィンチラジオもはりきってお届け!   この番組は声優として活躍している、 中國卓郎、生田善子、秋山ゆうの3人をパーソナリティに迎え、わいわいとお送りしていきます。今回の読書会では、ダ・ヴィンチ9月号で大特集した小野不由美さんの作品から『魔性の子』を読んでみました!実は3人とも『十二国記』シリーズを読んだことのない初心者。十二国記シリーズの「Episode-0」として位置づけられた本作品を読んで3人は小野ワールドにはまるのか?お楽しみに~

第24回 (2012/8/17 配信) パーソナリティ:秋山ゆう(左) & 中國卓郎(中央) & 生田善子(右)

  秋山ゆうの本棚  生田善子の本棚  中國卓郎の本棚

次回更新は、2012/9/7です。(毎月第1・第3金曜日配信)

番組で話題になった本&コミック

[d…

全文を読む

ダブル新刊発売! 小野不由美『鬼談百景』『残穢』を語る

ダブル新刊発売! 小野不由美『鬼談百景』『残穢』を語る

幻の名作『ゴーストハント』全7巻の復刊、過去にNHK-BSにてアニメ化もされた『十二国記』完全版の刊行スタートと、最近ますます本好きの注目を集めている作家・小野不由美。その待望の新作『鬼談百景』(メディアファクトリー)、『残穢(ざんえ)』(角川書店)が2冊同時に発売された。ダ・ヴィンチ9月号では、小野不由美特集を行い、8ページにわたるロングインタビューを掲載している。

『鬼談百景』の原点は1990年代初頭。当時ティーンズ向けレーベルで「悪霊」(「ゴーストハント」シリーズ)を刊行していた小野さんは、「あとがき」において恐怖体験談を送ってほしいと読者に呼びかけたのだ。当時の読者からすぐに膨大な数の体験談が集まった。

それから約20年。小野さんは怪談専門誌『幽』誌上で、読者の体験談をもとにした作品の連載をはじめる。『鬼談百景』はその連載「鬼談草紙」を単行本化したものだ。

男女の銅像が建つ学校で、転落死や悲惨な事故があいつぐ「未来へ」、真夜中の学校での肝試しがおそろしい結果を引きおこす「増える階段」、投身自殺した男のすさまじい最期を描いた「マリオネット」――。…

全文を読む

「小野不由美」のおすすめ記事をもっと見る

「小野不由美」のおすすめレビューをもっと見る

「小野不由美」の本・小説

営繕かるかや怪異譚 (角川文庫)

営繕かるかや怪異譚 (角川文庫)

作家
小野不由美
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-06-15
ISBN
9784041060476
もっと見る
月の影 影の海〈上〉―十二国記 (新潮文庫)

月の影 影の海〈上〉―十二国記 (新潮文庫)

作家
小野不由美
山田章博
出版社
新潮社
発売日
2012-06-27
ISBN
9784101240527
もっと見る
悪夢の棲む家 ゴーストハント(3)<完> (KCx)

悪夢の棲む家 ゴーストハント(3)<完> (KCx)

作家
いなだ詩穂
小野不由美
出版社
講談社
発売日
2016-10-07
ISBN
9784063808780
もっと見る
屍鬼〈2〉 (新潮文庫)

屍鬼〈2〉 (新潮文庫)

作家
小野不由美
出版社
新潮社
発売日
2002-01-30
ISBN
9784101240244
もっと見る
鬼談百景 (角川文庫)

鬼談百景 (角川文庫)

作家
小野不由美
出版社
KADOKAWA/角川書店
発売日
2015-07-25
ISBN
9784041033753
もっと見る
丕緒の鳥 十二国記 (新潮文庫)

丕緒の鳥 十二国記 (新潮文庫)

作家
小野不由美
山田章博
出版社
新潮社
発売日
2013-06-26
ISBN
9784101240589
もっと見る
月の影 影の海〈下〉―十二国記 (新潮文庫)

月の影 影の海〈下〉―十二国記 (新潮文庫)

作家
小野不由美
山田章博
出版社
新潮社
発売日
2012-06-27
ISBN
9784101240534
もっと見る
東の海神(わだつみ) 西の滄海―十二国記 (新潮文庫)

東の海神(わだつみ) 西の滄海―十二国記 (新潮文庫)

作家
小野不由美
山田章博
出版社
新潮社
発売日
2012-12-24
ISBN
9784101240558
もっと見る

「小野不由美」の本・小説をもっと見る