読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「町田康」のレビュー・書評

30年間毎日酒を飲み続けた作家・町田康は、いかに禁酒に成功したのか――この方法論があれば、酒がなくても生きていける!

30年間毎日酒を飲み続けた作家・町田康は、いかに禁酒に成功したのか――この方法論があれば、酒がなくても生きていける!

『しらふで生きる 大酒飲みの決断』(町田康/幻冬舎) 〈二十歳のとき、酒を讃むる歌十三首を読んで以来、大伴旅人だけを信じ、大伴旅人の言うとおりに生きてきた。(略)なにになったか、というと大酒飲みになった。〉という作家・町田康さんが30年毎日続けた飲酒を、4年前からやめてしまったのはなぜなのか。いかに禁酒を成したのか。 『しらふで生きる 大酒飲みの決断』(幻冬舎)はその顛末を綴ったエッセイだ。町田さんが酒をやめようと思い立ったのは、沈黙の臓器と呼ばれる肝臓が悲鳴をあ…

もっと見る

町田康が描く“面白すぎる”源義経が帰ってきた! 抱腹絶倒の一代記、第二弾

町田康が描く“面白すぎる”源義経が帰ってきた! 抱腹絶倒の一代記、第二弾

『ギケイキ2 奈落への飛翔』(町田康/河出書房新社) 〈当時、なにか詩を貰ったら必ず詩を返さなければならず、これをしないというのは非常に失礼というか、既読スルーの七百倍くらい鬼畜なことであった〉  何のことかというと、これは平安の世の礼儀であった返歌のことである。語り手は源義経。町田康著『ギケイキ2 奈落への飛翔』(河出書房新社)は、かの義経の魂が900年の時を経て、われわれ現代人にその一代記を語ってくれるというスタイルの小説。実在する軍記物語『義経記…

もっと見る

芥川賞受賞作ですからして芥川賞っぽい…のでしょう多分!

芥川賞受賞作ですからして芥川賞っぽい…のでしょう多分!

みなさん、お早うございますコンニチハ今晩は。もっと読解力を鍛えたい中國卓郎です。 さて、町田康さんの『きれぎれ』です。町田康さんと言えば「町田町蔵の名でバンド活動をされていた目が大きくてパンキッシュで怖い人」ってな事しか知りません。しかもその情報すらも自ら調べた訳ではなく、大槻ケンヂさんのエッセイでよく名前や描写が出てくるので覚えていただけに過ぎません。しかしそんなパンクな方が音楽活動から一転、小説家になったって所がとても興味深く「いつか彼の本を読んでみたいなぁ」と…

もっと見る