読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「福澤徹三」のレビュー・書評

左遷で単身赴任後、ヤクザに追い込まれ…ムロツヨシ×古田新太『Iターン』が現代人のストレスを吹っ飛ばす!

左遷で単身赴任後、ヤクザに追い込まれ…ムロツヨシ×古田新太『Iターン』が現代人のストレスを吹っ飛ばす!

『Iターン』(福澤徹三/文藝春秋)  金曜日の深夜、てっぺん回った頃というのは、多くのサラリーマン諸氏にとって最もリラックスするひと時なのではないだろうか。そんな時間にオンエアされるテレビ東京系ドラマ24では、現在ムロツヨシ×古田新太の『Iターン』を絶賛放送中だ。このドラマ、主役はムロ演じる「しがないサラリーマン」というのが面白い。しかもモテるわけでも仕事で大活躍するわけでもなく、ひたすらリストラ恐怖と借金、そして古田と田中圭演じるヤクザに追い込まれるという…

もっと見る

心霊、犯罪者、狂気…身近な恐怖に彩られた12の物語

心霊、犯罪者、狂気…身近な恐怖に彩られた12の物語

唐突だが、こんな料理店を想像してみてほしい。 表通りから一本入ったところにある、こぎれいな門構えの和食料理屋である。板前は無口ながら、たしかな技倆の持ち主。旬の素材をいつでも仕入れてきて、繊細な料理法で提供してくれる。そのうえ店の雰囲気がいい。緊張感はあるのに、へんに格式張ったところはなく、学生グループから若いカップル、味にうるさい中高年までが足繁く通ってくる。美味そうだな、と思って注文した料理はどれもこれもすべて美味い。迷ったらついつい足を向けてしまう、そんな料理…

もっと見る