読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「しりあがり寿」の関連記事

しりあがり寿、ホフディラン小宮山雄飛、大食いクイーン・もえのあずきらが参加! 立ち飲み&「1000ベロ」好き必見! 飲むカルチャーマガジン『酒場人』第3号完成!!

しりあがり寿、ホフディラン小宮山雄飛、大食いクイーン・もえのあずきらが参加! 立ち飲み&「1000ベロ」好き必見! 飲むカルチャーマガジン『酒場人』第3号完成!!

『酒場人 vol.3』(監修:パリッコ/オークラ出版)  立ち飲みや「1000ベロ」といったブームが相変わらずの盛り上がりを見せる「大衆酒場」の世界。様々な関連書籍も多数発売される中、酒場ライターとして知られるパリッコが監修をつとめ、その内容のディープさによって一際異彩を放つムック本が『酒場人』(オークラ出版)だ。2015年に創刊されるや、コアな酒場ファンからの熱い支持を集め、続巻を待たれていた最新号がついに完成。2017…

もっと見る

奇才漫画家・しりあがり寿の初個展開催決定! あんなものからこんなものまで、みんなクルクル大回転

奇才漫画家・しりあがり寿の初個展開催決定! あんなものからこんなものまで、みんなクルクル大回転

 芸術なのか、マンガなのか、それとも何かのメッセージか? クルクルと回るたくさんの回転が出迎える展覧会「しりあがり寿の現代美術 回・転・展」が、2016年7月3日(日)~9月4日(日)に、練馬区立美術館で開催される。また、愛知・兵庫でも開催が予定されており、各地で様々なものが“回転”していく。  しりあがり寿は、『弥次喜多in DEEP』や朝日新聞に連載中の『地球防衛家のヒトビト』をはじめ、数多くの独特の批評精神に満ちたギャグ漫画で知…

もっと見る

人気作家11名が谷崎文学にオマージュを込めたマンガ化企画「マンガアンソロジー 谷崎万華鏡」

人気作家11名が谷崎文学にオマージュを込めたマンガ化企画「マンガアンソロジー 谷崎万華鏡」

中央公論新社/(C)CHUOKORON-SHINSHA.INC.  耽美的な『刺青』『麒麟』などの作品で、自然主義が隆盛を極めていた明治時代の文壇に大きな衝撃を与えた作家・谷崎潤一郎。『痴人の愛』『春琴抄』『細雪』など、完璧に構築された物語は、日本だけでなく世界中の人々を魅了してきた。79歳で世を去るまで、独自の文学を展開し続けた日本を代表する作家である。  2015年は、谷崎潤一郎没後50年という節目の年。谷崎の豊かな文学世界を網羅し…

もっと見る

上橋菜穂子が国際アンデルセン賞作家賞 しりあがり寿が紫綬褒章の快挙!【出版ニュース2014】

上橋菜穂子が国際アンデルセン賞作家賞 しりあがり寿が紫綬褒章の快挙!【出版ニュース2014】

『精霊の守り人』(上橋 菜穂子/新潮文庫) 3月24日に『精霊の守り人』などのファンタジー小説作家・上橋菜穂子が児童文学のノーベル賞とまでいわれる国際アンデルセン賞の作家賞を受賞。日本では1994年のまど・みちお以来、2人目の快挙となった。 4月の春の叙勲では、本誌連載中のマンガ家・しりあがり寿が紫綬褒章を受章し、世間を驚かせた。 今年の芥川賞・直木賞は、第150回芥川賞が小山田浩子の『穴』、同直木賞が姫野カオルコの『昭和の犬』、朝井まか…

もっと見る

『ねつでやすんでいるキミへ』しりあがり寿 原画展開催

『ねつでやすんでいるキミへ』しりあがり寿 原画展開催

『ねつでやすんでいるキミへ』(しりあがり寿/岩崎書店)  漫画家・しりあがり寿さんの新刊絵本『ねつでやすんでいるキミへ』の原画展が、2013年6月24日(月)から29日(土)まで、東京・北青山ギャラリーハウスMAYAで開催される。  2012年、大震災直後の不安と混乱に揺れる人々をありのまま描いた『あの日からのマンガ』で、文化庁メディア芸術祭「マンガ部門」優秀賞を受賞した、しりあがり寿さん。  そのしりあがりさんが描いた新作絵…

もっと見る

しりあがり寿11年半におよぶ連載を完全単行本化!WEBで立ち読みも

しりあがり寿11年半におよぶ連載を完全単行本化!WEBで立ち読みも

『ダ・ヴィンチ』で11年半にわたり連載されていた、しりあがり寿による漫画「オーイ♥メメントモリ」と「ほーい♥メメントモリ」が1冊の単行本『オーイ♥メメントモリ 完全版』となって刊行された。 F1サーキットに乙女ロード、パワースポット、猫カフェ等々あらゆる話題の場所を訪れてそこに漂う生と死の臭いを描き出した、いまを生きる人々におくるメッセージが詰まった、あかるい「死生観」の教科書。 収録されているのは全部で137話と、完全版と呼ぶのにふさわしいか…

もっと見る

2011年下半期 人気レビューランキング <生きかた・働きかた編> ベスト5

2011年下半期 人気レビューランキング <生きかた・働きかた編> ベスト5

昨年下半期によく読まれた人気レビューランキング。 今回は生きかた、働きかたを考える本を紹介するラコ! 5位の『終末のフール』、あと3年で地球が滅びるとしたら、 ぶっくらこは大好きなたらこスパゲティを毎日食べたいな・・・。   2011年下半期 人気レビューランキング <生きかた・働きかた編> ベスト5 40歳は人生の折り返し地点?それとも新たな人生の出発点? 決めるのはあなた自身!?  …

もっと見る

世界のコミックス作家がみた3.11 展覧会開催中!

世界のコミックス作家がみた3.11 展覧会開催中!

 東北支援イラスト集『マグニチュード9』の日本版『マグニチュード・ゼロ』発刊を記念して、現在京都国際マンガミュージアムで展覧会が開催されている。5月16日(水)からは東京での展示も決定した。  『マグニチュード9』はフランスのコミック作家たちが発起人となって、東日本大震災からの復興を支援する目的で作られたイラスト集。日本版は同書から約60点を厳選、日本のクリエイターの作品約60点を加え『マグニチュード・ゼロ』として3月に刊行された。  安齋肇、…

もっと見る