読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

「鈴木光司」の関連記事

バーチャル小説家アイドル・文野はじめが上海で始動! 日中合同小説プロジェクトも!

バーチャル小説家アイドル・文野はじめが上海で始動! 日中合同小説プロジェクトも!

2016年12月16日(金)、ディスカヴァー・トゥエンティワンが中国出版社とタッグを組み、次世代の才能を発掘・メディアミックス展開させる2つの合同プロジェクトの始動を発表した。 バーチャル小説家アイドル、文野はじめの新レーベルが上海で始動! 「“バー…

もっと見る

都市伝説の恐怖に挑んだ、この夏必読のホラーエンターテインメント

都市伝説の恐怖に挑んだ、この夏必読のホラーエンターテインメント

鈴木光司の『リング』刊行から25年、都市伝説ホラーの新たな傑作が誕生した。澤村伊智の『ずうのめ人形』(KADOKAWA)は、ある都市伝説が現実を侵食してゆく怖さをサスペンスフルに描いた、危険なフィクションである。 オカルト雑誌の編集者をしている主人公…

もっと見る

秋のホラー作品ポイント2倍キャンペーン実施中!(10/31まで)

秋のホラー作品ポイント2倍キャンペーン実施中!(10/31まで)

電子書籍ストアのBOOK☆WALKERでは、秋のホラー作品ポイント2倍キャンペーンを実施中。10月31日(木)までの期間限定で対象作品を購入するとポイントが2倍になる。 絶体絶命究極の状況を描く5編を収録した山田悠介のサバイバルノベル『ブレーキ』や、榎田ユウ…

もっと見る

注目の新刊 『タイド』 ダ・ヴィンチ2013年10月号

注目の新刊 『タイド』 ダ・ヴィンチ2013年10月号

少女の異変、瞬時に形を変える土偶、鳥からの謎のメッセージ。そして、大島の火口に身を投げた貞子の母・志津子の秘密。予備校講師の柏田は貞子の秘密、そして、その怨念の正体に行き着く——。映画『貞子3D2』公開にあわせて発表される『リング』シリーズ最新…

もっと見る

この夏読みたいホラーサスペンス特集 『リング』567円→208円(9/5まで)

この夏読みたいホラーサスペンス特集 『リング』567円→208円(9/5まで)

8月30日に映画『貞子3D2』が公開されるにあたり、電子書籍ストアBookLive! では、鈴木光司の『リング』が半額で読めるキャンペーンを実施中。通常567円のところ、208円(税込)で読むことができる。 【『リング』あらすじ】 幼い息子を海で亡くした監察医の…

もっと見る

作家・鈴木光司氏も体験&絶賛! 本好きのためのシンプル電子書籍リーダー「Lideo」の魅力

作家・鈴木光司氏も体験&絶賛! 本好きのためのシンプル電子書籍リーダー「Lideo」の魅力

「Lideo(リディオ)」は「読みたい」のすぐそばに、というキャッチフレーズの通り、電子書籍を読むことに特化したシンプルさが特徴。その便利さを電子書籍初心者という作家・鈴木光司さんに試してもらいました。さて、その感想は? 電子書籍リーダーはSimpl…

もっと見る

鈴木光司 『リング』シリーズの根源的なテーマは“善と悪”

鈴木光司 『リング』シリーズの根源的なテーマは“善と悪”

ダ・ヴィンチ7月号では、『リング』シリーズの原作者である鈴木光司さんのインタビューが掲載されている。鈴木さんの最新作『エス』(角川書店)は現在大ヒット公開中の映画『貞子3D』の原作で、実は小説よりも映画化の話が先にあったという異例の作品だ。 …

もっと見る

人類絶滅を救う最大の鍵は多様性 そして、この世界を愛すること

人類絶滅を救う最大の鍵は多様性 そして、この世界を愛すること

一本のダビングテープで日本中を未曾有の恐怖に陥れた『リング』シリーズ。そして今、再びあの“貞子”の物語が幕を開けた。少女4人を猟奇的に殺害したとして逮捕された男(柏田)が死刑に処せられる直前に書き遺した“S”の文字。ネット上にさまよう不気味な動…

もっと見る