読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

鈴木光司

職業・肩書き
作家
ふりがな
すずき・こうじ

「鈴木光司」のおすすめ記事・レビュー

バーチャル小説家アイドル・文野はじめが上海で始動! 日中合同小説プロジェクトも!

バーチャル小説家アイドル・文野はじめが上海で始動! 日中合同小説プロジェクトも!

 2016年12月16日(金)、ディスカヴァー・トゥエンティワンが中国出版社とタッグを組み、次世代の才能を発掘・メディアミックス展開させる2つの合同プロジェクトの始動を発表した。

バーチャル小説家アイドル、文野はじめの新レーベルが上海で始動!  「“バーチャル小説家アイドル”文野はじめ」が作家を務める小説レーベル「NOVELiDOL(ノベライドル)」は、2014年12月にディスカヴァー・トゥエンティワンの新小説プロジェクトとして発表され、二次元の小説家というコンセプトが反響を呼んだ。2016年に上海の大手出版社・上海世紀がライセンス契約を締結。文野はじめをプロデューサーに迎え、新レーベルを立ち上げると発表し、8月に行われた中国版・文野はじめのお披露目および記者発表会には多くのファンが来場した。 中国版「文野はじめ」の新ビジュアル

日本版ビジュアル

中国版ビジュアル

 同レーベルは北京の大手映画会社「北京鳳儀社」と連携し、映像化・舞台化・コンサートなど360度展開を進める予定で、中国ではすでに2名の作家が「NOVELiDOL」からデビューしている。発…

全文を読む

都市伝説の恐怖に挑んだ、この夏必読のホラーエンターテインメント

都市伝説の恐怖に挑んだ、この夏必読のホラーエンターテインメント

『ずうのめ人形』(澤村伊智/KADOKAWA) 鈴木光司の『リング』刊行から25年、都市伝説ホラーの新たな傑作が誕生した。澤村伊智の『ずうのめ人形』(KADOKAWA)は、ある都市伝説が現実を侵食してゆく怖さをサスペンスフルに描いた、危険なフィクションである。

オカルト雑誌の編集者をしている主人公の藤間は、変死を遂げたライター・湯水の自宅マンションに残されていた手書き原稿に興味を抱く。そこには「ずうのめ人形」という呪われた都市伝説と関わることになった孤独な少女・里穂の日常が描かれていた。藤間よりも先に原稿を読み終えた大学院生・岩田は、目の前に日本人形がいる、と謎の言葉を残して死亡。湯水も岩田も死体からはなぜか両目がくり抜かれていた。 「ずうのめ人形」の呪いは今も生きている。しかもそれは文字を介しても伝わるのだ! そう気づいた時には、藤間もすでに原稿を読み、呪いにかけられた後だった。彼の視界に喪服を着た日本人形が現れて、じわじわと向こうから近づいてくる……。

「この話を聞いたら×日後に死んじゃうんだって」「◯△さんの話を聞いて一週間後、枕元に◯△さんが…

全文を読む

秋のホラー作品ポイント2倍キャンペーン実施中!(10/31まで)

秋のホラー作品ポイント2倍キャンペーン実施中!(10/31まで)

 電子書籍ストアのBOOK☆WALKERでは、秋のホラー作品ポイント2倍キャンペーンを実施中。10月31日(木)までの期間限定で対象作品を購入するとポイントが2倍になる。

絶体絶命究極の状況を描く5編を収録した山田悠介のサバイバルノベル『ブレーキ』や、榎田ユウリの妖怪探偵小説『妖奇庵夜話 その探偵、人にあらず』、鈴木光司のヒット作『リング』や『エッジ』ほか、13作品がラインナップしている。

詳しくは公式サイトで! 対象作品詳細ページ BOOK☆WALKER公式ページ

全文を読む

注目の新刊 『タイド』 ダ・ヴィンチ2013年10月号

注目の新刊 『タイド』 ダ・ヴィンチ2013年10月号

少女の異変、瞬時に形を変える土偶、鳥からの謎のメッセージ。そして、大島の火口に身を投げた貞子の母・志津子の秘密。予備校講師の柏田は貞子の秘密、そして、その怨念の正体に行き着く——。映画『貞子3D2』公開にあわせて発表される『リング』シリーズ最新作。

全文を読む

この夏読みたいホラーサスペンス特集 『リング』567円→208円(9/5まで)

この夏読みたいホラーサスペンス特集 『リング』567円→208円(9/5まで)

 8月30日に映画『貞子3D2』が公開されるにあたり、電子書籍ストアBookLive! では、鈴木光司の『リング』が半額で読めるキャンペーンを実施中。通常567円のところ、208円(税込)で読むことができる。

【『リング』あらすじ】 幼い息子を海で亡くした監察医の安藤は、謎の死を遂げた友人・高山竜司の解剖を担当した。冠動脈から正体不明の肉腫が発見され、遺体からはみ出た新聞紙に書かれた数字は、ある言葉を暗示していた。……「リング」とは? 死因を追う安藤が、ついに到達する真理。それは人類進化の扉か、破滅への階段なのか。史上かつてないストーリーと圧倒的リアリティで、今世紀最高のカルトホラーとしてセンセーションを巻き起こしたベストセラー。

半額期間は9月5日まで。

詳しくは公式サイトで! BookLive!

全文を読む

作家・鈴木光司氏も体験&絶賛! 本好きのためのシンプル電子書籍リーダー「Lideo」の魅力

作家・鈴木光司氏も体験&絶賛! 本好きのためのシンプル電子書籍リーダー「Lideo」の魅力

「Lideo(リディオ)」は「読みたい」のすぐそばに、というキャッチフレーズの通り、電子書籍を読むことに特化したシンプルさが特徴。その便利さを電子書籍初心者という作家・鈴木光司さんに試してもらいました。さて、その感想は?

電子書籍リーダーはSimple is the Best!

鈴木光司 すずき・こうじ●1957年、静岡県生まれ。90年、『楽園』で第2回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞しデビュー。91年に上梓した『リング』がベストセラーとなり、映像化もされるなど大ブームを起こした。96年『らせん』で第17回吉川英治文学新人賞を受賞。今年5月、新国立劇場にて自らの脚本による舞台『SADAKO』上演予定。

 電子書籍の恩恵をもっとも感じやすいのは誰か。それはもう間違いなく「たくさん本を読む人」だろう。何冊もの本を1つの端末に入れて持ち歩きでき、所蔵スペースという頭の痛い問題から開放されるのはとても魅力的だ。

 しかし、いざ端末を選ぶとなるとついつい迷いが生まれる。1台で万能のタブレットがいいのか、それとも電子書籍専用機がいいのか……。

 そんな優柔不…

全文を読む

鈴木光司 『リング』シリーズの根源的なテーマは“善と悪”

鈴木光司 『リング』シリーズの根源的なテーマは“善と悪”

 ダ・ヴィンチ7月号では、『リング』シリーズの原作者である鈴木光司さんのインタビューが掲載されている。鈴木さんの最新作『エス』(角川書店)は現在大ヒット公開中の映画『貞子3D』の原作で、実は小説よりも映画化の話が先にあったという異例の作品だ。

インタビューでは、新作誕生秘話のほか、『リング』シリーズを貫くテーマである“善悪の問題”について語っている。さらには、現在鈴木さんが務める「少子化への対応を推進する国民会議委員」にも話が及び、独自の少子化対策論も展開している。

■鈴木光司最新作『エス』(角川書店)1575円 2003年の終わり、少女4人を殺害したとして逮捕された男・柏田。彼はただ“S”という文字のみを書き遺し、死刑に処された。それからまもなく仕事先の社長からネット上に流出した首吊り自作の動画を渡された孝則。日々、不気味に変化する動画の謎を探るうち孝則は、愛する婚約者・赤ねと動画との驚愕の関係に辿り着く――。

(ダ・ヴィンチ7月号「『エス』 鈴木光司」より)

全文を読む

人類絶滅を救う最大の鍵は多様性 そして、この世界を愛すること

人類絶滅を救う最大の鍵は多様性 そして、この世界を愛すること

 一本のダビングテープで日本中を未曾有の恐怖に陥れた『リング』シリーズ。そして今、再びあの“貞子”の物語が幕を開けた。少女4人を猟奇的に殺害したとして逮捕された男(柏田)が死刑に処せられる直前に書き遺した“S”の文字。ネット上にさまよう不気味な動画──。本書『エス』には、より進化した謎と恐怖が重厚かつダイナミックに展開されていく。しかも本書は、現在公開中の映画『貞子3D』とも、きっちりリンクしているのである。

「そもそもこの企画が持ち上がったのは、2年前。普通はまず原作があって、それから2~3年後ぐらいに映画化になるものなんだけど、今回は原作よりも映画化の話が先にありきで──、それってあり得ないよね?(笑)。しかも、そのとき俺にはまだ片づけなきゃいけない仕事があったので、それをすべて書き終えたらやると。それでとりあえず1年前ぐらいにまずは映画のほうの原案、簡単なシノプシスみたいなものを創って出して、それからやっと小説にかかったという感じだったんだよね」

 まさに異例の誕生秘話。でもそれは、それだけこの『リング』シリーズが時代を超えて多くの人を惹きつ…

全文を読む

「鈴木光司」のおすすめ記事をもっと見る

「鈴木光司」のレビュー・書評をもっと見る

「鈴木光司」の本・小説

地球を走る アメリカ横断オートバイ旅行記

地球を走る アメリカ横断オートバイ旅行記

作家
鈴木光司
出版社
集英社
発売日
2001-08-24
ISBN
9784087745412
作品情報を見る
海の怪

海の怪

作家
鈴木光司
出版社
集英社
発売日
2020-09-04
ISBN
9784087880403
作品情報を見る
ゆがんだ闇 (角川ホラー文庫)

ゆがんだ闇 (角川ホラー文庫)

作家
小池真理子
篠田節子
鈴木光司
瀬名秀明
小林泰三
坂東 真砂子
出版社
角川書店
発売日
0000-00-00
ISBN
9784041880043
作品情報を見る
ブルーアウト

ブルーアウト

作家
鈴木光司
出版社
小学館
発売日
2015-12-03
ISBN
9784093864305
作品情報を見る
絆 (カドカワノベルズ)

絆 (カドカワノベルズ)

作家
小池真理子
瀬名秀明
小林泰三
鈴木光司
篠田節子
坂東 真砂子
出版社
角川書店
発売日
1996-08-01
ISBN
9784047850071
作品情報を見る
樹海 (文春文庫)

樹海 (文春文庫)

作家
鈴木光司
出版社
文藝春秋
発売日
2018-02-09
ISBN
9784167910167
作品情報を見る
タイド (角川ホラー文庫)

タイド (角川ホラー文庫)

作家
鈴木光司
出版社
KADOKAWA/角川書店
発売日
2016-03-25
ISBN
9784041039946
作品情報を見る

「鈴木光司」人気の作品ランキングをもっと見る

「鈴木光司」の関連画像・写真

「鈴木光司」の関連画像・写真をもっと見る