読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「澁澤龍彦」のレビュー・書評

ヌード鑑賞の入門書! 澁澤龍彦による“裸婦”に潜むエロスの徹底解剖

ヌード鑑賞の入門書! 澁澤龍彦による“裸婦”に潜むエロスの徹底解剖

『裸婦の中の裸婦(河出文庫)』(澁澤龍彦・巖谷國士/河出書房新社) “裸婦”、すなわち裸の女性は、絵画や写真、彫刻、人形にいたるまで、さまざまな芸術作品の中に見られる。芸術作品の中、もしくは実際に目の前に存在する裸婦を眺めたとき、単なる性的刺激にとどまらない“壮大で奥深いエロティシズム”に圧倒された経験はないだろうか?  優れた裸婦像の美しさは、時として単純な女体の美しさを通り越し、得も言われぬ感動を与えてくれる。それゆえ、裸婦の写真や絵画、彫刻などを…

もっと見る

児童文学の原点はペロー童話にあり、大人になった今だからこそ読みたい童話集

児童文学の原点はペロー童話にあり、大人になった今だからこそ読みたい童話集

最近、映画「長ぐつをはいたネコ」がとっても気になっています、本間です。 でも実は原作を読んだこともなくストーリーも全く知りません! ただ、幼い頃にファミコンのゲームの「長靴をはいた猫」は遊んでいた記憶があり、その頃から「どんなお話なんだろう…」と密かに気になっていた作品。今回の映画化を機に改めて原作が読みたくなりました。 というところでシャルル・ペローの「長靴をはいた猫」をご紹介します。 “ペロー童話”というとあまり聞き慣れない感じですが、誰しも耳にしたこと…

もっと見る

想像力の迷宮に迷い込んだような幻の生き物たちをめぐる驚異の蘊蓄学

想像力の迷宮に迷い込んだような幻の生き物たちをめぐる驚異の蘊蓄学

澁澤龍彦というお方は、昭和を代表する知と想像力の巨人です。もっというと、知と想像力だけの巨人です。現実というものが、へたをすると欠落する。 たとえば今僕たちは、めずらかなものに触れたくて、希有なるものを食べたくて、そして少しは知見を広めたくって海外旅行に行ったりします。でも、世界中のけったいなものを頭の中に蒐集しまくって生きていた澁澤さんは、外国を飛び歩いたりは絶対にしませんでした。なぜなら、「(本に)書いてあるのになぜ出かけなければならないのか」というのです。…

もっと見る