恋愛に悩んだ経験のある女性なら共感度100%。甘い幻想をはいで真髄をつくカクタ節にジ~ン!

小説・エッセイ

2011/1/8

さすが、直木賞作家。 たぶん、肩の力を抜いてさらりと描いた恋愛観が、オトコという種族の洞察になっている。 「ふつう」をモットーとする著者が「珍妙な恋愛をしつつ、読んだ本の珍妙な感想をつぶやきつつ、ごくふつうにすぎていく日々をつづったエッセイ」である。最初の「恋愛プリズム」の章では、「相性」「錯覚」「料理」「悪人」とい... 続きを読む