「なぜ人は人を叩くのか」内田 樹×名越康文×橋口いくよ 勝手に開催!国づくり緊急サミット

2013/2/22

思想家・内田樹、精神科医・名越康文、小説家・橋口いくよの三氏が語り合うダ・ヴィンチ本誌人気連載「勝手に開催! 国づくり緊急サミット」。この連載をまとめた書籍化第2弾『本当の大人の作法』がいよいよ3/1(金)に発売! そこで、書籍の発売を記念して、単行本用の書き下ろし原稿の一部を、毎週木曜日に特別公開致します!!

文=橋口いくよ 写真=川口宗道

バッシングのスタートラインとは

橋口 今回は「バッシング」。つまり、人を叩く行為についてです。今は、ネット上でもそこら中で人が叩き叩かれているわけですが、なんでそんなに簡単に「叩く」ってことが起こるんでしょう? とんでもない失言をしたわけでもないのに、ちょっとしたことで叩かれてブログやツイッターが大炎上なんていうことがありますよね。芸能人や有名人だけではなく、今はもう突然誰でも叩かれる状況にあるという……。

名越 それは叩く人たちが、まず「あのことぐらい、俺でも言える」とか「あれぐらい、私でもできる」という思いから何か言い始めるからなんです。

橋口 前回もお話に出た「同化」状態ということですよね。

名越 はい。

内田 あれくらいのことなら自分にだってできる。そう思ってる人が嫉妬するの。ほとんど同じで、違うところはもう名前ぐらいしかないじゃん、だったら俺と入れ替わり可能じゃん。そこまでゆくと、最終的には「なんで俺の取り分をおまえが持っていくんだよ」ってことになる。嫉妬の出発点は一体化幻想なんだよね。

名越 自我肥大の極みですよね。

橋口 私だと物を書くのが仕事だから、叩かれる時は「自分だってあれぐらい書ける」みたいなことを言われるんだろうけど、それは同化なのか。

名越 うん。そういう人、本当に多いんですよ。

橋口 そういえば、以前なぜか「あなたのことを悪く言う人は、結局ファンだと思うんです。だから、もしいたとしても許してやってください」ってメールが来たことがありました。えっとじゃあ、その人は……。

名越 それは、ものすごい自我肥大ですよ。誰かを叩く人たちに代わって「自分が謝る」とか言うのはもう完全にナルシズム。だって自分がヒーローになっているんだもん。「私が謝ったから許してやれよ」っていうのは、その地域の有力な親分みたいなものじゃないですか。

橋口 同化って進むともう、その相手だけじゃなく、それをとりまくいろんなものにまで広がってしまうんですね。