読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ドバラダ門 (朝日文庫)

ドバラダ門 (朝日文庫)

ドバラダ門 (朝日文庫)

作家
山下洋輔
出版社
朝日新聞出版
発売日
2017-12-07
ISBN
9784022648693
amazonで購入する

ドバラダ門 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

MICK KICHI

小説部分はスラップスティック、SFと何でもありの展開が面白く読めた。監獄史、明治史が個人的に退屈…。そこだけ飛ばしても面白い(笑)

2019/04/29

らぱん

予想よりもずっと面白かった。ルーツを辿る旅と幕末歴史小説とSFめいたスラップスティックが合体した奇書で500頁超の大作。 祖父が明治時代の歴史的建造物の設計者だとわかった著者がそれを追いかけると、さらに先代は明治維新に関わった人物だったと知る。大活躍した人物ではない幕末のリアリティ。西南戦争や西郷隆盛の変心(変容?)の不可解さは、鹿児島(薩摩)の特殊性を理解し腑に落ちる。前衛的な著者自身の性向や芸術的表現を祖先や薩摩人に重ねてレジスタンスとみるのも一興で、山場になる時空を超えたゲリラライブがすごかった。↓

2020/03/07

Akito Yoshiue

もっと早く読んでおけば良かった!こんなに面白いとは・・・。とにかくおススメです。

2018/06/28

たな

近代監獄制度に関心があり、かねてより知っていたこの本が文庫化されるにあたって購入した。他の人の感想にもある通り、筒井康隆氏の叙述テクニックを参考にしている分、脱線や寄り道が少なからずあって、それになれるまでが読みづらかった。鹿児島をはじめとする近代日本の著名監獄の設計にかかわったとされる山下啓次郎は、生真面目な官僚だったから監獄を作ったのか、それとも日本で初めて近代的な監獄を創ることの独創性に魅了されたのか、その両者が混在しているように思われた。

2018/02/27

カツェ

「西郷どん」前にあえてこの1冊。進行中の取材と、ファミリーヒストリー的な先祖話とをはちゃめちゃに書くの、けっこうな発明だと思ったけど、筒井康隆にならっているのか。よいとおもいました。

2018/01/07

感想・レビューをもっと見る