読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

穂村弘

職業・肩書き
作家
ふりがな
ほむら・ひろし

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

エッセイスト

「穂村弘」のおすすめ記事・レビュー

短歌ください 穂村弘 応募コーナー

短歌ください 穂村弘 応募コーナー

ダ・ヴィンチの穂村弘さん連載「短歌ください」では、短歌を募集しています。 応募フォームより必要事項を入力して、短歌をお送りください。

今回のテーマ 『舌』 or 『自由詠』

※締め切り 1月31日(木)着まで ※いただいた短歌は穂村さんが読んだ上で、連載原稿に取り上げられることがあります。 ※未発表のものに限らせていただきます。 ※「自由詠」は随時受け付けています。 ※弊社プライバシーポリシーをご確認いただき、同意の上ご応募ください。

応募フォームを表示する

<個人情報について> ご提供いただきました個人情報は『短歌ください』でのみ使用いたします。 それ以外の目的で使用することはありません。 詳細につきましては、弊社プライバシーポリシーをご覧ください。 「ダ・ヴィンチ」ページへ戻る

全文を読む

【ダ・ヴィンチ2017年6月号】目次をチェック!

【ダ・ヴィンチ2017年6月号】目次をチェック!

●特集1 文字に滲むのは、彼らの素顔 男を、読む

◎[描き下ろしトビライラスト]おかざき真里 なぜ、男たちのエッセイはこれほど読まれるのか? [グラビア&インタビュー]大泉 洋/若林正恭(オードリー)/星野 源 ◎私小説から男を、読む 円城 塔/羽田圭介 ◎男の読みかた 石井千湖/吉田 豪 ◎「男を、読む」ブックガイド ◎[インタビュー] 伊集院 静/ムロツヨシ ◎[描き下ろし]『私が読んだ男性エッセイ遍歴』 衿沢世衣子 ◎[書き下ろし] 『エゴサーチねるとん』 尾崎世界観(クリープハイプ)

●特集2 変わりゆく古都を歌人と歩く 穂村 弘 in 京都ワンダーランド

◎新しさと古さと驚きが共存 行きたくなる! 京都ワンダースポット ◎京都ワンダーツアー お買い物インタビュー&MAP ◎[競作] 正岡 豊×穂村 弘 短歌京都八景 ◎京都カルチャー対談 堀部篤史(誠光社店主) ×穂村 弘 ◎読みたい! 知りたい! 浸りたい! 京都の出版社“自薦ワンダー本”

●インタビュー 芦沢 央、越前敏弥、ジェーン・スー、杉江松恋、鈴峯紅也、星奏なつめ、知念実希人、堂場…

全文を読む

ニコニコ×月刊「短歌」がコラボ! 現代歌人をネットで発掘するプロジェクトを発足

ニコニコ×月刊「短歌」がコラボ! 現代歌人をネットで発掘するプロジェクトを発足

 ニコニコと短歌専門誌「月刊『短歌』」(発行:一般財団法人 角川文化振興財団)がまさかのコラボ! 両社は現代歌人発掘プロジェクト「歌ドカワ」を発足、ニコニコを通じて新しい短歌の才能を発掘し、ネットに短歌文化を根付かせることを目指すそうです。

 同プロジェクトでは「『歌ドカワ』短歌アワード」を開催。Twitterに投稿された短歌の中から、歌人・松平盟子と穂村弘、ニコニコで活躍する歌い手・ビートまりおが各お題で1首ずつ個人賞を選出し、さらにその中から、来年2月末に放送する「ニコニコ生放送」の番組視聴者アンケートで「『歌ドカワ』短歌アワード」を決定するとのこと。

 また本プロジェクトの関連番組として、短歌のおもしろさを学べる「『歌ドカワ』短歌講座」が本日12月27日(火)より放送開始。短歌好きの方は必チェックです!

「歌ドカワ」プロジェクト概要 ◆募集期間:2016年12月22日(木)~ 2017年1月31日(火) ◆選考結果発表:2017年2月末 ◆題:「自由題」、「リア充」 ※いずれを選んでも可 ◆選者:松平盟子、穂村弘、ビートまりお、「歌ドカワ」プロジ…

全文を読む

『魔女の宅急便』角野栄子、絵本作家・あべ弘士、歌人・穂村弘が贈るスペシャルトーク!

『魔女の宅急便』角野栄子、絵本作家・あべ弘士、歌人・穂村弘が贈るスペシャルトーク!

 児童文学作家・角野栄子、絵本作家・あべ弘士、歌人・穂村弘の3名によるスペシャルトークイベントが2015年1月18日(日)に星陵会館で行われる。

「子どもの本を通して国際理解を」という理念のもと、1974年に設立されたJBBY(社団法人日本国際児童図書評議会)。創立40周年の企画として開催されているのが、スペシャルトーク「子どもの本のこれから ――未来への贈りもの」。ホスト役を角野栄子さんが務め、毎回素敵なゲストを2名招いて行われる。これまでに3回開催されており、最終回となる今回のトークテーマは「ことばで描く」。数々の作品を世に出してきた、ユーモア溢れる3名の鼎談は見逃せない。

<角野栄子(かどの・えいこ)> 児童文学作家。ブラジルでの滞在体験を描いた『ルイジンニョ少年、ブラジルを訪ねて』で作家デビュー。野間児童文芸賞、小学館文学賞、IBBYオナーリストなどに輝いた『魔女の宅急便』は、スタジオジブリでアニメーション化され、2014年春には実写版映画が公開された。すべての業績に対して、巌谷小波文芸賞、東燃ゼネラル児童文化賞、紫綬褒章、旭日小綬章などが…

全文を読む

注目の新刊 『アンソロジー お弁当。』 ダ・ヴィンチ2013年12月号

注目の新刊 『アンソロジー お弁当。』 ダ・ヴィンチ2013年12月号

お弁当箱のふたを開けると、そこには楽しみがぎっしり。阿川佐和子、内田百閒、木内昇、東海林さだお、林真理子、穂村弘、山本周五郎などが綴ったお弁当にまつわる名エッセイ、41編を収録したアンソロジー。写真は『おべんとうの時間』で知られる阿部了が撮影。

全文を読む

注目の新刊 『えほん・どうぶつ図鑑』 ダ・ヴィンチ2013年11月号

注目の新刊 『えほん・どうぶつ図鑑』 ダ・ヴィンチ2013年11月号

天才画家と人気歌人が奇跡のコラボレーションを果たした。横尾忠則が描いた『聖レオニソスの家族』『出会い頭』などの作品に、穂村弘が幻想的な言葉を乗せる。絵の中に登場する動物たちをあなたの鋏で切り抜くことによって完成する、世にも不思議な絵本。

全文を読む

「ほんのまくら」でも圧倒的人気! 読みたくて震える穂村弘の言葉

「ほんのまくら」でも圧倒的人気! 読みたくて震える穂村弘の言葉

 今年の夏、紀伊國屋書店新宿店で行われ、大きな話題を呼んだ「ほんのまくら」フェア。本のタイトルや著者名を隠し、表紙には本の書き出し(=本の枕)だけを打ち出すという一風変わった催しで、“ジャケ買い”ならぬ“出だしの言葉買い”をする客でフェアの棚の前は連日大賑わいだった。

そんな「ほんのまくら」フェアで売り上げ1位に輝いたのは、歌人・穂村弘の詩集『求愛瞳孔反射』(新潮社:単行本、河出書房新社:文庫)。本書のまくらは、「あした世界が終わる日に一緒に過ごす人がいない」というもの。本の冒頭だけが勝負ゆえ、短歌で磨かれた穂村の言葉はインパクトも強かったようだ。

最近では、ちょっぴり自虐的なエッセンスが詰まったエッセイに中毒者も多い穂村。しかし、その“言葉力”の高さを味わえるのは、やはり歌集だろう。今回は、「ほんのまくら」1位記念に、これまで発表された『ドライ ドライ アイス』(沖積舎)、『シンジケート』(沖積舎)、『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』(タカノ綾:イラスト/小学館) といった歌集から、穂村の印象的な短歌を紹介したい。

まず、穂村といえば文化系女子…

全文を読む

小島慶子、角田光代も母がしんどかった!

小島慶子、角田光代も母がしんどかった!

 いま、母をしんどく感じる娘が増えている――。この現象について以前記事で取り上げたところ多くの反響が寄せられた。そんななか、作家の角田光代と元女子アナでラジオパーソナリティの小島慶子も対談で「母がしんどかった」過去について打ち明けている。

 対談が掲載されているのは『CREA』(文藝春秋)10月号の小島の連載。小島は、角田と穂村弘の共著『異性』(河出書房新社)に描かれている「会社に就職すればちゃんとした男性と結婚できて幸せになれると信じていたお母様と、作家を目指していた角田さんのバトル」が印象に残っていると話し、角田も「当時は、言葉が通じなくて参りました」と返答している。

 小島はさらに「親子だから、理解してもらわないといけないと感じて辛い人もいると思う」と言うと、「女の子だけが感じる、あの、不思議な罪悪感ってなんなんでしょうね。お母さんの望むとおりにしなかったことに申し訳なさとかね」と角田。両者とも、「真の意味での相互理解は諦めていい」と意見を一致させている。

 じつは、以前より「母親との距離」について綴ってきた2人。小島は著書『女子アナ以前~あの…

全文を読む

「穂村弘」のおすすめ記事をもっと見る

「穂村弘」のレビュー・書評をもっと見る

「穂村弘」の本・小説

現実入門―ほんとにみんなこんなことを? (光文社文庫)

現実入門―ほんとにみんなこんなことを? (光文社文庫)

作家
穂村弘
出版社
光文社
発売日
2009-02-01
ISBN
9784334745486
作品情報を見る
にょっ記 (文春文庫)

にょっ記 (文春文庫)

作家
穂村弘
出版社
文藝春秋
発売日
2009-03-10
ISBN
9784167753603
作品情報を見る
水中翼船炎上中

水中翼船炎上中

作家
穂村弘
出版社
講談社
発売日
2018-05-23
ISBN
9784062210560
作品情報を見る
ひとりの夜を短歌とあそぼう (角川ソフィア文庫)

ひとりの夜を短歌とあそぼう (角川ソフィア文庫)

作家
穂村弘
東直子
沢田 康彦
出版社
角川学芸出版
発売日
2012-01-25
ISBN
9784044054038
作品情報を見る
世界音痴〔文庫〕 (小学館文庫)

世界音痴〔文庫〕 (小学館文庫)

作家
穂村弘
出版社
小学館
発売日
2009-10-06
ISBN
9784094084412
作品情報を見る
ラインマーカーズ―The Best of Homura Hiroshi

ラインマーカーズ―The Best of Homura Hiroshi

作家
穂村弘
出版社
小学館
発売日
2003-05-01
ISBN
9784093874496
作品情報を見る
絵本の冒険 「絵」と「ことば」で楽しむ (Next Creator Book)

絵本の冒険 「絵」と「ことば」で楽しむ (Next Creator Book)

作家
小野明
五味太郎
荒井良二
祖父江慎
梨木香歩
穂村弘
高山なおみ
山下洋輔
石戸奈々子
tupera tupera
松川絵里
山口創
成田奈緒子
堀内日出登巳
香曽我部秀幸
柴田こずえ
兼森理恵
松原仁
出版社
フィルムアート社
発売日
2018-06-04
ISBN
9784845917075
作品情報を見る

「穂村弘」人気の作品ランキングをもっと見る

「穂村弘」の関連画像・写真

「穂村弘」の関連画像・写真をもっと見る