読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

朝日文庫時代小説アンソロジー 江戸旨いもの尽くし

朝日文庫時代小説アンソロジー 江戸旨いもの尽くし

朝日文庫時代小説アンソロジー 江戸旨いもの尽くし

作家
菊池 仁
今井 絵美子
宇江佐真理
北原亞以子
坂井希久子
平岩弓枝
村上元三
出版社
朝日新聞出版
発売日
2020-10-07
ISBN
9784022649683
amazonで購入する

朝日文庫時代小説アンソロジー 江戸旨いもの尽くし / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

料理小説はいつも読むのが楽しいです。そこに情が絡むのは更に大好きです。『江戸』市井人情アンソロジー7編。村上元三さんは未読の作家さんでしたが、他の6名は知った方ばかり。それだけでも十分に美味しく嬉しい。今日みたいに寒い日は「鱈の蕪蒸し」(坂井希久子さん『六花』)なんか食べたくなりました。

2020/10/30

タイ子

時代小説の担い手7人によるアンソロジー。シリーズ作品の中の一作に再び触れることができた嬉しい。残念なのは7人の女性作家のうち4人が鬼籍に入られていること。まだまだ読みたかった作家さんばかりなので残念です。どの作品も江戸人情がたっぷり出てていいですね。

2020/12/12

坂城 弥生

アンソロジーだけど、シリーズの中から抜き出したものが多くて、シリーズを知らないものはよくわからない部分もあった。でもいろんな作家さんを知るのにアンソロジーは一番いい。

2020/10/28

むつこ

江戸の料理が登場するアンソロジー集。読んでみたいなと思っていたシリーズ物の作家さんたちのラインナップをみて購入本。料理の扱い方も色々あって面白く、知ってる(読んでいた)話も改めて読めば空気感に安心する。早く新型コロナが落ちついて気軽に飲食店を訪問したいな。

2020/11/12

まみ〜

7人の作家さんによるアンソロジー📖シリーズ作品の一編ばかりで、なかなか入り込めなかった😓割と好きなのは今井絵美子先生の「立場茶屋おりき」と坂井希久子先生の「居酒屋ぜんや」かなぁ🎶これは本編を読んでみたくなった😌

2021/03/18

感想・レビューをもっと見る