読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

天職 (朝日新書)

天職 (朝日新書)

天職 (朝日新書)

作家
秋元康
鈴木おさむ
出版社
朝日新聞出版
発売日
2013-06-13
ISBN
9784022735102
amazonで購入する

天職 (朝日新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

鉄之助

「自分はいま、天職に就いているだろうか?」漠然と考えていたとき、この本に出会った。放送作家出身の超大物二人が、雑誌の対談で語った内容を補充再録。天職とは、「その仕事を面白がれているかが、すべて」である、という。維新の志士・高杉晋作の辞世の句とされる、「おもしろき こともなき世をおもしろく」が思い出された。「それ、おもしろいじゃん!」を発見するためには、とにかく「人と会う」。そして、自分の計算外のことが起きることを、愉しもう! とつくづく思った。

2020/08/02

ふ~@豆板醤

3。クリエイティブ志向の人なら参考になるのかも。ドヤも結構入ってたのでパラ読み。こういう世界もあるのね。「運の種って好奇心。自分が「おもしろそうだな」と思えるかどうか」「何かを始めるとき、必ずそこに「ひょんなことから」が入っている」「予定調和を壊していけ」「「やる」と「やろうと思った」の間の深い川」

2017/09/14

犬こ

業界では有名なお二人が会話形式で、業界に入ったきっかけ、今までやってきたこと、これからのこと語っています。期待していたものとは、違っていたけれど、とにかくすぐ行動する!です。

2016/05/29

みえ

この二人の対談。非常に期待して読んだ。どんなアクシデントでも笑いに持っていけるという鈴木おさむ。周りから批判されても自分がやりたいことをワクワクしながらやりきる秋元康。やはり二人はただ者じゃない。 今やろうと思ってたんだよ!という人が周りに多い。夢を語るだけの人が多い。耳の痛い話だ。 まとめは、やはり好奇心を持ち続けることが大事。いい本だった。

2017/03/13

としP

①彼ら、やっぱり楽しんでるんだね、仕事を。やりたいことやってるから。ホリエモンの『本音で生きる』と同じく、好きなことやろう。それが「天職」への第1歩。②失敗や不幸を面白がれるか。それが彼らプロデューサーに必要なんだろうね。HKT48 指原莉乃の『逆転力』につながってるんだろうね。

2017/08/28

感想・レビューをもっと見る