読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

寄居虫女 (単行本)

寄居虫女 (単行本)

寄居虫女 (単行本)

作家
櫛木理宇
出版社
KADOKAWA/角川書店
発売日
2014-08-26
ISBN
9784041018347
amazonで購入する

寄居虫女 (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

ホラーは少なからず読んでいるジャンルです。櫛木理宇は初読ですが、最近のホラー作品の中ではゾクゾク感満載で一気に読みました。やっぱり世の中で一番怖いのは人間なんでしょうね!バットマンのジョーカーを和風にして女性にすると山口葉月になるんだろなぁ!

2015/01/22

Yoko Omoto

人を食い物にする奴らは、仕掛けた罠に確実に誘導されてくれるであろうターゲット家族を周到に選ぶ。そしてそれぞれのウイークポイントを利用し、飴とムチを巧みに使い分けながら、狡猾な技をもって徐々に懐柔し支配していく。正常な思考があれば、置かれている状況のおかしさに気付いて然るべきなのだが、その思考能力を巧妙な手口で全て奪われたとしたら…。崩壊させるまでのプロセスが「尼崎連続殺人」などの洗脳事件と酷似していて背筋が寒くなる。幕切れは少々呆気なかったものの、家族の人格が破綻していく様はリアルで読みごたえがあった。

2016/06/21

YM

僕はたまに洗脳系の本が読みたくなる。洗脳というと仰々しいけれど、夫婦、親子、友達、上司と部下など、身近なところでも似たようなことは起こり得る。実際はたから見ると、あーもうコントロールされちゃってんのかなあって思う人を結構知っているし、僕自身も経験がある。なんなんだろうなあこの感覚って。人の目ばかり気にして、変な責任感に縛られて。自分のことは自分が一番分かっているって思うのは気のせいなんだろう。ほんとに人はあいまいだ。

2015/05/12

barabara

これは…櫛木さんの新境地なのか?それとも週刊誌の事件ルポに触発され編み出されたのか?じとーっとしてるなんてもんじゃなく、みるからに空恐ろしい乗っ取り婆の異常さをねっとりと嫌らしく、読む者をこれ以上ないくらいの不快さワールドへ送り込んでくれる…延々と続く乗っ取りの歴史…なのに何で!表紙が可愛すぎるじゃないか?!しかも婆さんじゃない!完

2014/08/27

machi☺︎︎゛

イヤミス⁇オゾミス⁇ホラー⁇どれもしっくりこないけど確実に言える事は、とにかく気分が悪い!!褒め言葉の方で!実際に北九州であった事件がモチーフになってるらしく所々リアリティもあり怖かった。その女を絶対に家に入れてはいけない。さもないと家族内で憎み合い、騙され合い、人間としての理性を奪われてしまう。全然逃げれるじゃん。なんて考えはその女の毒牙にかかってしまえば1%も無くなってしまう。でも最後まで諦めない人がいてくれて良かった!!

2020/03/03

感想・レビューをもっと見る