読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

天使・雲雀 (角川文庫)

天使・雲雀 (角川文庫)

天使・雲雀 (角川文庫)

作家
佐藤亜紀
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-08-25
ISBN
9784041092682
amazonで購入する Kindle版を購入する

天使・雲雀 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

小夜風

【所蔵】面白かったけどめちゃくちゃ読み難くて苦労した。第一次世界大戦前後のオーストリア=ハンガリー帝国を描く歴史物であり、特殊能力を訓練するSFであり、主人公ジェルジュの半生の物語。他者の思考を読み、操ることも出来る〈感覚〉という能力が、書かれていることをいくら読んでも情景がなかなか浮かばなくて、自分の想像力の足りなさに悲しくなった。話はとっても面白いのに、とにかくいろんなことが判り難くて、置いてけぼりにされながら読んでしまった印象。でも本当に読み応えがあり面白かった。世界史をもう一度勉強したくなった笑。

2021/06/11

きゃれら

第一次世界大戦をオーストリアから見た歴史スパイロマンとサイキックウォーという異質な要素を組み合わせた上に、「天使」「雲雀」とのタイトルで、そういうユニークさを全く感じさせない、という特異な作品。他の方の感想にもあるように、読み易いとは言えず、僕は物語から迷子になることが何度かあったが、ページをめくる手を止めることはできなかった。こういうのは、きっと、ほかの作家には真似できないんじゃないか。とても日本的な感じもあって、海外にもこういう作家はいない気がする。とにかく普通じゃなかった。

2021/06/25

鳩羽

飲んだくれのバイオリン弾きに育てられていたジェルジュは、他人の感覚を読んだり干渉したりする能力を持っていた。やがて顧問官と呼ばれる男に引き取られ、教育を授けられて、さらに能力を開花させていく。第一次世界大戦前のオーストリアで工作員のような仕事をしながら、誰のための、何のための仕事なのか分からないまま、ジェルジュは任務に翻弄されていく。…特殊な能力、環境にある主人公だが、成長や反発、出生が明らかになるところや、束の間の友情、女関係など、エピソードには王道感があって、重苦しい雰囲気ながらも楽しめた。

2020/10/13

本とフルート

「スイングしなけりゃ意味がない」に続き、佐藤亜紀さんの作品は2冊目。歴史的な背景を生かして切って、描き出された世界に没頭した。戦闘場面の迫力に、息づく人々との出会い、そしてもちろん筋書きもまた、夢中にさせてくれる。同じ第一次世界大戦を描いた作品でも、作者によって全く視点が異なることが興味深い。

2021/01/10

烏骨鶏

佐藤亜紀さんのこの作品は、十数年前の出会いからからずっと好きで欲しかったのですが手に入らず、文庫になっているのも知らずにいました。 少し手が入っているみたいだけど、でもこの方の作品で最も好きです。一次大戦前後のヨーロッパを舞台に生きる人たち。あらゆる場面が鮮やかに体感できる透明な文章。続きはもうないとわかっているけれど、もう一冊でないかな。。

2021/07/14

感想・レビューをもっと見る