読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

映画版 黒い家 (角川ホラー文庫)

映画版 黒い家 (角川ホラー文庫)

映画版 黒い家 (角川ホラー文庫)

作家
貴志祐介
大森寿美男
出版社
角川書店
発売日
1999-11-01
ISBN
9784041979044
amazonで購入する

映画版 黒い家 (角川ホラー文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

グレ

何度も読み返した「幽霊なんかよりドキ××イ人間の方が何倍も恐いとぞ」ホラーの金字塔にして第4回日本ホラー小説大賞ばunanimous=満場一致で獲得した『黒い家』の映画版ば今頃視聴。4人の子らを寝かしつけて妻と観るも、何度も繰り返す水泳シーンたんびにドデカイ水音がして娘から苦情(苦笑)学者がサイコパスについて語るショーパブの痩せのデカ乳ダンサーはMASH。“黄色いオバサン”大竹しのぶが「乳しゃぶれ~!!」とネブらせるシーンは乳だけ差し替え。このシーンのために通称「乳オーディション」ば開催したそう。落選者↓

2018/07/10

グレ

あの恐怖小説『黒い家』の、映画用シナリオ。こんな本あったのか!やたらホラーに強い須恵町立図書館で発掘。映画は未見だが、原作にはない小道具を上手に活かしているようだ。しっかし、やっぱり菰田は怖い……。あと、H本以外で袋綴じは初めて見た。

2016/12/11

読み人知らず

読んでいると映画を思い出します。袋とじは斬新なアイデアかも。

2013/01/15

感想・レビューをもっと見る