KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

貴志祐介

貴志祐介 写真=首藤幹夫
職業・肩書き
作家
ふりがな
きし・ゆうすけ

プロフィール

最終更新 : 2019-11-18

1959年1月3日生まれ、大阪府出身の小説家。日本推理作家協会、及び日本SF作家クラブ会員。中学生時代からミステリーやSF小説を読み始め、京都大学経済学部4回生のころから投稿を始める。同大学卒業後は朝日生命保険に入社し、30歳に同社を退社、執筆に専念する。1986年、「岸祐介」名義で「第12回ハヤカワ・SFコンテスト」に応募した『凍った嘴』が佳作入賞する。1996年、『十三番目の人格 ISOLA』(1996年、角川書店)で「第3回日本ホラー小説大賞長編賞」佳作を受賞、同作品で作家デビューを果たす。1997年には『黒い家』(1998年、角川書店)で「第4回本ホラー小説大賞」を受賞した。その後も、『青の炎』(2002年、KADOKAWA)で「第21回吉川英治文学新人賞」候補、及び「第13回山本周五郎賞」候補に選出。『硝子のハンマー』(2007年、KADOKAWA)で「第58回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)」受賞、『新世界より』(2008年、講談社)で「第29回日本SF大賞」受賞、2009年に「第30回吉川英治文学新人賞」候補に選出された。『悪の教典』(2012年、文藝春秋)では「第1回山田風太郎賞」、「第144回直木賞」候補など、多数の受賞及び受賞候補作品を執筆する。

その他の著作に『ダークゾーン』(2011年、祥伝社)、『天使の囀り』(2000年、角川書店)、『ミステリークロック』(2017年、KADOKAWA)、『雀蜂』(2013年、角川書店)、『極悪鳥になる夢を見る 貴志祐介エッセイ集』(2013年、青土社)など多数。

多重人格障害の女子高校生を巡って起こる不可解な事件の真相に迫るサスペンス・ホラー作品である『ISOLA』(2000年、東宝)をはじめ、『黒い家』(1999年、松竹)、『青の炎』(2003年、東宝)、『悪の教典』(2012年、東宝)などが映画化された。また、『鍵のかかった部屋』(2012年、フジテレビ、全11話)はテレビドラマ化された。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

1997年
『黒い家』第4回日本ホラー小説大賞
2005年
『硝子のハンマー』第58回日本推理作家協会賞
2008年
『新世界より』第29回日本SF大賞
2010年
『悪の教典』第1回山田風太郎賞

「貴志祐介」のおすすめ記事・レビュー

東京で暗躍するサイコキラー、中年詐欺師の大計画――ホラー・ミステリーの名作小説を一気読み【Kindle Unlimitedで読み放題の小説10選】

東京で暗躍するサイコキラー、中年詐欺師の大計画――ホラー・ミステリーの名作小説を一気読み【Kindle Unlimitedで読み放題の小説10選】

「物語の世界に溺れたい」。そんな気分の日は、せっかくならば、とびきり面白い小説に触れたいものだ。そこで今回は、月額料金980円(税込)で200万冊以上の書籍が読み放題となる「Kindle Unlimited」の中から、オススメの作品を10作品ご紹介する。紹介するのは、誰もが認める傑作ばかり。きっとあなたを虜にする1冊が見つけられるに違いない。

このまとめ記事の目次 ・新装版 殺戮にいたる病 ・じんかん ・ハサミ男 ・カラスの親指 by rule of CROW’s thumb ・すべてがFになる THE PERFECT INSIDER S&Mシリーズ ・護られなかった者たちへ ・夜は短し歩けよ乙女 ・エミリの小さな包丁 ・総理にされた男 ・青の炎

一体どこで騙された⁉二度読み必至、快楽殺人鬼の軌跡を追う衝撃エログロミステリー

『新装版 殺戮にいたる病(講談社文庫)』(我孫子武丸/講談社)

 頭を殴られたような衝撃に、思わず、絶句。放心。読む者を巧みに騙す叙述トリックを取り入れたエログロミステリーが『新装版 殺戮にいたる病(講談社文庫)』だ。

 描かれるの…

全文を読む

AV女優・紗倉まなが選ぶ! マンガ・惚れてはいけないオトコランキング

AV女優・紗倉まなが選ぶ! マンガ・惚れてはいけないオトコランキング

安心・安全なオトコはつまらない、ちょっと危ない方がいい―― 常套句ではあるが、周りを見回してみれば、キケンな匂いがしたり、ダメだったりする男がモテる傾向にあることは、やはり感じられる。 ヤクザな仕事をしていたり、定職に着かず夢を追っていたり……使い古された設定ではあるが、そうした男性にキュンと来てしまう女性は、いまだに多いのが実情だろう。そしてそういう恋愛は、不幸な結末になる可能性が高いことも、また事実かも知れない。 そこで今回は、超人気AV女優として活躍する傍ら、messyやGAZOOでコラムも担当するなど、多彩な才能を発揮している紗倉まなさんに、マンガに出てくる「(惚れちゃいそうだけど)惚れてはいけないオトコ」をランク付けしてもらった。 モテないことに悩む男性諸君、ここに意外な答えがあるかも!?

紗倉まなさん @sakuramana0000 http://blog.livedoor.jp/sakura_mana/ http://www.dclog.jp/sakuramana/

さくら・まな●1993年、3月23日生まれ。人気AV女優・タレントとし…

全文を読む

「サイコパスな人間の心理」 とは?!ホラー作品のクリエイター 作家・貴志祐介×ゲームクリエイター・三上真司が語る エンタメで描く「恐怖」 【『ダ・ヴィンチ』10月6日発売 対談ロングバージョン】

「サイコパスな人間の心理」 とは?!ホラー作品のクリエイター 作家・貴志祐介×ゲームクリエイター・三上真司が語る エンタメで描く「恐怖」 【『ダ・ヴィンチ』10月6日発売 対談ロングバージョン】

圧倒的な力を持つ正体不明の敵に対峙する恐怖……。発売前から話題沸騰の新作ゲーム『サイコブレイク』。『バイオハザード』を生み出した三上真司がディレクターを務める、サバイバルホラー作品だ。発売を記念し、作家・貴志祐介と三上が対談した。貴志といえば、サイコパスを描き映画化もされた『悪の教典』ほか、数々のホラー小説で人気を博している。ホラー作品のクリエイターふたりは、このゲームで描かれる「恐怖」の世界をどう語るのか。 取材・文=門賀未央子写真=首藤幹夫

「恐怖×エンタメ」を熱く語った三上真司(右)と貴志祐介(左)。

かつて「できなかったこと」をやったのが、この『サイコブレイク』です(三上真司) 小説家として、この表現力はうらやましいです(貴志祐介) 貴志:先ほど、『サイコブレイク』をプレイさせてもらいましたが、ゲームというものの進化に驚きました。グラフィックスにしろ、表現にしろ、ここまで来ているのかと思わされましたね。 三上:結構グロテスクな場面も出てくるのですが、映像的に拒絶感を感じたりする場面はありましたか? 貴志:いや、私はなかったです。むしろ、もっ…

全文を読む

和田正人「物心ついた頃から周囲は坂本龍馬でいっぱいでした」

和田正人「物心ついた頃から周囲は坂本龍馬でいっぱいでした」

毎月3人の旬な有名人ゲストがこだわりのある1冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載『あの人と本の話』。今回は、俳優集団D-BOYSの10周年記念公演「駆けぬける風のように」で主演を務める和田正人さんが登場。足はめっぽう速いが、剣術も学問もまるでダメな新選組隊士・立川迅助を演じるにあたり、幕末という時代に思いを巡らせるうちに気づいたこととは?

 四国は高知県、土佐の生まれである和田さん。

「土佐というところは、左を見ても右も見ても龍馬で溢れているんです。 ご当地コマーシャルのキャラクターもだいたいが龍馬(笑)。そんな環境で育ったので、自然と『龍馬ってすごい人だったんだなあ』と思うようになりました」

 それだけに龍馬と真反対の価値観で動く新選組には、やはり少し距離を感じてしまう。

「大政奉還の後、世の中がどんどん変わっていこうとしている時代に、あくまで古い価値観にこだわったのが新選組です。隊士それぞれが幕府への忠義や武士としての誇りをかけ、戦うことも厭わない。ですが、一方には戦いに異を唱える人間がいて、その代表格が坂本龍馬です。彼は、どこまでも…

全文を読む

注目の新刊 『極悪鳥になる夢を見る 貴志祐介エッセイ集』 ダ・ヴィンチ2013年11月号

注目の新刊 『極悪鳥になる夢を見る 貴志祐介エッセイ集』 ダ・ヴィンチ2013年11月号

『黒い家』『悪の教典』『新世界より』——。緻密で重厚なエンターテインメントを生みだし続けてきた貴志祐介とは、普段どんなことを考えているのか? 1996年の作家デビュー以来書かれたエッセイから、精選・抽出した「最初で最後かもしれない」エッセイ集。

全文を読む

尼崎事件はリアル『黒い家』か

尼崎事件はリアル『黒い家』か

 いま、世間を震撼させている兵庫県尼崎市の連続変死事件、通称“尼崎事件”。遺体遺棄容疑で逮捕された女性の周辺で行方不明者が続出しており、全容はまだ明らかにはなっていないが、その一方で、ネット上では尼崎事件と関連して、ある2冊の本が話題となっている。

 それは、1997年に日本ホラー小説大賞を受賞した、貴志祐介の『黒い家』(角川書店)だ。保険金殺人がテーマのこの作品は、1999年に内野聖陽・大竹しのぶらの出演で映画化され、2007年には韓国でもリメイクされるなど、いまなお「かなり怖い小説」との評価が高い。保険会社に勤める主人公が、生命保険に加入する顧客・菰田重徳の自宅で、息子の和也の首つり死体を発見することから物語は動き始めるのだが、たしかに、軒下から多数の遺体が発見される点や、首謀者が他人を精神的に追い込み、支配下におくという構図は、報道を通して伝えられている尼崎事件とダブらせて見る人が多いのもよくわかる。

 また、本作のキーパーソンである菰田重徳の妻・幸子が、和歌山県出身で京都に在住することから会話文も大阪弁で描かれているのだが、これも尼崎事件を…

全文を読む

血まみれの衝撃作『悪の教典』は次世代イケメンの宝庫!

血まみれの衝撃作『悪の教典』は次世代イケメンの宝庫!

 有能で善人の仮面を被ったサイコパス教師の凶行を描いた、貴志祐介のベストセラーを、鬼才・三池崇史が演出を手がけて話題の映画『悪の教典』。「海猿」シリーズで人気を得た伊藤英明が初の悪役でイメージを覆していることも特筆すべきだが、伊藤演じるバケモノ教師に惨殺されていく高校生役に、次世代を引っ張るフレッシュな若手俳優がそろっている点に注目だ。

映画界からひっぱりだこの林遣都、映画『ヒミズ』でベネチア国際映画祭“最優秀新人賞”を獲った二階堂ふみ&染谷将太コンビほか、オーディションには1800人以上が参加し、42名の生徒役が決まった。

特にチェックしておきたいのは、20歳以下のイケメンたち。例えば、アーチェリー部のエース役で存在感を放つのは、映画『告白』で犯人の少年を好演した西井幸人。2007年に歴代最年少でジュノンボーイのグランプリを受賞した竹内寿は、KYなおバカ男子に扮する。学年を取り仕切る不良役にはダルビッシュ有投手の実弟・KENTA。温厚なクラス委員役で、元プロ野球選手の工藤公康の長男・工藤阿須加が登場している。

同世代の若い男優たちが切磋琢磨する学園モ…

全文を読む

『悪の教典』購入で30%ポイント還元実施中!(11/15まで)

『悪の教典』購入で30%ポイント還元実施中!(11/15まで)

 電子書籍ストアhontoでは、11月10日(土)に公開を控えている映画の原作『悪の教典 (上・下)』(貴志祐介/文藝春秋)を購入すると、それぞれポイントが30%還元されるキャンペーンを実施中。 『悪の教典』は、犯罪者という裏の顔を持つ教師が引き起こす事件を描いたサイコ・ホラー作品。過去には直木賞や本屋大賞にもノミネートされた実績もあり、この秋、伊藤英明主演により実写化されることとなった。原作の下巻には、三池崇史監督による解説「蓮実聖司を愛する者として」も収録されている。この機会に映画と併せて原作を楽しんでみてはどうだろうか。

【ポイント対象】 各695円(税抜き)の30%が付与される。(1冊のみ購入も可)

詳しくは公式サイトで。 ⇒『悪の教典』キャンペーン詳細ページ

全文を読む

「貴志祐介」のおすすめ記事をもっと見る

「貴志祐介」のレビュー・書評をもっと見る

「貴志祐介」の本・小説

兎は薄氷に駆ける

兎は薄氷に駆ける

作家
貴志祐介
出版社
毎日新聞出版
発売日
2024-03-04
ISBN
9784620108711
作品情報を見る
我々は、みな孤独である

我々は、みな孤独である

作家
貴志祐介
出版社
角川春樹事務所
発売日
2020-09-15
ISBN
9784758413619
作品情報を見る
密室ミステリーアンソロジー『密室大全』 (朝日文庫)

密室ミステリーアンソロジー『密室大全』 (朝日文庫)

作家
青柳碧人
恩田陸
貴志祐介
中山七里
東川篤哉
出版社
朝日新聞出版
発売日
2023-07-07
ISBN
9784022651082
作品情報を見る
梅雨物語

梅雨物語

作家
貴志祐介
出版社
KADOKAWA
発売日
2023-07-14
ISBN
9784041125083
作品情報を見る
ほかの誰も薦めなかったとしても今のうちに読んでおくべきだと思う本を紹介します。 (14歳の世渡り術)

ほかの誰も薦めなかったとしても今のうちに読んでおくべきだと思う本を紹介します。 (14歳の世渡り術)

作家
雨宮処凛
新井紀子
森達也
村上陽一郎
木田元
柳澤 桂子
山崎ナオコーラ
吉田篤弘
上野千鶴子
大澤真幸
岡ノ谷一夫
恩田陸
中江有里
角田光代
金原瑞人
貴志祐介
工藤直子
小池龍之介
佐藤優
島田裕巳
辛酸なめ子
橘木俊詔
出久根達郎
長沼毅
石原千秋
野中柊
服部文祥
本田由紀
ホンマタカシ
森絵都
出版社
河出書房新社
発売日
2012-05-19
ISBN
9784309616735
作品情報を見る
秋雨物語

秋雨物語

作家
貴志祐介
出版社
KADOKAWA
発売日
2022-11-29
ISBN
9784041128947
作品情報を見る
黒い家 (Horror Comics)

黒い家 (Horror Comics)

作家
小野 双葉
貴志祐介
出版社
KADOKAWA
発売日
1999-12-01
ISBN
9784048531665
作品情報を見る
サイドストーリーズ (角川文庫)

サイドストーリーズ (角川文庫)

作家
東直己
冲方丁
貴志祐介
狗飼恭子
宮木あや子
貫井徳郎
誉田哲也
三浦しをん
笹本稜平
垣根涼介
中田永一
中山七里
ダ・ヴィンチ編集部
出版社
KADOKAWA/メディアファクトリー
発売日
2015-03-25
ISBN
9784041026113
作品情報を見る

「貴志祐介」人気の作品ランキングをもっと見る

「貴志祐介」の関連画像・写真

「貴志祐介」の関連画像・写真をもっと見る