読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

乱歩賞作家赤の謎 (講談社文庫)

乱歩賞作家赤の謎 (講談社文庫)

乱歩賞作家赤の謎 (講談社文庫)

作家
長坂秀佳
真保裕一
川田弥一郎
出版社
講談社
発売日
2006-04-14
ISBN
9784062753838
amazonで購入する

乱歩賞作家赤の謎 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ロッシーニ@めざせ正社員

長坂秀佳「『密室』作ります」→どことなく昭和っぽい文章だと思いました。 真保裕一「黒部の羆」→救いのある結末で良かったです。 川田弥一郎「ライフ・サポート」→犯人が意外なとこにいたのでびっくり! 新野剛志「家路」主人公にはちゃんと父と和解して欲しいです。 高野和明「二つの銃口」なんだか寒気のする結末でした。

2012/12/02

yamakujira

5人の乱歩賞作家を楽しめるアンソロジー。真保裕一の山岳ミステリーが収録されてると聞いて買ったら既読の作品だった。「灰色の北壁」に入ってたね。でも、おかげで3人の作家の文章を初読みできた。山岳モノということで「黒部の羆」がイチ押しだけれど、これは叙述トリックになるのかな。他の作品もそれぞれ面白かったけれども、「『密室』作ります」はピノコのキャラになじめず、「ライフサポート」はちょっとだらだらひっぱりすぎ、「家路」は達也が好きになれず、「二つの銃口」は設定が突飛すぎて、どれもまあまあだな。 (★★★☆☆)

2015/10/24

きさらぎ

このシリーズ、初読み。 この中では新野さんと真保さんの作品がよかった。高野さんは、短いがピリッと引き締まった作品。川田さんの作品、犯人はすぐに予想がついたが最後まで読ませるところがさすが。この中では、長坂作品だけが微妙だった…多分、ピノコのキャラクターのせい。可哀想な少女なんだけど、どうしても馴染めなかった。 でも、全員乱歩賞作家ということで、どれも読みごたえがあった。

2014/07/21

よっちゃん

乱歩賞作家の短編集。真保氏はホワイトアウトで見られるように登山に詳しそうだ。他の作品も楽しめた。

2016/01/03

ゆずりは

短いとはいえどれも読み応え十分。ただ、長坂作品のピノコのキャラに違和感を感じてちょっと好きになれなかった。高野作品の緊張感が好みだった。

2015/10/24

感想・レビューをもっと見る