読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

押井守のニッポン人って誰だ!? (TOKYO NEWS BOOKS)

押井守のニッポン人って誰だ!? (TOKYO NEWS BOOKS)

押井守のニッポン人って誰だ!? (TOKYO NEWS BOOKS)

作家
押井守
渡辺麻紀
出版社
東京ニュース通信社
発売日
2020-11-02
ISBN
9784065214701
amazonで購入する Kindle版を購入する

押井守のニッポン人って誰だ!? (TOKYO NEWS BOOKS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

意外と真面目な日本人論、というのが最初の印象。押井守の本なのだから、サブカルと絡めた論考を展開していくのかと思いきや、稲作が始まった古代から外国の文化を取り入れては編集を繰り返してきただとか、日本国憲法を基軸に戦後を解読したり、なんだか真っ当なのだ。とは言え、そこから語られる解釈は、例えば「日本は近代国家じゃないし、市民さえいない」や、SNSと民主主義は「人類には使いこなせないツール」と言ってみたりと、いかにもな押井節が展開されるのでひと安心。そして、映画『攻殻機動隊』と神道の関係性を(つづく)

2021/04/20

ひさか

コロナ禍の2020年3月〜7月に行われた渡辺麻紀さんとの対談をまとめ、2020年10月講談社から刊行。押井さんのニッポン人論。例によってユニークな考えがポンポン出てくる。小松さんの日本沈没に出てくる政界の黒幕の名セリフ「何もせんほうがええ」がニッポン人の拠り所であると説く押井さんが面白い。コロナ禍を考察するところもあり、示唆にとんだユニークな論考が楽しい。渡辺さんと織りなす、ボケとツッコミが絶妙で、うまい編集だなぁと感心しました。

2020/12/25

ユーキ

のんきに何にもせんほうがええなんて言えるのは、どこかでだれかが命はってるからにすぎなくて、それが分からない押井さんも結局平和ボケしてるだけなんだよね

2021/02/10

tomoki1201

「何もせんほうがええ」個人的にも思い当たるふしがありまくりです。

2020/11/12

いな

押井守監督によるニッポン人論。日本は近代国家ではない、何かあればお上がどうにかしてくれるのを待つ、結局は「なにもせんほうがええ」という、滅びることさえも受け入れる死生観をもった独特の民族である日本人。日本人の本質をついているような感じがする。

2021/02/03

感想・レビューをもっと見る