読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

やめるときも、すこやかなるときも (集英社文庫)

やめるときも、すこやかなるときも (集英社文庫)

やめるときも、すこやかなるときも (集英社文庫)

作家
窪美澄
出版社
集英社
発売日
2019-11-20
ISBN
9784087440447
amazonで購入する Kindle版を購入する

「やめるときも、すこやかなるときも (集英社文庫)」のおすすめレビュー

トラウマを抱えた家具職人と恋に臆病な32歳女子。“打算的な恋”の行方は――? 藤ヶ谷太輔×奈緒でテレビドラマ化!

『やめるときも、すこやかなるときも』(窪美澄/集英社)

「やめるときも、すこやかなるときも」――このフレーズを耳にすると、結婚式が頭に浮かぶ。晴れの場で永遠の愛を誓い合う恋人は希望に満ちていて、眩しい。だが、私たちは本当に1人の人間を支えようという覚悟を持ちながら「結婚」をしているのだろうか。窪美澄さんが手がけた小説『やめるときも、すこやかなるときも』(集英社)を手に取ると、そう考えさせられる。

 窪さんといえば、『ふがいない僕は空を見た』や『よるのふくらみ』(ともに新潮社)など、少し陰のある恋愛を巧みに描く天才だ。本作は2020年にテレビドラマ化が決定している注目作。主人公の壱晴を藤ヶ谷太輔さんが、桜子を奈緒さんが演じる。数ある窪作品の中でも、テレビドラマ化されるほど本作が支持を集めた理由は、現代人が抱える恋愛や結婚への恐怖感、焦りといった心の機微がリアルに描かれているからだ。

 読書メーターには、次のような感想が寄せられている。

“大切な人の死を受け入れられない男と恋の仕方を知らない女の恋愛小説なんて、よくあるかもって思っていました。けれども、こんな…

2019/12/11

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

やめるときも、すこやかなるときも (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

窪 美澄は、新作中心に読んでいる作家です。未読の本書の新刊文庫を図書館の新刊コーナーで見つけたので、読みました。本書は、昭和の匂いがする純愛物語の秀作でした。家具職人は、モテるのでしょうか?私の義弟は、家具職人です(笑)

2020/01/02

過去に悲しい経験をして、12月になると一時的に声が出なくなる壱晴と、恋愛経験の少ない桜子の恋愛小説。確かにピュアなお話なのですが私がもう少し若ければのめり込んでいたかもしれませんがいまいち響かず。。。ドラマ化したとのことで桜子を演じるのが奈緒さんというのはぴったりだなと思いました。職人が作る椅子に魅力を感じました。

2020/03/01

じいじ@只今、リハビリ中

読了して、まだ熱い余韻が胸の奥に残っている。12月のある日が近づくと、声がでなくなる奇病を抱えた家具職人の青年と、32歳まで処女を守る桜子のじれったい恋を描いた物語。430頁余の長編、最終章の50頁に感動のすべてを詰め込んだ、性愛描写のない窪美澄の純愛モノ傑作だ。家具作りの師匠・哲先生との最期の別れ。「こんなところに…もう、来なくていい。桜子さんから離れるなよ」と最期の声を振り絞る師匠。桜子の座る椅子を一日も早く仕上げろ!と目で命じる。前半の394頁は、この最終章を読ませるための序章だったのだのかも…。

2020/07/05

エドワード

今や30代も青春真っ只中である。家具職員の壱晴と印刷会社の桜子、ともに32歳。あるパーティーの夜に出会い、翌朝同じベッドにいた。壱晴の家具カタログを作る営業担当が桜子だったのだが、壱晴は全く覚えていない、というテレビドラマ?のような冒頭からは想像できない、二人の不器用さ。君ら高校生か?ウブな心の揺れがいいねぇ!そして語られる、壱晴の声が出なくなる心的外傷、17年前の松江での出来事。こんな純愛小説、久しぶりに読んだよ。二人が自分の気持に素直になる終幕の爽快感。壱晴クンの声が出なくなることはなくなったのね。

2019/12/02

Miyuki Usa

久しぶりに、本を読んで泣いた。するする泣いてた。こういう読書を忘れていた気がする。純愛物語と言えばそうとしか言えないストーリー(不純の混ざらない純愛などないという文章も含めて)。あとがきの山本文緒『窪美澄なのにエロがない。それを新境地と言われてる』に微笑。本筋から逸れるかもしれないけど、多くの恋愛物語の何が白けるって、二人の世界が過ぎて生活感がおざなりになるところ。この小説は、あるがままのバックグラウンドがあって、その中で恋にももがく現実味がもう、ままならなくてたまらない。人生ってそうだよね、と。

2020/01/05

感想・レビューをもっと見る