読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

2.5次元のトップランナーたち 松田 誠、茅野イサム、和田俊輔、佐藤流司

2.5次元のトップランナーたち 松田 誠、茅野イサム、和田俊輔、佐藤流司

2.5次元のトップランナーたち 松田 誠、茅野イサム、和田俊輔、佐藤流司

作家
門倉紫麻
出版社
集英社
発売日
2018-12-14
ISBN
9784087816617
amazonで購入する

「2.5次元のトップランナーたち 松田 誠、茅野イサム、和田俊輔、佐藤流司」の関連記事

ドラマよりもドラマチック! 私の人生を変えたプロレスの奇跡――『新日学園 内藤哲也物語 1』刊行記念トークイベントレポート(後編)

 ゴールデンウイーク最終日に下北沢B&Bで行われた『新日学園 内藤哲也物語』発売記念トークイベント。前編では、広く。さん、堀之内大介さん(BBB)の出会い、『新日学園 内藤哲也物語』の制作秘話などで盛り上がった。

 後編では、登壇者それぞれが、自分の人生とプロレスの関わりについて語った。参加者からも熱い告白が飛び出し、イベントは最高の雰囲気でエンディングを迎えた。  

“新・新闘魂三銃士”は、内藤・オカダ・飯伏だ!(堀之内)

 休憩をはさんで、さきほど言いかけた、内藤選手と飯伏選手の関係性について問われると「以前、棚橋さんが言っていた『いつの時代も三銃士』という説があるんですよ」と堀之内さん。

「僕もそれをずっと思っていて。“闘魂三銃士”というのは、同期の武藤(敬司)・蝶野(正洋)・橋本(真也)で組まれて、その後に”新闘魂三銃士”として棚橋・中邑(真輔)・柴田(勝頼)の3人が出てくるんです。じゃあ、この後の三銃士は誰か……棚橋弘至は、2年前にもう言っています。内藤・オカダ(カズチカ)・飯伏だと」。

 思わず「うわー!」と叫ぶ広く。さん。「オカダ…

2019/6/2

全文を読む

ドラマよりもドラマチック! 私の人生を変えたプロレスの奇跡――『新日学園 内藤哲也物語 1』刊行記念トークイベントレポート(前編)

 新日本プロレス・内藤哲也選手を主人公に据えた『新日学園 内藤哲也物語』。プロレス界の実際の出来事や選手の発言、人間関係を踏まえて〝学園マンガ〟として内藤選手の生き様を描いていく本作を、著者の広く。さんはどのように創作しているのか――。

 その舞台裏に迫るとともに、プロレスが人生にどんな彩を与えてきたかを語り合うトークイベントがゴールデンウイーク最終日に、下北沢B&Bで行われた。

 ゲストのBase Ball Bear(以下BBB)・堀之内大介さんは、かねてからの新日本プロレスファン。そして広く。さんの著書『プ女子百景』のファンでもあり、本作も「予約して買いました!」と話す。司会はダ・ヴィンチのプロレス特集などでレスラーの取材も多い門倉紫麻さん。登壇者の本気と客席の熱気が混じり合う、熱いイベントをレポートする。

内藤選手、広く。さん、堀之内さんは、2006年デビューの同期!

 テーブルの上には、お二人秘蔵の『週刊プロレス』『ゴング』などの雑誌類や大会パンフレットが並び、プロレスファンの歴史を感じさせる。

 まずは堀之内さんが「このビッグベンビルの地下に…

2019/6/1

全文を読む

関連記事をもっと見る