読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アンジュルムック

アンジュルムック

アンジュルムック

作家
アンジュルム
蒼井優
菊池亜希子
出版社
集英社
発売日
2019-05-24
ISBN
9784087880205
amazonで購入する

「アンジュルムック」のおすすめレビュー

蒼井優&山里亮太がハマった話題の「アンジュルム」魅力とは? ファンならずとも虜になる!

『アンジュルムック』(アンジュルム、蒼井優、菊池亜希子/集英社)

 6月5日の朝6時、「タスケテ」の4文字で目が覚めた。映画『花とアリス』以来、蒼井優さんをミューズと崇める友人(女性)からのLINEだ。原因はもちろん、山里亮太さんとの結婚報道である。あまりに想定外の組み合わせだったこともあるだろうが、友人は、相手が誰であってもショックを受けたと思う。私も、堀北真希さんが結婚したときは、山本耕史さんのことは俳優として大好きだったけれど、仕事が手につかなくなった(もちろん友人も私も今は心の底から祝福している)。

 おかしいと思われるだろうか。けれど性愛の対象でなくとも、女子が女子を愛でる文化というのは存在する。百合、とはたぶんまたちがうのだけど、その感情はほとんど恋だ。そして、愛だ。その一端に触れられるのが、他でもない蒼井さんが菊池亜希子さんと共同編集した『アンジュルムック』(集英社)である。

 アンジュルムは、ハロー!プロジェクト所属の女性アイドルグループだ。私が彼女たちの存在を知ったのは、くだんの友人が蒼井さんが推していたのをきっかけに、気づいたら夫…

2019/6/14

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

アンジュルムック / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

テイネハイランド

アイドルの写真集を今までに買ったことはありませんでしたが、菊池亜希子、蒼井優の両氏が編集に全面的に携わっていると聞き、どんなものかなと思い今回購入してみました。結論からいうと、期待値が高すぎたのか、私にはあまりピンとこない内容でした。やはり、当該グループ(アンジュルム)のファン以外の人が読むのは最初から無理があったようで、私には近くの学校で見かける女子生徒の集団(特に深い関心はなし)という感じにしか映りませんでした。唯一印象に残ったのが、笠原桃奈嬢の音楽の趣味で、なんとなく気が合うかなと好印象でした。

2019/09/13

中井

私たちファンは、彼女たちの人生を見せてもらってる。少しだけ一緒に過ごさせてもらってる。 ほんとうにありがたいことだ、と思う。 一人一人の女の子の人生の一部なのだ。 アイドルは、そのこれまでのアイドルの意味も含めて、そして、これからはある一人、そして一人一人の女の子の人生としてのもので、消費するものではないと、消費していいものではないと、思う。 この本を作ってくれた蒼井優さん、菊池亜希子さんに感謝しかない。 写真ひとつひとつが眩しくて、可愛くて、最高の愛に溢れたものだった。 『地球上で最も尊い書物』です。

2019/05/25

だんいん

面白すぎます。この本を作ってくださった蒼井優さんと菊池亜希子さんにノーベル文学賞が授与されるべきです。個人的にはJuice=Juiceさん、並びに島崎和歌子さんの公式アーティストブックもお二人に責任編集で作っていただきたいです。 アンジュルムのことを知らない方も、是非読んでいただきたいです。可愛い!美しい!とかはもちろんあるのですが、純粋に面白いのです。 太田遥香さんの面白さが特に爆発していて最高でした。

2019/09/30

感想・レビューをもっと見る