読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

愛蔵版機動警察パトレイバー (14) (少年サンデーコミックススペシャル)

愛蔵版機動警察パトレイバー (14) (少年サンデーコミックススペシャル)

愛蔵版機動警察パトレイバー (14) (少年サンデーコミックススペシャル)

作家
ゆうきまさみ
出版社
小学館
発売日
2021-01-12
ISBN
9784091793195
amazonで購入する

愛蔵版機動警察パトレイバー (14) (少年サンデーコミックススペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ホシナーたかはし

松井さんが徳永を落とした際のセリフで、「読者」はグリフォンの名前を知っているけど、「作中」では警察関係者とグリフォンに関わったシャフトの関係者しか知らないのだと改めて気づきました。後藤さんと内海の電話越しの対決が熱い。のちの刑事ドラマに一石投じたと私は思っています。名セリフはもちろん「警察には知らせるな、と言うべきだよ」

2021/01/10

時の流れを感じる巻で、携帯電話だったらまるで成立しない事態が続いていく。だからつまらないのかと言えば、いやいや、とんでもない!なのだが、若い人たちはどう思うのだろう。決められていた役割の枠を、誰もが乗り越えつつあり、これってどうするの?とハラハラとサンデーを読んだ記憶が蘇る。そして、内海課長と後藤隊長の通話が最大のヤマ場な訳だが、このアナログならではのやり取りが堪らない。くどいけれどこの場面、携帯しか知らない人たちは、どう感じるのか?

2021/01/16

河村祐介

ドンパチあまりやらずに…というのと埋め立て地という設定はここで生きてくるのかという。

2021/03/14

うずぴ

後藤さんが良すぎて ますます面白い

2021/01/20

atomicchildren

今見ると後藤隊長の凄さがわかる。それでも、できることが限られているということも。。。

2021/01/17

感想・レビューをもっと見る