読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

出かけ親 (2) (ビッグコミックススペシャル)

出かけ親 (2) (ビッグコミックススペシャル)

出かけ親 (2) (ビッグコミックススペシャル)

作家
吉田戦車
出版社
小学館
発売日
2020-11-30
ISBN
9784098608270
amazonで購入する Kindle版を購入する

出かけ親 (2) (ビッグコミックススペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

buchipanda3

漫画家のおやじ散歩エッセイ漫画。今回もだらだらと楽しめた。のり弁研究、住めない小屋研究と相変わらずのゆるい変ネタに癒される。でも一番面白いのは娘ちゃんのひと言オチ。作者はよその子のひと言を拾うのも上手くて「敵は自転車にあり」は笑った。本人は真面目に言ったんだろうなあと。コロナ発生後は外出を控えるようになったため、外食ネタ、買い物ネタが減少。漫画家さんなので自宅作業のようだけど、それでもコロナによるストレス生活が何だかリアルに描かれていた。次巻もゆるく待ちたい。

2020/12/01

縞子

楽しみに待っていたので嬉しい第2巻。のり弁食べたくなっちゃう。コロナ禍のこともうまく書かれてあって、さすが。

2020/12/10

子どもにも描かれたことが分かっちまうから始め直した連載のはずであったが、長引くこのコロナ禍の真っ只中に至ってみると、この状況を記録するだけでなく、「どう描くか」の基準になりかねない立ち位置になっている。これまでとおんなじように述べているからだと思う。

2020/12/05

Mr.deep

お出かけというよりはのり弁探訪の趣ですがなかなか味のある読み口になってます。しかし娘さんもう立派な女の子になってるなあ

2020/12/20

まめやっこ

表紙が「最近のガツとツブ」って感じで勝手に和んだ…!心のネコの出演回数が大幅に増えているようでこれもうれしい。やはりエッセイマンガである以上ツッコミがいたほうが伝えやすくなるんだろうな。役に立つ情報はほぼ皆無なんだけど、明るく振る舞いながらもこのご時世に大人として抱える苦悩を素直に吐露しているのがとても共感できた。タワシのマスクとか(笑)、お父様のご逝去の話などの悲しい話の描き方など絶妙な感じで「この人エッセイマンガも向いてるよな~」と改めて思った。のり弁に興味はないけどまだまだ続きを読みたいマンガです。

2020/12/05

感想・レビューをもっと見る