読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ジャックポット

ジャックポット

ジャックポット

作家
筒井康隆
出版社
新潮社
発売日
2021-02-17
ISBN
9784103145349
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャックポット / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

keroppi

筒井康隆最新短編集。2017年から2021年に発表されたものが収められている。言葉の氾濫であり、言葉の乱舞である。それでいて、一編ごとに、文学や戦争やジャズや映画やコロナ禍の現実を語っている。タイトルの「ジャックポット」は「大当り」。SFを超えてしまうような現実こそ、大当りの年。そして、一人息子、筒井伸輔さんの死。昨年の2月に亡くなられていたのは知らなかった。最後を飾る「川のほとり」は、その息子との再会である。悲しみが溢れている。その事すら「ジャックポット」としてしまう筒井さんの文学性。超私小説集である。

2021/02/21

いたろう

筒井御大、約5年振りの新作の14編の短編集。80代にして、ますます絶好調、暴走老人振りを遺憾なく発揮(笑) よくまあ、こんなに次々と言葉を繰り出せるものと、大爆笑の、機関銃のように畳み掛ける言葉遊び的な言葉、パロディの嵐。そんな中、最終話の「川のほとり」は、昨年2020年に亡くなった、御大の一人息子で画家の筒井伸輔氏に夢の中で会う話で、最近「新潮」に掲載され、話題となった短編が、もう収録されている。これは涙なくして読めない。まさか、筒井御大の小説に泣かされるとは。ちなみに、この本の表紙装画が伸輔氏の作品。

2021/04/09

こばまり

気になっていた「川のほとり」でやはり落涙。あとはいずれも目を剥く舌を巻く。御年86歳の老人が書く文章ではない。ファンには周知かもしれぬが、バップ唱法など氏の創作スタイルに触れる記述に得心した。

2021/09/18

ひさか

2017〜2021年に雑誌掲載された14の短編を2021年2月新潮社から刊行。筒井さんの前衛志向な言葉遊びのはちゃはちゃ世界です。パワー凄くて何よりです。さすがにこれだけ一度に読むと圧倒されてしまいます。

2021/05/04

いちろく

息子さんが亡くなられていたのですね。2017年から2021年まで雑誌に掲載された作品をまとめた短編集。コトバの洪水に世相を風刺した描写や下ネタ等、著者らしさを堪能出来る一方で、自分語りや親族を登場させた私小説というよりもエッセイと表現した方が良いような、これまでのメタ要素とはひと味違う内容もあり戸惑った。特に著者の息子の死は繰り返し別々の作品の中でも明記されており、、、何も言えないわ。

2021/05/21

感想・レビューをもっと見る