読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

大家さんと僕

大家さんと僕

大家さんと僕

作家
矢部太郎
出版社
新潮社
発売日
2017-10-31
ISBN
9784103512110
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

1階には大家のおばあさん、2階にはトホホな芸人の僕。挨拶は「ごきげんよう」、好きなタイプはマッカーサー元帥(渋い!)、牛丼もハンバーガーも食べたことがなく、僕を俳優と勘違いしている……。一緒に旅行するほど仲良くなった大家さんとの“二人暮らし”がずっと続けばいい、そう思っていた――。泣き笑い、奇跡の実話漫画。

「大家さんと僕」の関連記事

矢部太郎が選んだ、次の時代に残したい平成の1冊は?

矢部太郎

1977年生まれ。 高校卒業後、高校の同級生であった入江慎也とお笑いコンビ・カラテカを結成。ボケ担当。芸人としてだけでなく、舞台やドラマ、映画で俳優としても活躍している。デビュー作となる『大家さんと僕』で、第22回「手塚治虫文化賞 短編賞」を受賞。 『大家さんと僕』インタビューはこちら

2018/12/31

全文を読む

辛辣なネタでも笑わせる!! 阿佐ヶ谷姉妹、南キャン山里ら“芸人本”9選!

「個性が死んじゃうでしょ」  これは、テレビのバラエティ番組などで明石家さんまがよく使う言い回し。みなさんも一度は耳にしたことがあるかもしれない。“おしゃべり”や“仕切り上手”などの「個性」を武器にさんまは今日まで活躍を続けてきたわけだが、芸人の個性とは千差万別である。  ここで、バラエティに富んだ “芸人本”9選をお届けしよう。

このまとめ記事の目次 ・天才はあきらめた ・一発屋芸人列伝 ・阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし ・大家さんと僕 ・あぁ、だから一人はいやなんだ。 ・ファミコンに育てられた男 ・夜が小沢をそそのかす スポーツ漫画と芸人の囁き ・事故物件怪談 恐い間取り ・靖子の夢

▼12年ぶりに赤裸々に語った南海キャンディーズ・山里亮太

『天才はあきらめた』(山里亮太/朝日新聞出版)  2004年にM-1準優勝し、一躍脚光をあびた「南海キャンディーズ」の山里亮太。“南海キャンディーズ第2章”の幕開けに彼が新たな本を著した。『天才はあきらめた』(朝日新聞出版)。デビュー当時から不遇の時代、そして相方の“しずちゃん”こと山崎静代との関係に至るま…

2018/10/17

全文を読む

関連記事をもっと見る