読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

小林秀雄全作品〈3〉おふえりや遺文

小林秀雄全作品〈3〉おふえりや遺文

小林秀雄全作品〈3〉おふえりや遺文

作家
小林秀雄
出版社
新潮社
発売日
2002-12-01
ISBN
9784106435430
amazonで購入する

小林秀雄全作品〈3〉おふえりや遺文 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ダイキ

大学図書館。表題にもなっている小説『おふえりや遺文』の、オフィーリアの狂気と正気との錯綜の果てに、小林秀雄とオフィーリアという実人物と虚人物が錯雑ながらも鮮やかに織り込まれている様が見事だった。それは一心同体というものに等しい。しかし所謂一心同体ではない。それは小林秀雄自身が決して許さない。オフィーリアはあくまでもオフィーリアとして在り、小林秀雄はあくまでも小林秀雄として厳然に在った上に、しかも一心同体とならねばならない。これは紛れもなく私の妄言である。しかし、小林秀雄は我々にそう訴えかけてはいないか。

2016/06/15

ブルーツ・リー

小林秀雄の29歳の時の作品集。 この年齢で、ずっと年上の人の作品、特に谷崎潤一郎だとか、正宗白鳥だとか、ずっと年上の人物についても、全く筆が緩む事が無いのが、小林秀雄と言う人の恐ろしさか。 文芸も、批評家ともなれば、如何に目上の存在だろうと何だろうと、批評もしなければならないし、文学者からの容赦ない反論にも耐えなければならない。 そういう意味でも、小林秀雄でなければできない批評、というのはあったのだと思います。 排他的で、攻撃的だとの、後世からの批判も浴びつつも、それでも、文学界に大きな足跡を残しました。

2019/10/16

MatsumotoShuji

030228

とりくずかご

『小林秀雄 全作品』が「第六次小林秀雄全集」のはずなのだけれど、読んだのと書影が違う……。他に見つからないので、とりあえずこれで記録にしておきます。

2010/12/12

感想・レビューをもっと見る