読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

太宰治

職業・肩書き
作家
ふりがな
だざい・おさむ

「太宰治」のおすすめ記事・レビュー

大泉洋と小池栄子が偽の夫婦に!? 太宰治による未完の遺作『グッド・バイ』映画化

大泉洋と小池栄子が偽の夫婦に!? 太宰治による未完の遺作『グッド・バイ』映画化

 太宰治の『グッド・バイ』から生まれた映画「グッドバイ ~嘘からはじまる人生喜劇~」で、大泉洋と小池栄子がダブル主演を務めることが明らかに。コミカルな特報動画も解禁され、「この2人なら絶対面白いに決まってる」と話題になっている。

『グッド・バイ』は、太宰が執筆途中でこの世を去ったと言われている未完の遺作。今回の映画は、太宰の小説をもとにケラリーノ・サンドロヴィッチが書いた脚本を原作とした作品だ。

 大泉が演じるのは、何人もの愛人を抱えている男性・田島周二。田島は愛人たちに別れを告げるため、小池演じる永井キヌ子に金を積んで妻を演じてもらう。偽夫婦に別れを告げられるのは、水川あさみや橋本愛、緒川たまきといった女優陣。特報では懐から札束を出す田島や上品なワンピースに身を包んだキヌ子、そして田島の愛人たちの姿が映し出されていく。

 特報を見た人からは、「レトロな装いの2人が雰囲気あって素敵」「太宰作品と大泉さんってなんだか相性いいかも!」「夫婦の掛け合いを早く観てみたい」と期待の声が続出。映画の監督は、『八日目の蝉』の成島出が手がけることも明かされた。

 今回…

全文を読む

私たちが今求めているのは、愛か孤独か絶望か?

私たちが今求めているのは、愛か孤独か絶望か?

編集M

 気が付けば特集記事、43ページも組んでしまいまして……。  サブタイトルは「私たちが今求めているのは、愛か孤独か絶望か?」と題したのですが、そういった<特集の方向性>を決めてからというものの、大量の文豪資料や本を漁ってはウンウンとうなっている同特集担当の後輩・K(教科書のように詳しい紙面になってます)……の、横で撮影ロケ地を探しながら衣装打ち合わせなどでてんやわんやで電話が鳴りやなまい私(自分が見たいから、という理由で中二病感ある紙面にしたく必死だったという)……。

 私は主にグラビア紙面担当させていだたきまして、今回、お世話になりました皆様に撮影のお礼を伝えさせていただきたいです。感謝申し上げます。  今特集、本当に自分の好きにアイデア出し&ディレクションをさせていただきました。

 太宰治をイメージした衣装を纏い、扉も飾って下さいました高杉真宙さんグラビアでは、スタッフの皆様、そして高杉真宙さんの多大なるご協力をいただきまして……。  映画『見えない目撃者』の取材日なうえ、直前の急な依頼(しかも私は「はじめまして」)だったのにも関わらず、…

全文を読む

大ブレイク中の横浜流星が初表紙を飾る『ダ・ヴィンチ』10月号 「文豪」特集で、鬼才・江戸川乱歩の小説を演じる中村倫也、さらに高杉真宙が“太宰治グラビア”で登場!

大ブレイク中の横浜流星が初表紙を飾る『ダ・ヴィンチ』10月号 「文豪」特集で、鬼才・江戸川乱歩の小説を演じる中村倫也、さらに高杉真宙が“太宰治グラビア”で登場!

(ダ・ヴィンチ2019年10月号表紙)

 9月6日発売『ダ・ヴィンチ』10月号の第一特集は、43ページにわたる「文豪」特集。中村倫也は、奇才・江戸川乱歩の“ある作品”の主人公の変態性を演じながら撮影した“拡大版”グラビア企画で登場。高杉真宙は、<写真で文豪の世界を表現>した“太宰治グラビア”の特集扉を飾る。そのほかマンガ家・いがらしみきおが描く“太宰治マンガ”や、18名もの文豪の図鑑&ガイド、小栗旬のインタビューなど盛りだくさんの企画で“文豪”たちの魅力に迫る。

中村倫也扮する江戸川乱歩の“ある作品”の主人公

高杉真宙が“太宰治グラビア”で登場

「私たちがいま惹かれるのは、愛か希望か絶望か? 文豪特集」 内容紹介 ・<写真で文豪の世界を表現>太宰治をイメージした衣装で登場 高杉真宙 ・なぜいま、文豪なのか?『文豪ストレイドッグス』原作・朝霧カフカインタビュー ・映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』太宰治役・小栗旬インタビュー/脚本家・早船歌江子に聞く“太宰治”像 ・文豪世界を作家と役者が魅する  〈グラビア〉中村倫也×江戸川乱歩  〈マンガ〉いが…

全文を読む

「映画館で観る作品リストに即追加」 宮野真守主演の劇場アニメ「HUMAN LOST 人間失格」新PV公開にファン大興奮

「映画館で観る作品リストに即追加」 宮野真守主演の劇場アニメ「HUMAN LOST 人間失格」新PV公開にファン大興奮

 劇場アニメ「HUMAN LOST 人間失格」から、ティザーPV第2弾が登場。迫力ある映像の連続に、「映画館で観る作品リストに即追加!」「全てのカットがめちゃくちゃカッコいいね」と興奮の声が多く寄せられている。

 「HUMAN LOST 人間失格」は、“日本文学の金字塔”と呼ばれる太宰治の『人間失格』をダイナミックにアレンジした作品。医療革命によって死を克服した昭和111年の東京を舞台とし、運命に翻弄される大庭葉藏の姿を描く。

 監督に「アフロサムライ」の木高文智(※高は正しくははしごだか)、スーパーバイザーに「踊る大捜査線」「PSYCHO-PASS サイコパス」の本広克行を迎えたことも話題の同作。ティザーPVとともに新たな制作スタッフも発表され、音楽に「ニンジャバットマン」の菅野祐悟、音響監督には「スパイダーマン:スパイダーバース」などの岩浪美和が着任した。また主題歌はm-floが担当し、フィーチャリングアーティストとしてグラミー賞ノミネート経験を持つシンガー・J.バルヴィンも参加している。

 公開されたティザーPVは第1弾よりも長尺となり、アクシ…

全文を読む

宮野真守が太宰作品の主演に決定!『人間失格』を原案とした劇場アニメ公開決定

宮野真守が太宰作品の主演に決定!『人間失格』を原案とした劇場アニメ公開決定

『人間失格』(太宰治/集英社)

 太宰治の小説『人間失格』を原案にした劇場アニメ『HUMAN LOST 人間失格』が公開されることが明らかに。主演を宮野真守が務めるとあって、「太宰作品と宮野さんの組み合わせは気になる」「近未来SFって感じだけどどうなっちゃうの!?」と注目を集めている。

 1948年に発表された同作は、太宰の代表作ともいえる日本文学の名作。「恥の多い生涯を送って来ました」という告白から始まる、ある男の生涯を綴った物語だ。『HUMAN LOST 人間失格』の舞台となるのは、昭和111年という架空の時代。医療革命によって“死”を克服した世界で生きる、大庭葉藏という1人の青年の生きざまが描かれる。

 映画の監督はアニメ『アフロサムライ』『バジリスク ~甲賀忍法帖~』などの木﨑文智が手がけ、脚本は『マルドゥック・スクランブル』で日本SF大賞、『天地明察』で吉川英治文学新人賞を受賞した小説家・冲方丁が担当。アニメーション制作は映画『GODZILLA』3部作などで注目を集めるポリゴン・ピクチュアズに決定した。

 公式サイトでは特報映像も公開され、…

全文を読む

生きづらさを感じるなら、これを読もう! 太宰治の名作【5選】

生きづらさを感じるなら、これを読もう! 太宰治の名作【5選】

 何かと生きづらい世の中。厭世的な気分を抱えたときに、気分を盛り上げてくれるような、何か前向きな本や音楽、名言なんかに触れてみるのは確かに良いことだ。

 しかし、そんなものすらも受け付けないほどの厭世の念に囚われることもある。そんな時、私たちが自然と求めるものは、「励まし」ではなく「共鳴」なのではないだろうか。

 太宰治の作品は、その代表作『人間失格』に表れているように、厭世的な空気が全体に漂う。それは作者自身の生涯からも強くうかがえる。

 では、太宰は人間や社会を全面的に嫌っていたのか。それは違う。太宰はむしろ、人間の真の美しさを大いに愛していたように思われる。暴力的な「普通」に覆われた世の中に汚されていく繊細な登場人物、美しく儚い人間の営みは、きっとあなたの厭世観に寄り添ってくれるはずだ。

 本稿では太宰治の代表的な作品を5点、ご紹介したい。

このまとめ記事の目次 ・地獄。それでも生きる人間のすがた――「人間失格」 ・魅力的かつ破滅的。強い妻とは―「ヴィヨンの妻」 ・人を信じるこころの美しさ―「走れメロス」 ・没落する美しさと、これからの強い女性像―「…

全文を読む

【1分間名作あらすじ】没落貴族のシングルマザーが誓った、古い道徳との戦い――太宰治『斜陽』

【1分間名作あらすじ】没落貴族のシングルマザーが誓った、古い道徳との戦い――太宰治『斜陽』

『斜陽 (新潮文庫)』(太宰治/新潮社)

 物語の舞台は終戦直後。没落した上流家庭のかず子とその母は、東京の家を売って伊豆で暮らし始めた。貴族的で美しい母だが、最近は体調を崩しがちで寝たきりが続く。

 そんな中、戦地で行方不明になっていた弟の直治が戻ってきた。戦地で麻薬中毒になった彼は、東京に住む小説家、上原のもとに入り浸り、放蕩三昧の日々を送る。かず子は以前、この上原との間に秘め事を持っていた。しかし彼には妻子がいる。

 死期が近い母、荒れ果てた弟。没落の渦の中で将来が不安になったかず子は、上原にすがり始める。そして母が結核で亡くなると、耐え切れなくなった彼女は上原のもとに押し掛け、その夜2人は結ばれる。

 かず子は上原のもとから帰ると、弟の直治が自殺していたことを知る。マルキシズムや民主主義の主張、さらには彼が上原の妻を好いていたことが書いてあった。

 そしてかず子は、上原の子を妊娠したことに気づく。財産も家族も失ったが、彼女は幸福を感じていた。上原はかず子から離れて行ったが、彼女はシングルマザーとして子を育てていくことを決心した。

 不倫相手の子を…

全文を読む

太宰治『畜犬談』前編 【連載】超訳マンガ×オチがすごい文豪ミステリー 第11話

太宰治『畜犬談』前編 【連載】超訳マンガ×オチがすごい文豪ミステリー 第11話

『文豪ストレイドッグス』原作・朝霧カフカとLINEマンガ『黒脳シンドローム』・石川オレオの共演!! 江戸川乱歩に太宰治、泉鏡花など日本人が熱狂した文豪たちによる、珠玉のミステリーが超訳マンガに! 「オチがすごい」の観点で選び抜かれたラインナップを、読みやすい超訳マンガにしてぎゅっと詰め込みました。 ドキドキ、ハラハラ、まさかのオチ。鬼才たちによる読者をダマす超絶技巧、存分に味わってください。

続きは本書で!

【作者プロフィール】 朝霧カフカ シナリオライター。『文豪ストレイドッグス』『汐ノ宮綾音は間違えない。』『水瀬陽夢と本当はこわいクトゥルフ神話』のコミックス原作を手がける。「文豪ストレイドッグス」は自らスピンオフ小説を執筆し、角川ビーンズ文庫よりシリーズが刊行されている。ほかの著書に『ギルドレ』がある。

石川オレオ 漫画家。LINEマンガ『黒脳シンドローム』にてデビュー。同作品はLINEマンガで連載閲覧回数がミステリー・ホラー部門第1位となり、注目を集める。

全文を読む

「太宰治」のおすすめ記事をもっと見る

「太宰治」のレビュー・書評をもっと見る

「太宰治」の本・小説

学研の日本文学 太宰治: 津軽

学研の日本文学 太宰治: 津軽

作家
太宰治
出版社
学研プラス
発売日
2019-07-16
ISBN
9784059177586
作品情報を見る
学研の日本文学 太宰治: 思い出 ロマネスク 走れメロス

学研の日本文学 太宰治: 思い出 ロマネスク 走れメロス

作家
太宰治
出版社
学研プラス
発売日
2019-07-16
ISBN
9784059177593
作品情報を見る
学研の日本文学 太宰治: 魚服記 雀こ 待つ 富嶽百景 東京八景

学研の日本文学 太宰治: 魚服記 雀こ 待つ 富嶽百景 東京八景

作家
太宰治
出版社
学研プラス
発売日
2019-07-16
ISBN
9784059177609
作品情報を見る
学研の日本文学 太宰治: 斜陽

学研の日本文学 太宰治: 斜陽

作家
太宰治
出版社
学研プラス
発売日
2019-07-16
ISBN
9784059177616
作品情報を見る
学研の日本文学 太宰治: 正義と微笑

学研の日本文学 太宰治: 正義と微笑

作家
太宰治
出版社
学研プラス
発売日
2019-07-16
ISBN
9784059177579
作品情報を見る
角川文庫 文豪ストレイドッグスコラボカバー 4冊セット クリアファイル(カドフェス2019)4枚付

角川文庫 文豪ストレイドッグスコラボカバー 4冊セット クリアファイル(カドフェス2019)4枚付

作家
太宰治
宮沢賢治
芥川龍之介
中島敦
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-07-01
ISBN
4534993309964
作品情報を見る
角川文庫 文豪ストレイドッグスコラボカバー 14冊セット

角川文庫 文豪ストレイドッグスコラボカバー 14冊セット

作家
宮沢 賢治
中島 敦
太宰治
坂口安吾
芥川龍之介
泉鏡花
江戸川乱歩
国木田 独歩
谷崎潤一郎
織田作之助
中原中也
与謝野晶子
澁澤龍彦
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-03-23
ISBN
4534993309353
作品情報を見る
太宰治 女性小説セレクション 誰も知らぬ (太宰治女性小説セレクション)

太宰治 女性小説セレクション 誰も知らぬ (太宰治女性小説セレクション)

作家
太宰治
井原あや
出版社
春陽堂書店
発売日
2019-06-29
ISBN
9784394190028
作品情報を見る

「太宰治」人気の作品ランキングをもっと見る