読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

太宰治

職業・肩書き
作家
ふりがな
だざい・おさむ

プロフィール

最終更新 : 2019-11-18

1909年~1948年青森県生まれ。父は源右衛門、母はタ子、第十子の六男として生まれた。本名は津島修治。

母が病弱だったため乳母や同居中の叔母などの元、県内で指折りの財産家の家で育つ。中学生時代から小説に興味を持ち始め、16歳のときに同人雑誌などに小説やエッセイ、戯曲などを発表、文学仲間と一緒に同人雑誌「蜃気楼」を創刊した。

19歳で同人雑誌「細胞文芸」を創刊し、作家として本格的に活動をスタートした。1930年に東京帝国大学の仏文科に入学するも中退。1933年に東奥日報社の「サンデー東奥」に『列車』を発表し入選、太宰治の名前で出した初めての作品となった。

1935年に同人雑誌以外で初の作品となる『逆行』を発表、第一回芥川賞の次席となった。1936年に初となる創作集で『逆行』も収録された『晩年』を刊行。同時期、急性盲腸炎をきっかけに重体となり使用した痛み止めパビナールが習慣化し中毒症状に陥る。1939年に井伏鱒二の仲介による縁談がまとまり、石原美知子と結婚した。生活が落ち着き執筆に専念、『富嶽百景』や『女生徒』、『走れメロス』など数々の佳作を発表した。

1947年、新潮社の雑誌に流行作家のきっかけとなる『斜陽』を連載。刊行されベストセラーとなり「斜陽族」という言葉も生んだ代表作となった。1948年に肺結核が悪化、『人間失格』を書き終え、『グッドバイ』の執筆などを始めたが、遺書や『グッドバイ』の校正刷りなどを残し、山崎富栄と玉川上水に入水して自殺した。『グッドバイ』は脚色なども含めて1949年に映画化された。

1992年には『走れメロス』がアニメ映画となり、2006年に『富嶽百景 遥かなる場所』、2009年に『斜陽』、2010年に『人間失格』、2013年に『女生徒・1936』など複数の映画作品がある。

「太宰治」のおすすめ記事・レビュー

失敗を寛大な心で許してもらえるかも? 太宰治の言葉を使ってスマートに謝罪/文豪のすごい言葉づかい辞典⑦

失敗を寛大な心で許してもらえるかも? 太宰治の言葉を使ってスマートに謝罪/文豪のすごい言葉づかい辞典⑦

夏目漱石、太宰治、三島由紀夫など、文豪の語彙を解説。手紙、メールで使えば、より気持ちが伝わりやすくなる“すごい言葉づかい"が身につきます。文豪ならではの深い教養とあわせて、絶妙な言い回しを学びましょう。

『文豪のすごい言葉づかい辞典』(山口謠司:監修/宝島社)

画/shoyu

昭和の文豪・太宰治。『グッド・バイ』は、38歳で自死するわずか1か月前に執筆が開始された未完の作品。

海容

意味:相手の罪や過ちを許すこと。

よくある言い方:「この度は失礼をいたしまして、申し訳ございませんでした」

絶妙な言いまわし:「この度の失礼の段、ご海容くださいませ」

太宰治『グッド・バイ』より キヌ子にさんざんムダ使いされて、黙って海容の美徳を示しているなんて、とてもそんなことのできる性格ではなかった。何か、それ相当のお返しをいただかなければ、どうしたって、気がすまない。

海の字がもつ寛大さにあやかる

「海容」とは、「海のようにあらゆるものを受け入れる寛大な心で、相手の過ちや罪を許すこと」です。「海」の「容(器)」という、文字から受けるスケールの大きさも魅力ですから、ぜひ手紙やメール…

全文を読む

太宰治が芥川龍之介を好きすぎてやった恥ずかしいこと/『文豪どうかしてる逸話集』①

太宰治が芥川龍之介を好きすぎてやった恥ずかしいこと/『文豪どうかしてる逸話集』①

誰もが知っているあの文豪に、こんな意外な一面があった!? 太宰治、芥川龍之介、夏目漱石、川端康成など、名作の生みの親の「どうかしてる」逸話を一挙紹介!

『文豪どうかしてる逸話集』(進士素丸/KADOKAWA)

【太宰治】(1909~1948)

プロフィール 職業:小説家 本名:津島修治 出身地:青森県 好きな文豪:芥川龍之介 趣味:酒・薬・女・心中

人間失格そのままの人

 お父さんは県内有数の大地主であり、衆議院などの議員も務めた立派な人。家にお手伝いさんが何十人といる裕福な家庭で育った太宰は、いわゆる“おぼっちゃん”であった。

 学生時代は非常に優秀で成績はトップクラスだったが、父親は多忙で母親は病弱だったため、両親にはあまり構ってもらえなかった。

 本を読むのが大好きで、芥川龍之介や泉鏡花、井伏鱒二などの作家がお気に入り。16歳の頃から自分でも小説を書き始める。

 上京してからは、左翼活動やってみては自殺未遂、実家に勘当されては自殺未遂、鎮痛剤中毒になっては自殺未遂……と、「文豪=自殺」のイメージを定着させた張本人。

代表作

『斜陽』(1947) 終戦…

全文を読む

離婚カウンセラー・岡野あつこさんが選ぶ「夫の浮気・不貞のお悩みに効く本」

離婚カウンセラー・岡野あつこさんが選ぶ「夫の浮気・不貞のお悩みに効く本」

本の世界には、あなたの現実のお悩みを軽くしてくれたり、生き方のヒントになる作品も数多くあります。今回は、All Aboutガイドであり、夫婦問題研究家、離婚カウンセラーとして活躍する、岡野あつこさんに、夫の浮気に悩む方におすすめの本をご紹介いただきました。

お悩み:夫が浮気を繰り返しています

■選書したのは…

All About「離婚」ガイド・岡野 あつこさん 夫婦問題を解決に導くライフアップカウンセラーのパイオニア。特に離婚問題においては28年間で35,000件以上の相談を手がけ、どうしたら幸せになれるか親身にアドバイスする。

 詩人で遊び人で家庭を省みない夫、幼子と貞淑に我慢を重ねる妻。ある日夫が古くから行きつけの飲み屋からお金を盗んだと夫婦が取り立てに来て警察につき出すという。飲み屋の人のよさも、夫の破天荒な対応も妻としては新鮮な出来事。妻が自らの意思で借金返済のためその店を手伝うことを申し出る。

 実際店に出て仕事に関われば、やりがいや楽しさがわいてきて、さらにそこには夫も家に帰るより頻繁にそれも女連れで通って来ていることにも気づく。勤めて…

全文を読む

「圧巻のクオリティ」太宰治の名作をSF風にアレンジしたアニメ映画「HUMAN LOST 人間失格」の本ビジュアル&本予告解禁!

「圧巻のクオリティ」太宰治の名作をSF風にアレンジしたアニメ映画「HUMAN LOST 人間失格」の本ビジュアル&本予告解禁!

 太宰治の名作をSF風にアレンジしたアニメ映画「HUMAN LOST 人間失格」の本ビジュアル&本予告が解禁。アクションシーン満載の映像に、「圧巻のクオリティで公開が待ちきれない」「ビジュアルと合わせて最高に好きな雰囲気」と注目が集まっている。  『人間失格』の精神をベースとした同作は、医療革命により誰もが120歳まで生きられるようになった“昭和111年”の東京が舞台。宮野真守や花澤香菜といった人気声優をはじめ、櫻井孝宏、福山潤、松田健一郎、小山力也、沢城みゆき、千菅春香など実力派のキャストが出演することでも話題だ。  解禁された本ビジュアルは、キャラクターデザインを手がけたコザキユースケの描き下ろし。主人公の大庭葉藏を不気味な白い手が囲んでいるイラストに、“全人間失格”という印象的なキャッチコピーが添えられている。これまでにティザートレーラーや各キャラクターを掘り下げたキャラクタームービーも多数公開されてきたが、本予告はそれら全てを踏まえた迫力ある映像に。チェックした人からは「ビジュアルといい予告といいマジでレベル高い」「独特な世界観に引き込ま…

全文を読む

大泉洋と小池栄子が偽の夫婦に!? 太宰治による未完の遺作『グッド・バイ』映画化

大泉洋と小池栄子が偽の夫婦に!? 太宰治による未完の遺作『グッド・バイ』映画化

 太宰治の『グッド・バイ』から生まれた映画「グッドバイ ~嘘からはじまる人生喜劇~」で、大泉洋と小池栄子がダブル主演を務めることが明らかに。コミカルな特報動画も解禁され、「この2人なら絶対面白いに決まってる」と話題になっている。

『グッド・バイ』は、太宰が執筆途中でこの世を去ったと言われている未完の遺作。今回の映画は、太宰の小説をもとにケラリーノ・サンドロヴィッチが書いた脚本を原作とした作品だ。

 大泉が演じるのは、何人もの愛人を抱えている男性・田島周二。田島は愛人たちに別れを告げるため、小池演じる永井キヌ子に金を積んで妻を演じてもらう。偽夫婦に別れを告げられるのは、水川あさみや橋本愛、緒川たまきといった女優陣。特報では懐から札束を出す田島や上品なワンピースに身を包んだキヌ子、そして田島の愛人たちの姿が映し出されていく。

 特報を見た人からは、「レトロな装いの2人が雰囲気あって素敵」「太宰作品と大泉さんってなんだか相性いいかも!」「夫婦の掛け合いを早く観てみたい」と期待の声が続出。映画の監督は、『八日目の蝉』の成島出が手がけることも明かされた。

 今回…

全文を読む

私たちが今求めているのは、愛か孤独か絶望か?

私たちが今求めているのは、愛か孤独か絶望か?

編集M

 気が付けば特集記事、43ページも組んでしまいまして……。  サブタイトルは「私たちが今求めているのは、愛か孤独か絶望か?」と題したのですが、そういった<特集の方向性>を決めてからというものの、大量の文豪資料や本を漁ってはウンウンとうなっている同特集担当の後輩・K(教科書のように詳しい紙面になってます)……の、横で撮影ロケ地を探しながら衣装打ち合わせなどでてんやわんやで電話が鳴りやなまい私(自分が見たいから、という理由で中二病感ある紙面にしたく必死だったという)……。

 私は主にグラビア紙面担当させていだたきまして、今回、お世話になりました皆様に撮影のお礼を伝えさせていただきたいです。感謝申し上げます。  今特集、本当に自分の好きにアイデア出し&ディレクションをさせていただきました。

 太宰治をイメージした衣装を纏い、扉も飾って下さいました高杉真宙さんグラビアでは、スタッフの皆様、そして高杉真宙さんの多大なるご協力をいただきまして……。  映画『見えない目撃者』の取材日なうえ、直前の急な依頼(しかも私は「はじめまして」)だったのにも関わらず、…

全文を読む

大ブレイク中の横浜流星が初表紙を飾る『ダ・ヴィンチ』10月号 「文豪」特集で、鬼才・江戸川乱歩の小説を演じる中村倫也、さらに高杉真宙が“太宰治グラビア”で登場!

大ブレイク中の横浜流星が初表紙を飾る『ダ・ヴィンチ』10月号 「文豪」特集で、鬼才・江戸川乱歩の小説を演じる中村倫也、さらに高杉真宙が“太宰治グラビア”で登場!

(ダ・ヴィンチ2019年10月号表紙)

 9月6日発売『ダ・ヴィンチ』10月号の第一特集は、43ページにわたる「文豪」特集。中村倫也は、奇才・江戸川乱歩の“ある作品”の主人公の変態性を演じながら撮影した“拡大版”グラビア企画で登場。高杉真宙は、<写真で文豪の世界を表現>した“太宰治グラビア”の特集扉を飾る。そのほかマンガ家・いがらしみきおが描く“太宰治マンガ”や、18名もの文豪の図鑑&ガイド、小栗旬のインタビューなど盛りだくさんの企画で“文豪”たちの魅力に迫る。

中村倫也扮する江戸川乱歩の“ある作品”の主人公

高杉真宙が“太宰治グラビア”で登場

「私たちがいま惹かれるのは、愛か希望か絶望か? 文豪特集」 内容紹介 ・<写真で文豪の世界を表現>太宰治をイメージした衣装で登場 高杉真宙 ・なぜいま、文豪なのか?『文豪ストレイドッグス』原作・朝霧カフカインタビュー ・映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』太宰治役・小栗旬インタビュー/脚本家・早船歌江子に聞く“太宰治”像 ・文豪世界を作家と役者が魅する  〈グラビア〉中村倫也×江戸川乱歩  〈マンガ〉いが…

全文を読む

「映画館で観る作品リストに即追加」 宮野真守主演の劇場アニメ「HUMAN LOST 人間失格」新PV公開にファン大興奮

「映画館で観る作品リストに即追加」 宮野真守主演の劇場アニメ「HUMAN LOST 人間失格」新PV公開にファン大興奮

 劇場アニメ「HUMAN LOST 人間失格」から、ティザーPV第2弾が登場。迫力ある映像の連続に、「映画館で観る作品リストに即追加!」「全てのカットがめちゃくちゃカッコいいね」と興奮の声が多く寄せられている。

 「HUMAN LOST 人間失格」は、“日本文学の金字塔”と呼ばれる太宰治の『人間失格』をダイナミックにアレンジした作品。医療革命によって死を克服した昭和111年の東京を舞台とし、運命に翻弄される大庭葉藏の姿を描く。

 監督に「アフロサムライ」の木高文智(※高は正しくははしごだか)、スーパーバイザーに「踊る大捜査線」「PSYCHO-PASS サイコパス」の本広克行を迎えたことも話題の同作。ティザーPVとともに新たな制作スタッフも発表され、音楽に「ニンジャバットマン」の菅野祐悟、音響監督には「スパイダーマン:スパイダーバース」などの岩浪美和が着任した。また主題歌はm-floが担当し、フィーチャリングアーティストとしてグラミー賞ノミネート経験を持つシンガー・J.バルヴィンも参加している。

 公開されたティザーPVは第1弾よりも長尺となり、アクシ…

全文を読む

「太宰治」のおすすめ記事をもっと見る

「太宰治」のレビュー・書評をもっと見る

「太宰治」の本・小説

走れメロス/くもの糸 (10歳までに読みたい日本名作)

走れメロス/くもの糸 (10歳までに読みたい日本名作)

作家
太宰治
芥川龍之介
楠 章子
出版社
学研プラス
発売日
2017-06-27
ISBN
9784052046551
作品情報を見る
女生徒 (角川文庫)

女生徒 (角川文庫)

作家
太宰治
くまおり純
出版社
KADOKAWA
発売日
2009-05-23
ISBN
9784041099155
作品情報を見る
走れメロス (角川文庫)

走れメロス (角川文庫)

作家
太宰治
出版社
KADOKAWA
発売日
2007-06-23
ISBN
9784041099131
作品情報を見る
人間失格/グッド・バイ 他一篇 (岩波文庫)

人間失格/グッド・バイ 他一篇 (岩波文庫)

作家
太宰治
出版社
岩波書店
発売日
1988-05-16
ISBN
9784003109045
作品情報を見る
走れメロス (青空文庫POD(大活字版))

走れメロス (青空文庫POD(大活字版))

作家
太宰治
出版社
青空文庫POD
発売日
2015-09-30
ISBN
9784802029902
作品情報を見る
女生徒 (立東舎 乙女の本棚)

女生徒 (立東舎 乙女の本棚)

作家
太宰治
今井キラ
最果タヒ
出版社
立東舎
発売日
2016-11-25
ISBN
9784845628780
作品情報を見る
走れメロス 太宰治 名作選 (角川つばさ文庫 F た 1-1)

走れメロス 太宰治 名作選 (角川つばさ文庫 F た 1-1)

作家
太宰治
齋藤孝
藤田 香
出版社
アスキー・メディアワークス
発売日
2010-02-15
ISBN
9784046310699
作品情報を見る
パンドラの匣 (新潮文庫)

パンドラの匣 (新潮文庫)

作家
太宰治
出版社
新潮社
発売日
1973-11-01
ISBN
9784101006116
作品情報を見る

「太宰治」人気の作品ランキングをもっと見る

「太宰治」の関連画像・写真

「太宰治」の関連画像・写真をもっと見る