読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

女子校礼讃 (中公新書ラクレ 705)

女子校礼讃 (中公新書ラクレ 705)

女子校礼讃 (中公新書ラクレ 705)

作家
辛酸なめ子
出版社
中央公論新社
発売日
2020-11-06
ISBN
9784121507051
amazonで購入する Kindle版を購入する

女子校礼讃 (中公新書ラクレ 705) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

かのこ

中高時代の同級生(部活が一緒で大変濃い時を過ごしたお友達)がおすすめしていていそいそと読んでみた。冒頭の女子校度チェックシートから、これぞ女子校みが…!笑 どんな先生にもファンクラブがあったことや笑いのセンスを磨いたことによる副作用には全力で頷かされた。都会の女子校潜入取材を読むと、個々の学校によって雰囲気は様々だけど、共通して感じるあるあるもあるよね! そして女子校出身の大先輩・美智子様のお手紙の、知性とそこはかとない黒歴史に衝撃を受けた(私はこの500倍はヤバい手紙を書いていたけど😇)

2020/11/12

あまね

女子校『あるある』のオンパレードで、とても楽しかったです。個人的には、大好きな『有閑倶楽部』のモデル校が学習院女子だったということにビックリ!嬉しい驚きでした。久しぶりの辛酸なめこ節を堪能させていただきました。

2020/11/12

ヤスコ

都市部の名門と言われるような学校を中心に紹介。 在校生も卒業生も優秀な方ばかり。そりゃ女子校の良い面しか出てこないよ。 地方の公立の滑り止め女子校だと様子は全く違うだろうから、そういう学校も紹介して欲しかった。

2021/03/31

taverna77

娘を是が非でも女子校に入れたい父親です。めちゃくちゃフォローウィンドな内容で、女子校に行かない理由が見つからない!まさしく女子校礼賛です。

2021/01/21

快適な枕

高校時代部活帰りに手芸屋に友達と寄ったら、犬の散歩をしている聖書の先生とばったり会ってしまって、寄り道せずに早く帰りなよ〜と言われたことを思い出した。寄り道する時は許可証をもらわなければならなくて、帰りに美術館に行くだけなのに許可をもらいに職員室まで行っていた。まぁそんなことするのは1年生の間だけで、上級生になるにつれてバレないように校則を破るようになっていくのだけれど。

2021/02/21

感想・レビューをもっと見る