読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

任侠浴場 (中公文庫 こ 40-38)

任侠浴場 (中公文庫 こ 40-38)

任侠浴場 (中公文庫 こ 40-38)

作家
今野敏
出版社
中央公論新社
発売日
2021-02-25
ISBN
9784122070295
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

任侠浴場 (中公文庫 こ 40-38) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

サンダーバード(読メ野鳥の会怪鳥)

ヤクザによる世直し企業再生、シリーズ第4弾。ワンパターンではあるけれどこのシリーズ好きだなあ。文庫になるのを待ってました!今度の舞台は赤坂の銭湯。ほとんどの家に風呂がある現在、銭湯は斜陽の一途、かろうじて補助金で生き残っている仕事とも言える。でも親分が言う通り最近の日本人は「きっちり休む」って言う事が下手になったのかもしれない。一生懸命働いた後、湯船にゆったり浸かってその日の疲れを癒す。そうしたメリハリが明日の活力源となるんだろうなあ。私もシャワーだけではダメな派です。ゆったりと湯船に浸かりたい。★★★★

2021/03/03

ma-bo

任侠シリーズ4作目。義理人情で生きる昔気質のヤクザが様々な業種の再建を図るシリーズ。今野さんの作品はいつも読みやすい。シリーズの任侠学園が映画化されてましたね。

2021/04/09

ぽろん

お馴染みの任侠シリーズ。期待通りでした。この御時世、大好きなスーパー銭湯からも足が遠のいているので、大きなお風呂入りたいなあ。温泉も(o^^o)♪欲を言えば、もう少し銭湯で働く日村さんが見たかった!

2021/03/21

やな

任侠第4弾は銭湯、余裕綽々の親分、心配性の代貸、何やら楽しそうな若い衆、今回も面白かった(^_^)

2021/03/15

ぴ〜る

365日ほぼ毎日湯船に浸かっている私にとっても銭湯は大好きな場所で、今このコロナ禍になって随分減ってしまったけど定期的に入りに行く癒しの場。今回はその銭湯が舞台で繰り広げられてゆく。新しくて便利なものもいいけれど、やっぱり古き良き時代の残していきたいものはたくさんある。このシリーズは心にスーッと入ってくる大好きなシリーズ♪私も今毎日を丁寧に生きていたいなって日々感じているのでいいタイミングで読めたな♪

2021/04/01

感想・レビューをもっと見る