読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

任侠浴場 (中公文庫 こ 40-38)

任侠浴場 (中公文庫 こ 40-38)

任侠浴場 (中公文庫 こ 40-38)

作家
今野敏
出版社
中央公論新社
発売日
2021-02-25
ISBN
9784122070295
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

任侠浴場 (中公文庫 こ 40-38) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

サンダーバード@読メ野鳥の会・怪鳥

ヤクザによる世直し企業再生、シリーズ第4弾。ワンパターンではあるけれどこのシリーズ好きだなあ。文庫になるのを待ってました!今度の舞台は赤坂の銭湯。ほとんどの家に風呂がある現在、銭湯は斜陽の一途、かろうじて補助金で生き残っている仕事とも言える。でも親分が言う通り最近の日本人は「きっちり休む」って言う事が下手になったのかもしれない。一生懸命働いた後、湯船にゆったり浸かってその日の疲れを癒す。そうしたメリハリが明日の活力源となるんだろうなあ。私もシャワーだけではダメな派です。ゆったりと湯船に浸かりたい。★★★★

2021/03/03

佐々陽太朗(K.Tsubota)

待った甲斐がありました。腹が据わっている割に気苦労の絶えない代貸・日村と丸顔で童顔のマル暴刑事・甘糟のキャラが立っているのは相変わらずだ。キャラと言えば組事務所に遊びに来る女子高生・香苗もイイ。すごくイイ。 このシリーズはひと言で云うとヤクザのお仕事小説です。ヤクザが奮闘し活躍するユーモア小説でもあります。しかしヤクザだからといって侮ってはいけません。彼らの行動様式、彼らが吐露する心のうちは大新聞の論説なんぞを読むよりも心に響きます。

2021/04/25

ma-bo

任侠シリーズ4作目。義理人情で生きる昔気質のヤクザが様々な業種の再建を図るシリーズ。今野さんの作品はいつも読みやすい。シリーズの任侠学園が映画化されてましたね。

2021/04/09

やな

任侠第4弾は銭湯、余裕綽々の親分、心配性の代貸、何やら楽しそうな若い衆、今回も面白かった(^_^)

2021/03/15

ハゲおやじ

久しぶりの任侠シリーズ。今回は、日村を休ませる事と阿岐本の顔の広さが中心だった様に思えた。阿岐本の言う「今の日本人には銭湯が必要だ」は、妙に納得させられた。確かに 躾がいつの間にか身につく場所であり、メリハリがつく(頭を空っぽに出来る)場所だったのかも知れないなぁ。でも、コロナ禍では厳しいか…。私は好きなシリーズなので 今後も続けて欲しいと心から思う。そうそう、ふと 上司の「浴場に来ると 欲情するなぁ」とのオヤジ駄洒落を思い出した(失礼しました)。

2021/03/16

感想・レビューをもっと見る