読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

極夜行

極夜行

極夜行

作家
角幡唯介
出版社
文藝春秋
発売日
2018-02-09
ISBN
9784163907987
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

探検家にとっていまや、世界中どこを探しても”未知の空間“を見つけることは難しい。大学時代から、様々な未知の空間を追い求めて旅をしてきた角幡唯介は、この数年冬になると北極に出かけていた。そこには、極夜という暗闇に閉ざされた未知の空間があるからだ。極夜――「それは太陽が地平線の下に沈んで姿を見せない、長い、長い漆黒の夜である。そして、その漆黒の夜は場所によっては3カ月から4カ月、極端な場所では半年も続くところもある」(本文より)。彼は、そこに行って、太陽を見ない数カ月を過ごした時、自分が何を思い、どのように変化するのかを知りたかった。その行為はまだ誰も成し遂げていない”未知“の探検といってよかった。
シオラパルクという世界最北の小さな村に暮らす人々と交流し、力を貸してもらい、氷が張るとひとりで数十キロの橇を引いて探検に出た。相棒となる犬を一匹連れて。本番の「極夜の探検」をするには周到な準備が必要だった。それに3年を費やした。この文明の時代に、GPSを持たないと決めた探検家は、六分儀という天測により自分の位置を計る道具を用いたため、その実験や犬と自分の食料をあらかじめ数カ所に運んでおくデポ作業など、一年ずつ準備を積み上げていく必要があった。そしていよいよ迎えた本番。2016年~2017年の冬。ひたすら暗闇の中、ブリザードと戦い、食料が不足し、迷子になり……、アクシデントは続いた。果たして4カ月後、極夜が明けた時、彼はひとり太陽を目にして何を感じたのか。足かけ4年にわたるプロジェクトはどういう結末を迎えたのか。
読む者も暗闇世界に引き込まれ、太陽を渇望するような不思議な体験ができるのは、ノンフィクション界のトップランナーである筆者だからこそのなせる業である。


【目次】
東京医科歯科大学附属病院分娩室
最北の村
風の巨瀑
ポラリス神の発見
闇迷路
笑う月
極夜の内院
浮遊発光体との遭遇
曙光
極夜の延長戦
太陽

「極夜行」のおすすめレビュー

数ヶ月も太陽のない世界、極限状態で冒険家は何を体感したのか?「Yahoo!ニュース 本屋大賞ノンフィクション本大賞」受賞作『極夜行』

『極夜行』(角幡唯介/文藝春秋)

 この地球上には太陽の出ない昼間が存在し、極地に近づけば近づくほどその期間が長くなるのは、知識としては知っていた。だが、数ヶ月に及ぶ太陽の不在が、人にどのような影響を与えるのかなんてことは考えたこともなかった。

 だから、探検家の角幡唯介が極夜のツンドラ地帯を3ヶ月に及んで旅したノンフィクション小説『極夜行』が彼の妻の出産シーンから始まったことには、正直目を丸くした。時には地獄とも喩えられる真っ白な大地の風景描写が現れるのかと思いきや、分娩室での絶叫が劈頭を飾る1行目だったのだ。

 だが、読み進めるうちにこの不思議な構成が選択された理由がわかってきた。本書は、単なる冒険の報告書ではなかったのである。

極夜には根源的な未知がある。数ヶ月間におよぶ闇の世界、そしてその後に昇る太陽の光など誰にも想像がつかない。私は一度でいいからその想像を絶する根源的未知を経験してみたかった。

 未知への憧れ。それは、間違いなく人類の文明を進化させてきた原動力だ。まだ見ぬものを見たい、知り得ぬものを知りたい。そんな欲求に抗えない気持ちは痛いほど…

2018/11/12

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る