読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ある男

ある男

ある男

作家
平野啓一郎
出版社
文藝春秋
発売日
2018-09-28
ISBN
9784163909028
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ある男」のおすすめレビュー

人生は選択の積み重ねの結果、といえるのか?『ある男』に考えさせられる――

『ある男』(平野啓一郎/文藝春秋)

「ある男とは、誰のことなのだろう?」  本作を読み始めた人の頭にまず浮かぶのは、この問いである。

『マチネの終わり』以来2年ぶりとなる、平野啓一郎の新作小説『ある男』(文藝春秋)は、「城戸さん」という男と小説家が出会う「序」から始まる。バーで出会った中年男性は初め別の名前と経歴を語っていたが、相手が小説家だとわかり、いろいろと質問をされると、実は城戸という名前で弁護士をしていると告白する。小説家は少々訝しげに思うが、その後打ち解け、幾度となくバーで会い、興味深い話を聞くこととなる。

 序が終わり、城戸についての話が始まるのかと思いきや、本編は里枝という女性の物語から始まる。“ある男”の謎の糸口をつかめるかと思っていた読者は少々肩透かしを食らったような気分になると思うが、宮崎で起きた不可思議な出来事を読み進めていくと、「ある男とは城戸ではなかったのか? ではいったい、ある男とは誰のことなのだろう?」という新たな疑問が頭をもたげてくることになる。

 横浜で結婚し、2人の男の子に恵まれた里枝は幼い長男の死をきっかけに離婚、…

2018/9/28

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「ある男」の関連記事

「2019年本屋大賞」決定!! 大賞は瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』 全ノミネート作の順位を発表!

 全国の書店員が選ぶ、いま一番売りたい本を決める「本屋大賞2019」の受賞作が決定した。

 16回目となる今回のノミネート作品10作の中から大賞に選ばれたのは、瀬尾まいこ氏の『そして、バトンは渡された』(文藝春秋)!

■2019年本屋大賞受賞作 『そしてバトンは渡された』(瀬尾まいこ/文藝春秋)

レビュー全文を読む

関連記事「今月のプラチナ本」

 翻訳小説部門では『カササギ殺人事件(上・下)』(アンソニー・ホロヴィッツ:著、山田 蘭:訳/東京創元社)が選ばれた。

レビュー全文を読む

■気になるその他のノミネート作品は――

■2位 『ひと』(小野寺史宜/祥伝社)

■3位 『ベルリンは晴れているか』(深緑野分/筑摩書房)

■4位 『熱帯』(森見登美彦/文藝春秋)

レビュー全文をこちら

■5位 『ある男』(平野啓一郎/文藝春秋)

■6位 『さざなみのよる』(木皿泉/河出書房新社)

■7位 『愛なき世界』(三浦しをん/中央公論新社)

レビュー全文をこちら

■8位 『ひとつむぎの手』(知念実希人/新潮社)

レビュー全文をこちら

■9位 『火のないところに煙は』(芦沢央/新潮…

2019/4/9

全文を読む

気になる大賞はどの作品に!?「2019年 本屋大賞」ノミネート10作品発表!

2019年1月22日(火)、全国の書店員が選んだ一番売りたい本「2019年本屋大賞」のノミネート作品が発表された。

 今年の「2019年本屋大賞」は全国の493書店、書店員623人の投票によりノミネート作品を選出。ノミネートされたのは以下の10作品だ。

■2019年本屋大賞ノミネート10作(作品名五十音順)

『愛なき世界』(三浦しをん/中央公論新社)▶【レビュー全文はこちら】

『ある男』(平野啓一郎/文藝春秋)▶【レビュー全文はこちら】

『さざなみのよる』(木皿泉/河出書房新社)

『そして、バトンは渡された』(瀬尾まいこ/文藝春秋)▶【レビュー全文はこちら】

『熱帯』(森見登美彦/文藝春秋)▶【レビュー全文はこちら】

『ひと』(小野寺史宜/祥伝社)

『ひとつむぎの手』(知念実希人/新潮社)▶【レビュー全文はこちら】

『火のないところに煙は』(芦沢央/新潮社)▶【作者インタビュー記事はこちら】

『フーガはユーガ』(伊坂幸太郎/実業之日本社)▶【レビュー全文はこちら】

『ベルリンは晴れているか』(深緑野分/筑摩書房)

 気になる大賞発表は4月9日(火)。ノミネート作を読み…

2019/1/22

全文を読む

関連記事をもっと見る

ある男 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

平野 啓一郎は、新作中心に読んでいる作家です。本作は、戸籍交換家族ミステリでした。戸籍交換・売買、無戸籍等、戸籍に関する闇は、かなり深いのかも知れません。

2018/10/19

ウッディ

事故死した夫が別人であったことを義兄から伝えられた里枝。相談を受けた弁護士の城戸は、夫の正体そして本当の谷口大祐の行方を調べ始める。難しい表現もあるが、心の襞を丁寧にかつ簡潔に表現する平野さんの文章力はさすがで、久々に文学作品を読んだ気がしました。過去も含めた自分の境遇を捨て、別な人の人生を生きた男が初めて感じた安らかな日々、愛する父が実体のない別人だと知らされた悠人の心境を思うと切なく、自分ならもう少し上手く生きることのできる別な人生があったかもしれないという城戸の呟きは心に染みました。面白かったです。

2019/03/12

Yunemo

ある男、ミステリー感覚の表題に手に取りました。いろんな要素を含んで、戸籍、在日、加害者家族、死刑制度等々、自身が考えたより物凄く重い作品。過去、自身のバックボーンを全く違った人物になることによって、自身の生きた半生を打ち消す。別の人生を生きる。この捉え方がなかなか理解出来ずにいることが、幸せな生き方をしている証なのかも。ナルキッソスの神話で変身をある男と同化させてますが、何だかな、との想いも。夫婦の幸福感を想うと、過去から続く愛の変化にどう気付いていくか、それぞれに想いを馳せて暮らしていくことなのかな。 

2018/11/18

ヲム

ミステリー小説なんだけど、その中にも色々深い言葉が出てきたりと…特に三勝四敗は響きました! 作品中の曲を調べて聞いてみると、より作品の深みが出ました!

2018/11/03

nanako

戸籍のロンダリング、なりすましって小説やドラマ、映画などではよく出てきますが、実際に「こういう話って現実にあるんだろうな」って思いました。その人が本当にその人なのか…誰にもわからないですし。いろいろ考えさせられました。平野啓一郎氏の作品は初めて読みましたが、すごく文章が洗練されていて、読んでいて心地よかったです。他の作品も読ませていただきます。

2019/01/27

感想・レビューをもっと見る