読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ある男

ある男

ある男

作家
平野啓一郎
出版社
文藝春秋
発売日
2018-09-28
ISBN
9784163909028
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

愛したはずの夫は、まったくの別人であった。
「マチネの終わりに」から2年。平野啓一郎の新たなる代表作!

弁護士の城戸は、かつての依頼者である里枝から、「ある男」についての奇妙な相談を受ける。
宮崎に住んでいる里枝には、2歳の次男を脳腫瘍で失って、夫と別れた過去があった。長男を引き取って14年ぶりに故郷に戻ったあと、「大祐」と再婚して、新しく生まれた女の子と4人で幸せな家庭を築いていた。ある日突然、「大祐」は、事故で命を落とす。悲しみにうちひしがれた一家に「大祐」が全くの別人だったという衝撃の事実がもたらされる……。
里枝が頼れるのは、弁護士の城戸だけだった。

人はなぜ人を愛するのか。幼少期に深い傷を背負っても、人は愛にたどりつけるのか。
「大祐」の人生を探るうちに、過去を変えて生きる男たちの姿が浮かびあがる。
人間存在の根源と、この世界の真実に触れる文学作品。

「ある男」のおすすめレビュー

人生は選択の積み重ねの結果、といえるのか?『ある男』に考えさせられる――

『ある男』(平野啓一郎/文藝春秋)

「ある男とは、誰のことなのだろう?」  本作を読み始めた人の頭にまず浮かぶのは、この問いである。

『マチネの終わり』以来2年ぶりとなる、平野啓一郎の新作小説『ある男』(文藝春秋)は、「城戸さん」という男と小説家が出会う「序」から始まる。バーで出会った中年男性は初め別の名前と経歴を語っていたが、相手が小説家だとわかり、いろいろと質問をされると、実は城戸という名前で弁護士をしていると告白する。小説家は少々訝しげに思うが、その後打ち解け、幾度となくバーで会い、興味深い話を聞くこととなる。

 序が終わり、城戸についての話が始まるのかと思いきや、本編は里枝という女性の物語から始まる。“ある男”の謎の糸口をつかめるかと思っていた読者は少々肩透かしを食らったような気分になると思うが、宮崎で起きた不可思議な出来事を読み進めていくと、「ある男とは城戸ではなかったのか? ではいったい、ある男とは誰のことなのだろう?」という新たな疑問が頭をもたげてくることになる。

 横浜で結婚し、2人の男の子に恵まれた里枝は幼い長男の死をきっかけに離婚、…

2018/9/28

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「ある男」の関連記事

気になる大賞はどの作品に!?「2019年 本屋大賞」ノミネート10作品発表!

2019年1月22日(火)、全国の書店員が選んだ一番売りたい本「2019年本屋大賞」のノミネート作品が発表された。

 今年の「2019年本屋大賞」は全国の493書店、書店員623人の投票によりノミネート作品を選出。ノミネートされたのは以下の10作品だ。

■2019年本屋大賞ノミネート10作(作品名五十音順)

『愛なき世界』(三浦しをん/中央公論新社)▶【レビュー全文はこちら】

『ある男』(平野啓一郎/文藝春秋)▶【レビュー全文はこちら】

『さざなみのよる』(木皿泉/河出書房新社)

『そして、バトンは渡された』(瀬尾まいこ/文藝春秋)▶【レビュー全文はこちら】

『熱帯』(森見登美彦/文藝春秋)▶【レビュー全文はこちら】

『ひと』(小野寺史宜/祥伝社)

『ひとつむぎの手』(知念実希人/新潮社)▶【レビュー全文はこちら】

『火のないところに煙は』(芦沢央/新潮社)▶【作者インタビュー記事はこちら】

『フーガはユーガ』(伊坂幸太郎/実業之日本社)▶【レビュー全文はこちら】

『ベルリンは晴れているか』(深緑野分/筑摩書房)

 気になる大賞発表は4月9日(火)。ノミネート作を読み…

2019/1/22

全文を読む

関連記事をもっと見る