読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう (文春新書)

僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう (文春新書)

僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう (文春新書)

作家
山中伸弥
羽生善治
是枝裕和
山極壽一
永田和宏
出版社
文藝春秋
発売日
2017-02-17
ISBN
9784166611188
amazonで購入する Kindle版を購入する

僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう (文春新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

さと

“何者”かになるための成功論ではない。かといって乗り越えた挫折を語る武勇伝でもない。では、伝わってくものは何か…人生に於いて予想外の現実を“へぇ〜!おっもしろ〜い”と思いっきり楽しめ、大丈夫だから、というメッセージ。先入観や執着を手放す先に計り知れない可能性が広がっている。 「わたし」という人生の研究者の如く、全てを楽しんで生きていきたいなと思わずにはいられなかった。

2019/12/15

佐島楓@執筆中

講演録。全体的に皆さんリラックスムードで、初めて聞く話もポンポン飛び出し、素顔がのぞけて興味深かった。京大生向けの講演ということで、若者へのメッセージがそこここにある。私はもう若くないけれど、挑戦し続けることの大切さは身に染みて知っている。自分があきらめたらそこで終わってしまうし、後悔ばかりが残る。よし、頑張ろう。この本を読んでよかった。

2017/02/18

ちゃちゃ

失敗や挫折によってこそ目の前に新たなフィールドが拓かれる。4人に共通するのは、失敗を恐れず挑戦し諦めない心が大切というシンプルで基本的な気づき。本書は京産大創立50周年企画として山中伸弥、羽生善治、是枝裕和、山極壽一の豪華メンバーを招き、その講演と対談をまとめたもの。とりわけ、先入観が崩れるときに世界を発見するという是枝監督の創作観、勝者も敗者もつくらないゴリラ社会の「負けない論理」に関する山極京大総長の話が興味深かった。次代を担う学生たちへのエールは、何者でもなかった頃のほろ苦いリアルな経験の中にある。

2017/06/08

万葉語り

山中伸弥「一つの環境に安住しない」、羽生善治「いろいろな長さの物差しを持つ」、是枝裕和「先入観が現実に壊されるのがドキュメンタリーの快感」と、読み進めたが、山極寿一はこの本で京大総長と知った。ゴリラと雨宿りをし再会した時のエピソードが面白かった。聞き手の永田和宏は歌人だということなので、今度著作に触れてみたい。何者でもないときから、持ち続けた考え方や生きる姿勢が彼らをこうした憧れの存在にしたのだろうと思った。2018-74

2018/03/31

ひらちゃん

歌人として、研究者としての永田さん。人選が好みで手に取る。特に山中伸弥さんの探究心、チャレンジする心、いいです。是枝監督の敢えて削って見せる、人物の心。短歌にも通ずるものがありますね。全部説明してしまったら面白くない。映像も言葉選びも楽しくて難しい。若いうちは、あんまり考え過ぎずに挑戦して欲しいと思いました。

2019/05/25

感想・レビューをもっと見る