読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

鼠草紙 新・酔いどれ小籐次(十三) (文春文庫)

鼠草紙 新・酔いどれ小籐次(十三) (文春文庫)

鼠草紙 新・酔いどれ小籐次(十三) (文春文庫)

作家
佐伯泰英
出版社
文藝春秋
発売日
2019-02-08
ISBN
9784167912185
amazonで購入する

鼠草紙 新・酔いどれ小籐次(十三) (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

新小籐次シリーズももう13弾!遂に一家して駿太郎の亡き実の親の故郷・丹波篠山へ。しかし実母の墓参りだけでは終わらない。小籐次が行くところ只では済まないの既定路線。一方、久慈屋でも手代の国三が頑張って竹で小籐次親子の人形を細工する。実母の兄の顛末や全てを丸く収めて皆の待つ江戸へ戻るの巻だった。そろそろ完結の雰囲気が漂うが・・

2019/02/20

KAZOO

佐伯さんも徐々にシリーズものを終了に向けているような感じです。このシリーズでは、義理の息子の本当の母親の墓に詣でるために丹波まで出向きます。その領主の老中の手紙を携えて藩内では何不自由なく行動する様子が描かれています。それと同時に留守にした江戸では、紙問屋の国三が小籐次の人形を作りそれが江戸の民衆の人気を呼びます。この本の表題となっている鼠草紙という物語も紹介してくれて楽しめました。

2019/02/22

とし

新・酔いどれ小籐次「鼠草紙」13巻。駿太郎の義父母小籐次、おりょうさん、実父母になった旅でしたね、それにしても江戸に居ない小籐次さん、またまた多額の寄付を、国三さんも大活躍、そろそろ完結に向かうのか。

2019/02/27

いくお(Ikuo Nakao)

何やかんやで新小藤次も13巻に突入。佐伯さんはこのシリーズどこまで書くのかなぁ・・・?まさかとは思うが、小籐次の足腰が動かなくなるまでを書くのか?小籐次は相変わらずの最強達人ぶりで、「俺はもう・・・」的な様子や言動も、もはやネタとしか思えないほど無敵。このまま行くとあと30巻ぐらいは続くのではなかろうか?(笑)駿太郎の独立まで頑張ってくださいね、小籐次も佐伯さんも。

2019/03/12

ニッキー

新シリーズが昔の酔いどれ小藤次に戻ったような読み応えでした。 鈴が付いて来たので、江戸での生活が楽しみです。 駿太郎の実父・実母の足跡も掴め丹波篠山への旅は、赤目家にとって新たな家族の第一歩となった。 時代物の全てのエッセンスが盛り込まれた一冊でした。

2019/02/28

感想・レビューをもっと見る