KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

佐伯泰英

職業・肩書き
作家
ふりがな
さえき・やすひで

プロフィール

最終更新 : 2019-11-18

1942年2月14日生まれ、福岡県北九州市出身。日本大学藝術学部映画学科を卒業。1971年から1974年までスペインに滞在。その後、スペインと闘牛をテーマにしたノンフィクション『闘牛士エル・コルドベス 1969年の叛乱』(1981年、集英社)と『闘牛はなぜ殺されるか』(1998年、新潮社)、長編ミステリー小説『ゲルニカに死す』(2000年、角川春樹事務所)を発表。スペイン語圏を舞台にした冒険小説などを多く執筆した後、1999年に『密命』(祥伝社)を発表し、時代小説に転向した。主人公の元豊後相良藩士である金杉惣三郎と、下町の人情あふれる人々との物語を描いた同作品は全26巻を超える人気シリーズとなり、2008年にはテレビ東京金曜時代劇枠で「密命 寒月霞斬り」としてテレビドラマ化された。

『居眠り磐音』は、九州の豊後関前藩の中老・坂崎正睦の嫡男である主人公の佐々木磐音を中心に描いた時代小説シリーズ(2002年~2016年刊行、文春文庫。全51巻)。同作品は、「陽炎の辻〜居眠り磐音 江戸双紙〜」として、2007年から2017年にかけてNHK総合テレビでドラマシリーズ化。2019年には映画化された(松竹、主演・松坂桃李)。2017年1月からは続編となる『空也十番勝負』シリーズがスタートした。

その他の著書に、『吉原裏同心』(2003年~2016年、光文社文庫。全25巻)、『鎌倉河岸捕物控』(2001年~2018年、ハルキ文庫。全32巻)、『秘剣』(2002年~2006年、祥伝社。全5巻)、『酔いどれ小籐次留書』(2004年~2013年、幻冬舎文庫。全19巻)などのシリーズ作品の他、長編時代小説『春淡し』(2019年、光文社文庫)、『まよい道』(2019年、光文社)など多数。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

1982年
『闘牛士エル・コンドベス1969年の叛乱』第1回プレイボーイドキュメントファイル大賞

「佐伯泰英」のおすすめ記事・レビュー

ついに十番目の勝負が幕を開ける――! 佐伯泰英の人気時代小説「空也十番勝負」シリーズが堂々の完結へ

ついに十番目の勝負が幕を開ける――! 佐伯泰英の人気時代小説「空也十番勝負」シリーズが堂々の完結へ

『奔れ、空也 空也十番勝負(十)』(佐伯泰英/文藝春秋)

 2023年5月9日(火)、作家の佐伯泰英氏による小説『奔れ、空也 空也十番勝負(十)』(文藝春秋)が発売。本作をもって、2017年から続いた時代小説シリーズ「空也十番勝負」が遂に完結となる。

 物語の主人公は、剣術修行の日々を過ごす16歳の少年・坂崎空也。江戸で「直心影流尚武館道場」を運営する父を持つ彼は、薩摩を目指して武者修行の旅に出る。しかし薩摩は他国者を受け入れない国だったため、空也は薩摩の国境を守る外城衆徒(とじょうしゅうと)との戦いを余儀なくされるのだった――。

「空也十番勝負」は、シリーズ累計2000万部を突破した「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズ(文藝春秋)の続編となる作品。2019年5月には俳優・松坂桃李主演の実写映画が公開されており、松坂が演じた主人公・坂崎磐音の嫡子が「空也十番勝負」の主人公・空也にあたる。

 2017年に第1作目となる『空也十番勝負 青春篇 声なき蟬』(双葉社)が刊行された際には、往年のファンからも「あのやんちゃな男の子がこんなに大きくなって…。感慨深い」「…

全文を読む

累計2000万部に迫る大ヒットシリーズ『居眠り磐音 江戸双紙』ついに完結! 佐伯泰英スペシャルインタビュー

累計2000万部に迫る大ヒットシリーズ『居眠り磐音 江戸双紙』ついに完結! 佐伯泰英スペシャルインタビュー

ついに完結!第50巻・第51巻2016年1月4日2冊同時発売

 累計部数2000万部を目前にした時代小説の大ベストセラーシリーズ『居眠り磐音 江戸双紙』がまもなく完結を迎える。執筆開始から足かけ15年。最終51巻を書き上げた作者・佐伯泰英に、主人公の剣術家・坂崎磐音とともに歩んだ日々と、作品の魅力について語ってもらった。

佐伯泰英 さえき・やすひで●1942年、福岡県生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒。スペインの闘牛をテーマにした作品を発表後、99年に『密命』を発表して時代小説に転向。『吉原裏同心』『鎌倉河岸捕物控』などシリーズ多数。

スタートは悲劇だった 『居眠り磐音 江戸双紙』がスタートした2002年は、ぼくが時代小説に転向して4年目。佐伯泰英の時代小説というものが少しわかってきて、ストーリーに緩急をつけるコツみたいなものも飲み込んだ時期でした。最初に書いた時代小説『密命』では、やや力が入りすぎていました。力を抜くべきところを抜いていない(笑)。だから、『完本 密命』というタイトルで手直しを進めているところなんです。 『居眠り磐音』をはじめる頃には…

全文を読む

累計発行部数1900万部突破の人気シリーズ「居眠り磐音 江戸双紙」 来年ついに完結!

累計発行部数1900万部突破の人気シリーズ「居眠り磐音 江戸双紙」 来年ついに完結!

『意次ノ妄 居眠り磐音江戸双紙』(佐伯泰英/双葉社)

「居眠り剣法」が、江戸を覆う暗雲を一刀両断する!

人気時代小説「居眠り磐音 江戸双紙(いねむりいわね えどぞうし)」シリーズが2016年1月に完結を迎える。同シリーズは、“剣あり、恋あり、涙あり”をテーマに描き、時代小説ファンだけでなく、若い女性ファンも数多い。

2016年1月の2冊(50巻・51巻)同時刊行で幕を閉じる「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズは、2002年4月に発売された『陽炎ノ辻(かげろうのつじ) 居眠り磐音江戸双紙』で始まった。悪を斬り捨てる坂崎磐音(さかざき いわね)の剣さばきと、江戸の市井(しせい:人が多く集まる場所)での人々との交流や、胸を締めつける男女の機微を描き、巻を重ねるごとに人気を拡大させてきた時代小説。累計発行部数1,900万部を突破する同シリーズはマンガやドラマにもなり、2007年のドラマ版では、主人公・坂崎を山本耕史が演じ話題を呼んだ。

2015年7月17日(金)には、最新刊(49巻)となる『意次ノ妄(おきつぐのもう) 居眠り磐音江戸双紙』が発売。さらに、シリーズ完結…

全文を読む

「佐伯泰英」のおすすめ記事をもっと見る

「佐伯泰英」のレビュー・書評をもっと見る

「佐伯泰英」の本・小説

未だ謎 芋洗河岸(3) (光文社文庫 さ 18-120)

未だ謎 芋洗河岸(3) (光文社文庫 さ 18-120)

作家
佐伯泰英
出版社
光文社
発売日
2024-03-13
ISBN
9784334102357
作品情報を見る
陰の人 吉原裏同心(36) (吉原裏同心(36))

陰の人 吉原裏同心(36) (吉原裏同心(36))

作家
佐伯泰英
出版社
光文社
発売日
2021-10-13
ISBN
9784334792527
作品情報を見る
用心棒稼業 芋洗河岸(2) (光文社文庫 さ 18-119)

用心棒稼業 芋洗河岸(2) (光文社文庫 さ 18-119)

作家
佐伯泰英
出版社
光文社
発売日
2024-02-14
ISBN
9784334102067
作品情報を見る
奔れ、空也 空也十番勝負(十) (文春文庫 さ 63-172)

奔れ、空也 空也十番勝負(十) (文春文庫 さ 63-172)

作家
佐伯泰英
出版社
文藝春秋
発売日
2023-05-09
ISBN
9784167920357
作品情報を見る
蘇れ、吉原 吉原裏同心(40) (光文社文庫 さ 18-116)

蘇れ、吉原 吉原裏同心(40) (光文社文庫 さ 18-116)

作家
佐伯泰英
出版社
光文社
発売日
2023-10-12
ISBN
9784334100711
作品情報を見る
陰流苗木 芋洗河岸(1) (光文社文庫 さ 18-118)

陰流苗木 芋洗河岸(1) (光文社文庫 さ 18-118)

作家
佐伯泰英
出版社
光文社
発売日
2024-01-11
ISBN
9784334101831
作品情報を見る
秋霖やまず: 吉原裏同心抄(三) (光文社文庫 さ 18-65 光文社時代小説文庫 吉原裏同心抄 3)

秋霖やまず: 吉原裏同心抄(三) (光文社文庫 さ 18-65 光文社時代小説文庫 吉原裏同心抄 3)

作家
佐伯泰英
出版社
光文社
発売日
2018-03-09
ISBN
9784334776138
作品情報を見る
飛躍 交代寄合伊那衆異聞 (講談社文庫)

飛躍 交代寄合伊那衆異聞 (講談社文庫)

作家
佐伯泰英
出版社
講談社
発売日
2015-09-15
ISBN
9784062932059
作品情報を見る

「佐伯泰英」人気の作品ランキングをもっと見る

「佐伯泰英」の関連画像・写真

「佐伯泰英」の関連画像・写真をもっと見る