読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

辛夷の花 (徳間時代小説文庫)

辛夷の花 (徳間時代小説文庫)

辛夷の花 (徳間時代小説文庫)

作家
葉室麟
出版社
徳間書店
発売日
2019-02-08
ISBN
9784198944421
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

九州豊前、小竹藩の勘定奉行・澤井家の志桜里(しおり)は嫁いで三年、子供が出来ず、実家に戻されていた。ある日、隣家に「抜かずの半五郎」と呼ばれる藩士が越してくる。太刀の鍔(つば)と栗形(くりかた)を紐で結び封印していた。澤井家の中庭の辛夷の花をめぐり、半五郎と志桜里の心が通う。折しも小竹藩では、藩主と家老三家の間で主導権争いが激化していた。大切な人を守るため、抜かずの半五郎が太刀を抜く!

辛夷の花 (徳間時代小説文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

海猫

お話は決して大きくはないが、それがむしろ人の思いの機微を繊細に浮かび上がらせて読ませる。ストーリーもかなりシンプルなのに、思惑の絡みようが複雑で一筋縄ではいかない人間ドラマが展開。現代人とは違う、昔の人の価値観や人物像が良く描けているのも効果的。クライマックスには激しい剣戟場面はあるものの、全体としてはしっとりとした印象が残る。「辛夷の花」というタイトルが後になるほど味わいが出てくる。

2019/03/03

だいゆー

(^^

2019/03/06

感想・レビューをもっと見る